切ない片想い中の“ハチ”という存在についてEXILE・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE岩田剛典が語る。

切ない片想い中の“ハチ”という存在についてEXILE・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE岩田剛典が語る。

岩田剛典/EXILE・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

今話題の連続ドラマ「ディア・シスター」で主演の妹役・石原さとみに片想いをする役を演じている岩田剛典。近くに居すぎて想いを伝えられないという切ない役柄の彼に、胸をときめかせている人も多いのでは? そんな彼の素顔とは? 役者としての想いも含め、本音を聞いてみた。

INTERVIEW & TEXT BY星野彩乃 PHOTOGRAPHY BY 今元秀明


このドラマって一見すごいさわやかな感じがしますが、じつはすごいドロドロしてる

──連続ドラマは初レギュラー出演ですが、撮影はいかがですか?

岩田剛典 自分的には、回を重ねるにつれてだんだん撮影のリズムに慣れてきているのかなと感じてはいますが、いろいろ壁にぶち当たることもあり、葛藤しつつも、楽しく撮影をさせていただいています。

──岩田さんがぶち当たった壁とは?

岩田 基本的に監督がオッケーを出したものに対してはオッケーだと信じてやっているんですけど、純粋に自分の納得のいく芝居ができるときとできないときがあって……特に第1話のときは、マジでガッチガチで、自分が描いていた演技ができなかったんです。台本を読んで、僕が勝手にイメージした架空のセットだったり、架空の動きを持ち込んで撮影に臨んだのですが、実際に現場に入ってみないとわからないことのほうが多くて。急に“ここで水を飲んで”とか“ここで振り向いて”とか、想定外の動きを要求されると、完全に型にはめて覚えていたぶん、柔軟性を失ってしまって、本来の自分の味みたいなものが出せなくなってしまったんです。

──演技は柔軟性が大事だといいますもんね。型にキッチリはめてしまうと、ほんの少しズレが生じてしまっただけでも軌道修正がなかなかできなくなってしまうんですよね。

岩田 心配性なのもあるのですが、演技は素人なので、何よりほかの共演者のみなさんやスタッフさんに迷惑をかけてはいけないという思いが大きくて。だから、セリフも何もかも完璧にして臨まないといけないんだって、変に肩の力が入ってしまったんです。

──今回の櫻庭永人という役柄、人懐っこい愛され弟キャラという点では、普段の岩田さんにも通じるところがあるんじゃないかと。

岩田 台本を書くにあたって、脚本家の方が僕のキャラクター、持ち味がでるように当て書きしてくださったらしくて。実際グループの中だと最年少ですし、自分に通じる部分はたくさんありますね。

──演じるにあたっては、自分と近い役柄とまったく正反対の役柄とどちらのほうが演じやすいですか?

岩田 どっちも演じやすいと思います。自分からすごくかけ離れてる役は、振り切って完全にキャラクターとして作ってしまうことができるでしょうけど、その中間は想像しただけで演じにくい気がする(笑)。平らに見せないように演技するのがいちばん難しいと思うんで。今回は自分に似ている部分がありつつも、そこに+αでちょこちょこスパイスが入っているので、自分らしさをただ全開にすればいいわけでもなく、その微妙なさじ加減が難しいですね。

──ドラマの今後の展開も非常に楽しみですが。

岩田 このドラマって一見すごいさわやかな感じがしますが、じつはすごいドロドロしてるんですよ(笑)。

──確かに。かなり複雑な関係性が描かれていますよね。

岩田 でも、それを感じさせない描写がすごいですよね。

──描写もそうですけど、さわやかさを増幅させているといえば、岩田さん演じる永人の存在も大きいのでは!?

岩田 そうだとうれしいですね。

──それに各々の中に宿る想いがピュアだから、ドロドロ感を感じさせないんでしょうね。

岩田 みんな一途に相手のことを思ってますもんね。だから、ドロドロというよりはキラキラしてますよね。

201411181927

そこまで想えるような女性に出会うこと自体奇跡的なことだと思う

──永人は、高校時代の同級生、美咲(石原さとみ)への想いを抱きつつも、自分の兄、宗一郎に(田辺誠一)対する彼女の想いを知り、美咲のことは女性として興味がないフリをずっと続けていたわけですけど。

岩田 徐々に永人の本心が露になっていって、第5話でついに(笑)。

──だだ漏れしちゃったと。

岩田 大爆発ですね(笑)。

──爆発するまでは自分の想いを告げることなく、ずっと片思いを続けていたわけですが、岩田さん自身は、好きな相手ができたら、すぐに想いを伝えるタイプ? それとも永人と同じで秘めるタイプ?

岩田 う~ん……タイミングと状況によるんじゃないかな。何も弊害がなければ、アタックしない理由がないと思うんで、自分からいきますけど、永人のように兄貴と何かがあったり、誰かと同じ相手のことが好きだったりしたら、ちょっと考えますね。

──自分の想いを抑えると。

岩田 先輩とか自分より年上の人だったら、きっと自分からはいかないでしょうけど、後輩だったらいっちゃうかな(笑)。

──岩田さんの場合、逆に相手側から告白される場合もあるかもしれないでしょうし。

岩田 いや、それはないですけど。でも、兄貴とかとギクシャクしても、それでも好きって思えるような女性であれば、いっちゃうかもしれないですけど(笑)。そこまで想えるような女性に出会うこと自体奇跡的なことだと思うし、きっとそこに至る前に何かしら決着がついているような気がしますね。

──また実際のお兄さんとの関係は、永人と宗一郎と似ている部分はありますか?

岩田 近いんじゃないですかね。兄がいるから、弟の自分は自由奔放に生きられるといいますか。家のことにしてもそうですけど、兄のおかげで今の自分があるんじゃないかと……でも、日頃からそう思いながら行動しているわけではないですし、頻繁に連絡をとっているわけでもないけどね。ふと思ったときに兄弟の関係性、役割みたいなものを再確認するといいますか。まあ、男同士ってそもそもあんまりベッタリしないですよね。父親ともめったに連絡とらないですし。逆に母親からは心配してくれてしょっちゅう連絡がきますけど(笑)。

──EXILEでパフォーマンスをしているときの岩田さんは男っぽいワイルドな部分が際立っていますが、今回の役どころでは、女性がキュンとくるしぐさやスイートな魅力が満載で、そのギャップ、あらたな岩田さんの一面にも注目が集まっていると思うのですが。

岩田 実は今日、石原さんと話していたんですよ。「俺、そういう(女性がキュンとするような)要素、ぶっちゃけ普段はないんですよ」って。でも、石原さんに「実際に要素があるからこの役が来たんだよ」って言われて、あ~そっか、なるほどなって(笑)。

──意識してやっていないから気づかないんでしょうね。

岩田 あらたな発見でしたね。この間、僕のことを“子犬系男子”って書かれている記事を読んだんですけど、俺、まったくそんな要素ないぞって(笑)、最初びっくりしたんです。でも、今回の役どころは、あだ名がハチですし、ボディーガードで、忠犬ハチ公的な意味合いも込められていたりと、紐解いていくといろいろ繋がっているんですよね。

──永人は、まさに“子犬系男子”ですが、普段のご自身は何系男子だと思います?

岩田 う~ん……なんだろう~“土佐犬男子”?(笑)

──かなり凶暴ですね(笑)。

岩田 冗談ですけど。でも、間違いなく子犬ではないですね(笑)。

201411181929

──またこのドラマは“夢”を持つって? “夢”を叶えるなら? というテーマもあり、永人はアルバイトをしながらプロのスケートボーダーを目指していますが、そういう部分でも学生時代、ダンサーを目指していたときのご自身と重なる部分があったのではないかと思うのですが。

岩田 台本を読みながら、夢を追いかけていたときの自分が自然と蘇りましたね。演技をしているときには物語に完全に入り込んでいるので、まったくそういった部分はないのですが、家でセリフを読んでいるときには、あのときのあの感情に近いなと当時の自分を自然と重ねていました。自分の好きなこと、これで飯を食べたいという夢を叶えることはもちろん、貫くこと自体簡単なことではないと思うんです。僕はその中で奇跡的な出会いを果たし、三代目 J Soul Brothersに加入することとなり、さらに今はEXILEというグループに所属させていだだくことになったのですが、ひとつの夢を叶えたあとには、さらなる欲、もっとこんなことをしたい、ああなりたいというあらたな夢がひとつの幹からどんどん枝分かれして出てくるんですよね。

──選択肢の幅が広がっていくと。

岩田 今回の役者というお仕事で新しい景色を見ることができ、ひとりの表現者として、型にとらわれることなく、リミットを決めずにこれからも新しいことに果敢に挑戦していきたいと思いました。きっとお芝居をやり続けたらやり続けた分だけ、演技に厚みが出ると思うし、経験を積めば積むほど、もっともっと芝居の楽しさを知ることができると思うんです。なので、引き続き役者業にも力を入れてやっていきたいですし、いつか自分が納得のできる演技ができるようになりたいですね。そして、役者としての経験値を高められたら、そのぶんアーティスト活動にも返ってくると思うので。

──楽しみですね!

岩田 ……あっもしかして、もう返ってきてるかな?(笑)

──すでに活きている。

岩田 最終話が終わった頃には、また自分の中で違う景色が見えているんじゃないかと思いますね。

──宣言しましたね!

岩田 ずっとその繰り返しだと思うんです。自分でもどんな景色が見えるのか楽しみにしながら、最終話まで一瞬一瞬を無駄にしないように臨みたいと思います。ぜひ皆さんも「ディア・シスター」をいろんな角度から楽しんでいただけたらと思います。


放映情報

木曜劇場
「ディア・シスター」
木曜22時〜フジテレビ系にて放送中

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人