【後編】いきものがかりが生み出した、本家とは違うあらたな名曲!

【後編】いきものがかりが生み出した、本家とは違うあらたな名曲!

いきものがかり

【前編】に続き、【後編】では「GOLDEN GIRL」の裏側、そしてカップリング曲である「未来予想図Ⅱ」についてたっぷりお話を聞きました!

INTERVIEW & TEXT BY 田家秀樹


歌う人が書いた強さなのかなと思って

──前作の「熱情のスペクトラム/涙がきえるなら」もそうでしたけど、今回の「GOLDEN GIRL」は“攻めてる”という印象がありますが。今までと違う試みをしながらリリースしてるように見えますね。

水野良樹 そこまで意識してやってるつもりはないんですけど、「GOLDEN GIRL」のパキッとした明るさは男子ふたりじゃ書けなかったものなんですね。僕は、よく現場で言ってたんですけど、この曲には“救われた”って。例え僕らがアップ・テンポの曲を書いても、この明るさは出ないなと思って。

──作詞・作曲に初めて3人が連名になった「涙がきえるなら」の次がこの曲ですからね。

水野 確かに(笑)。昨日、MUSIC VIDEOの最終チェックがあったんです。ダンスするような可愛らしい内容で。それを見ていて思ったのは、僕らが書いている曲より、歌詞が抜けてくるというのかなと。それは、歌う人が書いた強さなのかなと思って。卑下するわけじゃないですけど、決してうまい歌詞じゃないと思うんですよ。技術的に巧みとか、構造的に計算されているという歌詞じゃないけど、一つひとつの言葉が抜けてくる感じ。僕らが書いた曲を歌うというのとは違う強さが出ていて、いきものがかりにとって、新しい一面を見せることになったし、次の一歩として救われた気がするんです。「キミがいる」のときよりもさらに良い一歩になりました。

吉岡聖恵 今回、久しぶりにシングルで出るものを書かせてもらいましたけど、タイアップがあって、何かのシーンをイメージしたり、そこに向かって書いてゆくということが、改めて普段と全然違うものだと。今までに書いたアルバムのなかの曲はタイアップとかないですし。その曲をもらって、「はじめまして」で表現するのではなくて、世界そのものを自分で用意するわけで。ディレクターさんにも時間を取らせてしまったし、考えるところがたくさんあったというか。いつも作ってもらってるんで、改めて、ふたりはすごいなとも思ったり。貴重な経験をさせてもらいました。

目標地点みたいなものですよね

──で、カップリングが「未来予想図Ⅱ」。いろんな人が歌ったカバー・アルバム「私とドリカム」のなかの曲でしたけど、これは「GOLDEN GIRL」だったからの組合わせでしょう。

水野 いや、カバー・アルバムが好評で、なんとか音源に入れようということになって。前作が両A面だったし、カバーはこのタイミングだろうなと、すんなり(笑)。

山下穂尊 そこにいてくれたからね(笑)。

──統一感ありますよ。

水野 あんな名曲と繋がってるなんて(笑)。でも、前作もそうですけど、「熱情のスペクトラム」と「涙がきえるなら」は、曲も声質も全然違うんですけど、やっぱりいきものがかりという。今回も、曲はドリカムさんの曲なのに一定の統一感があるというのも、吉岡の歌だと思うし。良いんじゃないでしょうか(笑)。

──デビューしたときから最初の5枚のシングルのカップリングは、J-POPのスタンダードのカバーだった。あのときと比べるとどうですか。

水野 あのときはまだ色々わかってないことも多かったと思うけど、でも、あんまり変わってないね。

山下 元々、高校のときにバンドを始めたきっかけがカバーだったしね。「未来予想図Ⅱ」は、路上はもちろん、高校のときに知り合いの結婚式とか、いろんなところでやってましたから、そこに物語はある気がしますね。最初の頃のカップリングは、自分たちのイメージとか、どう見られるかとか、どう見せようとか、いろんな思惑はあったと思います。とは言っても、カバーは、自分たちのなかに元々あるものですからね、あの頃と気持ちの変化みたいなものはないかな。自然にできますね。

吉岡 ドリカムさんの曲自体は、友達とアカペラでやったりという思い出はあります。「LOVE LOVE LOVE」なんかも路上でやったりしてましたから。思春期というか、多感な頃にすごく聴いていたんで、光栄すぎる話ですよね。重みがあるなと、いろんなことを感じながらカバーしましたね。

水野 恐れ多いですけどね(笑)。この曲で泣ける人もたくさんいるわけじゃないですか。ホントに愛されている曲だと思うし。こういう曲を自分たちもいつか書きたい。目標地点みたいなものですよね。デビュー当時にカバーしていた「卒業写真」なんかも同じ。こういうものに憧れてますということですね。

──次は、アルバムということになりますね。

吉岡 いろんな人がいるなっていう感じ(笑)。どうしちゃったんだというくらいに振り幅があって面白いと思いますね。

水野 今出ているシングルと同じくらい、越えるくらいに強い曲が集まってるんで作品として重厚なものになってると思います。

──それにしても活発なリリースが続きます。

水野 今の時代のスピード感で言うと、こういうのが合ってるんじゃないかと思いますね。絶対に不可能だけど、毎月新しい曲が出るくらいじゃないと、今のスピード感に合わないんじゃないか。かと言って、投げやりな曲は作ってませんし、きちんと作ってる自信はありますから。たくさんリリースされても、ちゃんと届いていくと思ってます。


リリース情報

2014.11.12 ON SALE
SINGLE「GOLDEN GIRL」
EPICレコード

J-141107-BA-1927

¥1,165+税

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人