もうすぐクリスマス! 清水翔太が幸福感に満ちた「SNOW SMILE」を歌う

もうすぐクリスマス! 清水翔太が幸福感に満ちた「SNOW SMILE」を歌う

清水翔太

寒い冬を鮮やかに彩る、クリスマス。恋人たちにとっては年に一度の大切なイベント! ふたりの仲をさらに盛り上がること必須の新曲「SNOW SMILE」が完成。

INTERVIEW & TEXT BY 榑林史章


自分のなかでの絶対条件だった


──ニュー・シングル「SNOW SMILE」は、冬を感じさせる曲ですね。

清水翔太 元々、冬の曲を作りたいと思っていて。冬を彷彿させるコード進行やアレンジ、それだけでは生み出せない空気感を意識しながら作りました。やっぱり、冬の曲を作るなら、来年、再来年、その先……とずっと聴いてもらえるものにしたいので、この曲を聴くだけで季節(冬)や景色が浮かぶ音作りをすることが自分のなかでの絶対条件だったんですね。聴いてくれた人の思い出とセットになれる曲、その人の記憶に残るサウンドやメロディであることをすごく考えました。

──歌詞は、クリスマスにおける恋人たちのドキドキ、ワクワクした様子を描かれていますね。

清水 主人公である恋人の全体的なストーリーの一部分を切り取っているので、この歌詞だけだと非常に楽しげに見えますが、このふたりは遠距離恋愛、または会いたくてもなかなか会えない状況で、ずっと切なくて寂しかったんです。それが久しぶりに会える、しかも季節はクリスマスということで、自然と気持ちが高まっている。そういう歌詞の前後を想像するかしないかで、「SNOW SMILE」の印象もだいぶ変わってくると思いますね。でも、そこは聴いてくれる皆さんに委ねたいと思っているので、どう聴いてもらってもいいようにしています。

R-141111-YS21

表情が変わるところが好き


──“色違いのテディベア”というのはかわいらしい表現ですね。ちょっと意外でした。

清水 さっき言った「委ねたい」にも繋がるんですけど、毎回、曲を書くときはどこまで具体的なことを書くか、どこまで抽象的な表現にするか、このふたつのバランスをすごく考えるんです。やっぱり、少しは具体的にしないとイメージしづらいし、かと言って具体的過ぎると共感性が薄れてしまう。いかに共感してもらって、聴く人それぞれの歌として、感情移入してもらえるものにするか……実は、リアルにテディベアをあげたことがあるんですよ。なので、この部分に関しては珍しく実体験を書いています。我ながら、かわいいことしてるなって思います(笑)。

──そうだったんですね。実際にプレゼントしたときのことは覚えてます?

清水 離れたところにいる大切な相手に、自分の分身としてテディベアを持っていてもらえたら、僕のことを身近に感じられるんじゃないかなと。こういうことが照れることなくできるのは、遠距離恋愛独特の感覚じゃないですかね。遠距離の歌じゃなかったら、こういうシチュエーションは出てこなかったと思います。

──ありがとうございます。今回、アートワークにもこだわりがあるとか。

清水 そうですね。ジャケットに掲載されている、初回生産限定盤の青いテディベア、通常盤の赤いテディベアはオリジナルで作っていただいて。しかも、そのふたつの写真を並べると、テディベアが寄り添う、あらたな1枚の写真になるという。なので、カップルで僕の曲を聴いてくださる方は、それぞれ分身として彼女は彼氏に赤いテディベアのCDを、彼氏は彼女に青いテディベアのCDを贈り合ってもらえたら素敵ですよね。

J-141111-YS21J-141111-YS22

──ちなみに、翔太さんにとってのクリスマスといえば?

清水 ベタだけど、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」かな。クリスマスは早い時間帯だと人も街も活気づいてて、マライアとか音楽も楽しげなクリスマス・ソングが流れてるじゃないですか。無性にワクワクする、楽しげな雰囲気がいいですよね。そして、夜になると、ラジオから流れる曲もバラードになって街もしっとりと落ち着くんですよね。家族や恋人と家でゆっくり過ごす、聖なる夜へと変わっていく。そうやって時間帯によって、表情が変わるところが好きなのかもしれません。

ツアーがすごく楽しくて


──2曲目「側に…」は、ミディアム・バラードのラブソング。「SNOW SMILE」と続けて聴くと、切なさがより感じられると思いました。

清水 実は、「SNOW SMILE」よりもさらに前に作った曲です。アルバム『ENCORE』のときに一度レコーディングしているんですけど、モチーフはもっと前からあって。

──R&Bの切ないミディアム・バラードは、翔太さんが得意とするところですよね。

清水 そうですね。基本的に僕の曲は、幸せだったり、ドキドキしたりという、楽しい恋愛模様を描くことがあまりなくて。単純に切ない曲が好きで、グイグイ押したり、“俺に付いてこい”的な男くささがまったくないところに起因してると思うんですけど。そんななかで、たまには楽しくてワクワクするようなものを書こうと思ったのが、表題曲の「SNOW SMILE」だったんです。

──2014年はアルバム・リリースをはじめ、盛りだくさんな一年だったと思いますが、来年やりたいことなどあれば教えてください。

清水 今年はオリジナル・アルバムを携えてのツアーが久々だったので、ツアーがすごく楽しくて。その印象がいちばん強いです。2015年は、プライベートの話ですけど、船舶免許を取ろうと思っています。釣りが好きなので、どうせなら自分で船を動かして、いいポイントまで行って釣りがしたいので(笑)。


リリース情報

2014.11.12 ON SALE
SINGLE「SNOW SMILE」
MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records

J-141111-YS21

[初回生産限定盤(CD+DVD)]¥1,574+税
[通常盤(CD)]¥1,204+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人