メジャー1stシングルでCzecho No Republicがポジティブ宣言!!!!!!!

メジャー1stシングルでCzecho No Republicがポジティブ宣言!!!!!!!

Czecho No Republic

メジャー進出後、1年の間にアルバム2作品を発表したCzecho No Republic が待望の1stシングル「Oh Yeah!!!!!!!」をリリース。ライブで盛り上がること間違いナシのポジティブソング誕生までには意外な苦労が!? 武井優心(vo、b)、八木 類(g、cho、syn)が語る。

INTERVIEW & TEXT BY 吉田可奈


「なんだよ。俺の独り相撲かよ!」


──メジャー1stシングル「Oh Yeah!!!!!!!」は、フジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」エンディングテーマですが、おふたりは「ドラゴンボール」で育った世代ですよね。

武井優心 すごく大好きな作品です。実は偶然にも、このお話をいただく2ヵ月くらい前から「ドラゴンボール改」を観始めたんですよ。そこで、やっぱり「ドラゴンボール」は面白い! と再確認して、家にあった漫画全巻をツアーに持っていって、バンド内で回し読みしてたんです。

──となると、この話が来たときには運命を感じたのではないですか?

武井 運命を感じるより先に、ちょっと引きましたね(笑)。好きな想いが、ビッグ・ニュースを引き寄せてしまったけど、好き過ぎてどうしようというプレッシャーが強くて。でも、作るからには(作品と絡めた)うまい喩えをして“これはあの話を引用してるな”というのが(「ドラゴンボール」)ファンに伝わる曲にしたくて、小ネタ満載の曲を番組側に聴いてもらったら、「こういうのじゃなくていい」ってバッサリ言われまして。Czecho No Republicらしいのがいいんだと……。

八木 類 言われた瞬間、いきなりテンション下がってたよね。

武井 自分たちの音楽を(番組側が)望んでくれてうれしいんですけど、すごく恥ずかしくなっちゃったんですよね。「なんだよ。俺の独り相撲かよ!」って(笑)。

それくらい羨ましいです(笑)


──その後すぐにこの曲を書き始めたのですか?

武井 そうですね。なので、この曲の歌詞は完全に独り相撲だと知ったときの“怒り”です(笑)。やけっぱちになりながら、“戦うより楽しもう”という歌詞に気持ちをぶつけました。

八木 改めてこの曲を聴かせてもらったら、前回ボツになった曲よりもすごくキャッチーで、Czecho No Republicらしさもあって、すごくいい曲だと思ったんです。正直、僕も「ドラゴンボール」が大好きなので、この曲がエンディングテーマになると思うと、同じソング・ライターとしてすごく羨ましくなりましたね。本当、羨ましいです。

武井 あっ、2回言った。

八木 それくらい羨ましいです(笑)。

──ただ、Czecho No Republicといえば、ネガティブな印象が……。

武井 間違いなく、バンドとしてはネガティブです。でも、番組側からのリクエストがポジティブだったんですよね。さらに、自信満々な曲がボツになった直後だったので、ポジティブとは程遠いときに「Oh Yeah!!!!!!!」の歌詞を書いているんで、脳内では歌詞を絞り出しながらも「ポジティブってなんだよ!」って毒づいてました。でも、この作品にネガティブな歌はありえないじゃないですか。

──ポジティブであるべきですよね。

武井 でしょ? なので、頑張って仕上げたんですが、歌詞を見てもらうと“やっていこう”じゃなくて“やっていかなくちゃ”という言葉だったり、どうしても僕らの本音が滲み出ています(笑)。

これはいいサビが降りてきた!


──サウンドはとてもキラキラしていて、聴いていて元気になるような仕上がりですね。

武井 ありがとうございます。とにかくわかりやすい曲にしようと思い、メンバーでアレンジしていきました。イメージとしては、一度火が着いたら最後まで一気に飛んでいくような雰囲気。瞬発力を感じてもらえたらうれしいです。

──ライブで盛り上がりそうですね。

武井 たしかにライブ栄えする曲だと思います。サビの前で一瞬ふわっとさせて、一気に“Oh Yeah”と叫ぶ感じはみんな好きだろうなって。例えるなら、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」のサビ“消してリライトして”みたいな。あれこそがヒットソングだと思っているので、これはいいサビが降りてきた! って思いました。

──ミュージック・ビデオ(MV)はコミカルな仕上がりで。

八木 今までにやったことのない監督さんにお願いしたんですが、とにかく遊び心溢れるものに仕上がっていて、僕ら自身も観ていて笑っちゃうくらいの作品が出来上がりました。今回、オードリーの春日俊彰さんにも出演してもらってるんですよ。

武井 オードリーのおふたりがパーソナリティを務めるラジオ「オールナイトニッポン」でCzecho No Republicのことをすごくイジってくれていたのがきっかけで。初対面ではなかったんですけど、すごく会いたかったんです。実際に会ってお話をしたらすごく気を遣ってくださって。僕はすごく緊張してあまり話せなかったのが心残りです。

早く馴染んでもらいたい


──武井さんは緊張とは縁がなさそうに見えるのですが……。

武井 いやいや。緊張するから好きな人とはできるだけ関わりたくないんです! 「ドラゴンボール」も好きだからこそ、できれば俺らのことを知らないでくれって思ってたくらい(笑)。それに、アニメを観ている人はテーマ曲が変わると“前のほうがよかった~”って絶対言うじゃないですか!

八木 言うね、それは。

──でも、それって友達の元彼女みたいなものじゃないですか? 「前の彼女のほうがよかったんじゃない?」って言っておきながら、紹介したら意外と気に入るみたいな。

武井 そうだ、それだ! 

八木 で、その彼女と友達が付き合っていることに馴染む頃にはもう別れてるみたいなね。

武井 あるわ~、それ。俺らの曲も馴染む頃に新しい曲になってたら寂しいから、早く馴染んでもらいたいですね。


リリース情報

2014.11.12 ON SALE
SINGLE「Oh Yeah!!!!!!!」
日本コロムビア

J-141111-YS11

[初回限定盤(CD+DVD)]¥1,300+税
[通常盤(CD)]¥1,000+税

詳細はこちら


ライブ情報

JFL合同企画 LIVE FOR THE NEXT -LIFETIME MUSIC-
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人