ハマ・オカモト、津野米咲などさまざまなアーティストとのコラボから完成した、住岡梨奈の最新作!

ハマ・オカモト、津野米咲などさまざまなアーティストとのコラボから完成した、住岡梨奈の最新作!

住岡梨奈

約1年振りとなる2ndアルバム『watchword』をリリースした住岡梨奈。ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)プロデュース作に津野米咲(赤い公園)が作詞、作曲を手掛けたり、もちろん住岡自身の新曲も収録と聴き応えたっぷりの全11曲。改めて、彼女の歌声のすばらしさを感じられる1枚に仕上がりました!

INTERVIEW & TEXT BY 大前多恵


これが私なのか? というとそうではなかったり、“でも、私かもね?”

──アコースティックでナチュラルな空気感が心地よいアルバムでした。どんな制作コンセプトがあったのですか?

住岡梨奈 もともと自分の持っているものは、例えて言うと、“静かに熱く燃える青い炎”なんですけど、去年は、“赤い炎”のほうが多かった1年だった、というイメージが強くて。自分の新しい面を発見してそっちの炎を上げてみる、だとか、いろんなことを試すことが多かったんですけど、今回のアルバムは、自分の中にあるものをあらためて出していこう、という大きなテーマの中で作りました。いろんな方が曲を作ってくださっているんですが、自分が歌うことによってまとまっているな、と思えて。“自分はこうだ!”というだけじゃなくて、“人から見てこうだ”という自分も受け入れて、“それも自分だ”と感じられるようなものになったと思いますね。

──より一層、どんな自分も受け入れられるようになった?

住岡 『テラスハウス』に出ていたのもあって、しっかり者で明るい、ポジティブな子だというイメージがついているんじゃないかな? と感じることがあって。でも“もともとはそうじゃないし……”という想いもあったので、今後どう自分の中で考えてやっていこう? とも思ったんですけど、プロデューサーの堂島孝平さんやハマ(・オカモト)くんに、「成長はしているけど、根本的にあったいいものはずっとそこにあるじゃん」みたいなことを言われて、すごくうれしかったんです。だから、“あ、私は大丈夫”と思えて改めてやっていけた、というのはありますね。

──なるほど。今回いろいろな方が楽曲提供されていますが、8曲目「涙日和」は赤い公園の津野米咲さんによる作詞作曲です。元々交流はあったんですか?

住岡 ハマくんプロデュースで2曲やろう、となったときに、1曲は私の曲で1曲は誰かに書いてもらおう、という話になって。みんながギョッとするような、私がやったことのない世界に行きたいと伝えたら、津野さんの名前が挙がったんですよ。ライブを観に行ってご挨拶したら、不思議な人だなと思ったし、元々メロディが面白くてすごく残る印象は強かったので、大賛成で。お願いしてみたら、すごいのがきちゃったんです(笑)。私が歌わなさそうな内容だし、“こう来たか!”ということが全部詰まっている、ある意味挑戦状みたいなデモでした。息継ぎをする場所が全然わからない、とても忙しい曲ですけど、ご本人も完成した曲を聴いて「すごくいい」と言ってくれたのが強みです(笑)。

よく堂島さんに“デレツン”だと言われるんですよ。

──11曲目「カラフル・モノクローム」の、甘くほろにがい声は何ひとつ響かない、冷めて捨てられる、といったくだりは、深読みさせるドキッとする表現です。

住岡 想像にお任せします、という部分ではありますね。これが私なのか? というとそうではなかったり、“でも、私かもね?”と(聴き手に)託しているところもあったり。約束を破って一人で出かけて、早く迎えに来てって歌っているので、“じゃあどうすんだよ!”とよく突っ込まれますね(笑)。

──住岡さんにもそういうところがあるんですか?

住岡 そうですね、めんどくさい感じですね。よく堂島さんに“デレツン”だと言われるんですよ。ツンデレの逆で、最初は人懐っこいのに、仲良くなったらいきなり(素っ気なく)「あ~、そうっすね~」という感じになるので、「突き放すよね(笑)」と言われて。私にはそういう、変に矛盾している部分があるみたいです。

──歌詞全般から、明日という未来に対する不安な想いを感じ取ったんですが、ご本人としてはいかがですか?

住岡 1曲目「鮮やかにいきたい」や5曲目「25の瞳」、2曲目「hear」もそうですけど、実は悩んでなくて。“前に進みたいんだ”という気持ちだけで生きているんですよね。だから、今回のアルバムは、実はほとんど不安はないんですよ。私が作った7曲目「moyamoya」だけはモヤモヤしてますけど(笑)。不安というよりは、「まだ行けるのに自分は何をやっているんだ?」みたいな劣等感というか。もっと早く、潔く行きたいというだけなんですよね。

──モヤモヤを解消したいわけではないんですね?

住岡 逆に、それがあるから自分らしくいられるのかな? と思います。最近よく、夢の中で人に「何で歌ってるの?」と聞かれるんですよ。レコーディング中に見た夢では、ある芸人さんに「自分で書かない曲をなんで歌っているの?」というグサッと刺さる質問をされて。「好きだから歌ってんだよ!」とその時は言い返していました(笑)。そう言えるようになったんですよね。「私の声で歌っているんだ、これは私の曲だ! 何が悪いんだ!」みたいな。変にへこたれない、というのが今ではあります。“いい音楽が出来たら、それでいいじゃないか”って。

──自信が培われたんでしょうね。『watchword』というアルバム・タイトルはどのようにして決めたのですか?

住岡 「言葉にしたいんだ」リリース後も、いまだに言葉探しをしているな、という想いがあって。バードウォッチングじゃないですけど、自分はワードウォッチングしていると思ったとき、“いい言葉ないかな?”と英語での表現を調べていたら、watchwordというひと括りの言葉が出てきて。合言葉という意味があったので、ちょうどいいなと思ってつけました。アルバム完成の打ち上げにもいろんな人が来てくれて、(制作に参加した)誰かと誰かが初対面であってもコミュニケーションできているのを見て、私(という存在)が軸となってみんなを繋げられた! というのがうれしくて。そうやって、「住岡梨奈の〇〇の曲に関わったんです」というのが合言葉になって繋がっているのが面白いな、と思っています。CDジャケットは、メリーゴーランドから抜け出した馬をイメージしていて。私は、“みんながあってこそ立っていられる”と常に感じていたいんですよね。それがファンの人でありスタッフであり、という感じですね。

──リリース翌日の11月13日からは、“住岡梨奈×山崎あおい ACOUSTIC LIVE 2014 秋「one×one」”が始まりますね。

住岡 あおいちゃんも北海道出身で同郷だし、ギター1本でやっているという共通点もあって、「同じ匂いがするね」とお互いに言っていて。すごくユルい感じになるかと思います(笑)。でも、“実は全然違うんです”という部分もきっと見えるだろうし、すごく楽しみですね。

リリース情報

2014.11.12 ON SALE
ALBUM『watchword』
キューンミュージック 

J-141105-FY-1644

【写真:初回生産限定盤CD+DVD】¥3,333+税
【通常盤CD】¥3,200+税

詳細はこちら


ライブ情報

“住岡梨奈 LIVE tour 2015 watchword”
詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人