「Love, Day After Tomorrow」から15年。倉木麻衣がベスト・アルバムへの想いを語る!

「Love, Day After Tomorrow」から15年。倉木麻衣がベスト・アルバムへの想いを語る!

倉木麻衣

デビュー15周年を記念したベスト・アルバム『Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-』をリリースした倉木麻衣。ミディアム&バラード曲を収めた“LOVE”、アップ曲を収めた“HOPE”の2枚組、全30曲を収録した今作からは、彼女が15年間でどれだけ成長し続けているのかが伺い知れる。15年という月日を経て、彼女が今想うことについて話を聞いてみた。

INTERVIEW & TEXT BY 佐伯明


私の中でホントにベストな、よりベストな選曲っていうのをやりました

──倉木さんのデビュー15周年でリリースされる新作のベスト・アルバムの話をしたいと思うんですけど。これは、“LOVE & HOPE”というふうに、キーワードを分けたのはどうしてですか? もちろん15周年でたくさん曲がありますから、2枚組になるであろうとは思っていましたが。

倉木麻衣 デビュー10周年のときに出した『ALL MY BEST』というベスト・アルバムがあったんですけど、そのときに感じたのが、“バラードはバラードだけ、アップテンポはアップテンポだけのアルバムをリリースしてみてもいいんじゃないか”って。それで、そのアルバムを出したいなと思って、今回念願かなったという。“LOVE”と“HOPE”っていうタイトルは、私の楽曲、今までいろんな楽曲を聴き返してみて、一番大切にしてきたテーマだなと思ったんですね。なので、そのテーマを掲げて作ろうって決めて、“LOVE”のほうには“愛”がテーマになった歌たち、“HOPE”のほうには“希望”っていうものをテーマにした──それで、曲分けもしたんですね、“愛と希望の歌はどれだろう”みたいに。でも“愛と希望、どっちだろう?”っていう曲も中にはあるんですけど(笑)。

──あるよね。判然としない、どっちもどっち、みたいな。

倉木 どっちもどっち(苦笑)。それを私のジャッジといいますか、例えば「Love, Day After Tomorrow」は特に難しかったです。

──そうですよね。だって曲名に“LOVE”って入っているのになんで“HOPE”なんですかっていう、そういうつまらないツッコミもしたくなりますよね(笑)。

倉木 はははは! そうですよ。でもこの曲によって今まで、この曲があったからこそ今があるから、うん……希望を感じられる曲であってほしいなあと思って“HOPE”にしてみたって理由もあるし、あとは、アップテンポっていう曲のジャンルとして「Love, Day After Tomorrow」は“HOPE”じゃないかなということで。そういうふうにやりながら選別していって、ベスト・アルバムっていうのはやっぱり選曲がいちばん大変でした。いろんな楽曲があって、15曲に収まりきれないぐらいあったんです(苦笑)。さらに今までライブだったりでファンの方がアンケートに“聴きたい曲”みたいなのを書いてくれていて。そういうのを参考にしたり、あとは、過去のベストには入っていないシングル曲はやっぱり入れたいなと思って。あとは新曲ですね、これは必ず入れたいなと思って。さらに、過去の(私の)ベストを持っている方もいらっしゃいますし、アルバムを持っていない方でも倉木麻衣の軌跡っていうか、今までリリースしてきたものを感じてもらえる大事な曲といいますか、それも聴いていただけるのかなと思って、そういう想いもあって……。そうですね、私の中でホントにベストな、よりベストな選曲っていうのをやりました。

15年前なので10代の頃から大人になって今の倉木麻衣という歌声も感じてもらえる

──時系列に沿って楽曲を並べていくっていう方法も崩さなかったんですね。

倉木 崩してないですね。リリースした順で。アルバムを通してみんなに想い出を返してもらいたいっていうのもあるし、あとは、いろいろな楽曲があるので、その楽曲楽曲によって、きっと聴いてくれた当時のこととか想いっていうのはたぶんみんなの中であると思うので、それを振り返られるような曲順っていうのかな、そういうのもあるし、あとは、自分の現在にさかのぼっているっていう。歌声だったり、メッセージ性も含めて、そういうのを感じていただけるのかなあと。15年前なのでちょうど10代の頃から大人になって今の倉木麻衣という歌声も感じていただけるのかなと。

──ご自身の声は変わってきたと思いますか?

倉木 そうですね、自分としてはあまりわからないんですけども、周りから「少年の声から大人の女性の声になったね」みたいなことをよく言われることがあって(笑)、“あ、そうなんだ!”と思いながら。女性でも声変わりっていうのはあるのかなあ。

──まあ明確にはないけども。でもそういう意味では、ライブ・ツアーをやっている、歌手を生業にしている人は、いつも声帯という名の筋肉を鍛えているわけですよ。だから普通の人よりも衰えが小さいし、あとは歌い込んでいけばいくほど、声の帯域が広くなるよね。広くなったでしょう?

倉木 なりましたね! 特に「Strong Heart」とか「Your Best Friend」とか、あの辺のときに歌っていた曲は、ローからハイまでがものすごい高い曲だったので、ボーカリストの幅というのも鍛えられましたし、あと、シンフォニック・ライブをやるようになって、なんかちょっと声の出し方が変わった気がするんですよね。

──でも初期の頃はかわいらしいよね、声が、やっぱり。

倉木 そうですね(笑)。初期の頃、10代の感じはあるかなあ。今回のジャケットも私のデビュー・アルバムと同じシチュエーションで撮影しましたし、私の10代の出発点も感じながら聴いてくださればなって思いますね。

リリース情報

2014.11.12 ON SALE
ALBUM『Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-』
ビーイング 

J-141107-FY-1924

【写真:初回限定盤A 2CD+DVD】¥3,889+税
【初回限定盤B 2CD+DVD】¥3,889+税
【通常盤 2CD】¥2,963+税

詳細はこちら


ライブ情報

“15th Anniversary Mai Kuraki Live Project 2014 BEST “一期一会” ~Premium~”
詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人