ドラマ・映画・CMと引っ張りだこな“モテ”バンドから勝手に学ぶ、モテ極意!

2年7ヵ月振りに発表される、Mr.Childrenのニュー・シングル「足音 ~Be Strong」。収録曲全3曲ともタイアップ付きで、“Mr.Childrenさんにぜひ!”という番組およびブランド制作サイドの希望からはじまっていて……はぁ〜誰からも愛される存在って羨ましいなぁと思った瞬間、ひらめいたのです!

ミスチルのよさを知り、それを応用すれば、モテるんじゃないかと。

変なところで知恵が働くのが、モテから遠ざかっている独身アラサー(筆者限定かもしれませんが)の怖いところですよねぇ。

まずは、今回のシングル曲からモテの極意を勝手に学んでいきたいと思います。

「足音 ~Be Strong」

フジテレビ系列 月9ドラマ「信長協奏曲」主題歌

●桜井和寿(vo、g)コメント

このドラマの背中を押したくて、また自分たちにも、新しい風を吹かせたくて、気負い過ぎていたのでしょう。何曲作っても納得できなくて、何度も何度も手直しして、やっと「これだ!!!」って曲が完成しました。強さと優しさを併せ持つそんな曲を、「信長協奏曲」からプレゼントされた、そんな気持ちです。ありがとう、また次の一歩を踏み出せます。

——————-

信長協奏曲」は、戦国時代にタイムスリップしてしまった高校生・サブロー(演:小栗 旬)が織田信長として生きていくことになるという物語。この作品のために書き下ろされた「足音 ~Be Strong」では、どんな状況下にあっても、人はひとりではない。歩幅なんて関係なく、今踏み出したその一歩に意味があるんだと歌われている。まさに“強さ”と“優しさ”から誕生した一曲であり、“自分”を貫く姿勢は老若男女問わず憧れる姿ではないでしょうか。

モテの極意【その1】

“強さ”と“優しさ”を持って、信念を貫け!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人