Blu-BiLLioNからファンへ、シンプルにまっすぐ届ける最高のラブソング

Blu-BiLLioNからファンへ、シンプルにまっすぐ届ける最高のラブソング

Blu-BiLLioN

1月3日に渋谷公会堂でのツアーファイナルを控えたBlu-BiLLioNがニュー・シングル「Sincerely yours」をリリース! 普段メンバーが感じているファンへの感謝の気持ち、そしてまっすぐな熱い想いがラブソングとなって描いている今作について、彼らが語ってくれました。

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈


そんなときに支えてくれるのはファンしかいないんですよね

──新曲「Sincerely yours」は、すごくシンプルで素敵なメッセージが込められた楽曲ですね。

ミケ この曲はファンへのラブソングを作りたいという気持ちから生まれたんです。僕らのなかで、3枚目のシングルである「with me」という楽曲がファンへのラブソングとして浸透してくれていたんですが、それから2年が経ち、その曲を越えるものを作りたいと思うようになったんです。

C-141107-BA-2019

──時間が重なるにつれて、伝えたいことが変化してきたんですか?

ミケ そうですね。これまでは歌詞を書くなかで、J-POPに溢れる“好き”や“愛してる”という言葉はチープに見えてあまり好きじゃなかったんです。でも、いろんな曲を聴くなかで、聴く人の心に響くのはストレートでシンプルな言葉だということに気づいたんです。だからこそ、あらためてファンのみんなにそういった言葉を届けたかったんです。

──この曲を最初に聴いたときの感想を教えてください。

Seika 素直にとってもいい曲だと思いました。ミケの歌詞と想い、歌声が伝わるように、ドラムは余計なことをせずにシンプルに仕上げようと思って演奏しました。シンプルにすると隙間が結構できるんですが、そこにゴーストノートを入れることで、よりグルーヴ感が出たと思います。

珀 歌詞とメロディもサビで繰り返している構成なので、1度聴くだけで口ずさめるようないい曲だと思いました。プレイは優しいテンポなので、跳躍するようなリズム感があればいいなと思って弾きました。

C-141107-BA-2020

──歌詞で共感したことはありましたか?

 自分の人生をバンドが占める割合が9割か10割。だからこそ、僕らを必要としてくれるファンの人たちに会いたいとは毎日のように思っているので、改めてこういう曲を届けられるのはすごくうれしいこと。この歌詞すべてに共感できました。

──この曲は「with me」以来のファンに向けたラブソングなんですよね。

teru はい。なので「with me」を何度も聴き返しました。そこで気づいたのが主人公の成長だったんです。当時の主人公は“素直になれない僕”と歌っているんですが、今作では“会いたいよ”という気持ちをストレートに表現できているんですよね。

C-141107-BA-2023

──歌詞を書いたのはミケさんですが、この主人公が成長できたのはなぜでしょう?

ミケ この数年の間、バンドをしていると楽しいことだけじゃなくて、苦しいことも、つらいこともあるんです。でも、そんなときに支えてくれるのはファンしかいないんですよね。純粋に愛してくれるのは本当にうれしいこと。その気持ちを返すためにはちゃんと表現しなくちゃいけないと思ったんです。この歌詞は心からの言葉です。

mag すごくストレートな歌詞がミケらしいよね。僕は恥ずかしくて絶対に言えないので、とても素敵だと思います。

宗弥 その傾向はあるよね(笑)。

mag ……(笑)。

C-141107-BA-2022

今度のツアーは晴れ続きになるかと思います!(笑)

──皆さん、この歌詞のように素直なんですか?

全員 ……。

mag ひねくれものです(笑)。

宗弥 いやいや、ピュアなものを守りたいゆえに、シャイになるんですよ(笑)。

──あはは。そういうことにしておきましょう。さて、宗弥さんはこの曲のアレンジをされているんですよね。

宗弥 はい。「with me」の流れがあるので、この曲が延長戦に存在できるように、かけ離れないようなアレンジに仕上げました。そのなかでも気をつけたのがシンプルであること。歌がちゃんと前に引き立つような仕上がりを心がけました。とはいえ、この曲はまだ完成していないんですよ。

──え?

宗弥 この曲は、ライブで披露して、ファンの皆さんと一緒に最後のコーラスを歌ってもらうことで完成するんです。だからこそ、若干の余白を残しているんです。11月からツアーが始まるので、この曲が完成するのが今から楽しみで仕方がないんです。

C-141107-BA-2024

──すごく素敵ですね。

宗弥 みんなと一緒に歌っている瞬間がいちばん大好きな瞬間なんですよ。そういう意味で、僕らのバンドはファンに預ける部分がすごく大きいんです。コール&レスポンスもほかよりも多いバンドだと思うんです。それがすごく心地いいんですよね。この曲だけだと片思いだけど、ファンのみんなの声が重なって、やっと両思いになれるんです。

──いいこと言ってる!(笑)

宗弥 えっと……、「ファンのみんなの声が重なって、両思いになれるんです!」。大事なことなので2回言いました(笑)。

──あはは。ライブで演奏するのが楽しみですね。さて、そんな皆さんが、ファンの人がいてよかったと思う瞬間を教えてください。

Seika 僕らのライブは大雪だったり大雨だったり、足場が悪い日が多いんです(苦笑)。でも、それでもみんなは頑張って来てくれるんですよね。そんなみんなを見ていると、もっといい曲を届けたいって思えるんです。

C-141107-BA-2021

──誰か雨男がいるんですか?

 はい。(手を挙げる)

──東京にある気象神社のお守りがかなり効くらしいですよ。

宗弥 おい、それ今すぐ行って買って来い! 体に縫い付けておけ!(笑)

 そ、そうします!(笑) これできっと、今度のツアーは晴れ続きになるかと思います!(笑)


リリース情報

2014.11.19 ON SALE
SINGLE「Sincerely yours」
Resistar Records

J-141107-BA-2022

[初回盤A/CD+DVD]¥1,800+税
[初回盤B/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら


ライブ情報

Blu-BiLLioN ONEMAN TOUR「Sincerely 7 colours」

11月24日(月・祝)仙台MACANA
11月27日(木)OSAKA MUSE
11月29日(土)名古屋MID
12月6日(土)岡山MAGE
12月7日(日)福岡DRUM SUN
ツアーファイナル
1月3日(土)渋谷公会堂

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人