どんなときでも笑顔を忘れない、CODE-Vの応援歌!

どんなときでも笑顔を忘れない、CODE-Vの応援歌!

CODE-V

新生CODE-Vのリーダーであるソルが2015年の入隊を控え、3人体制では最後となるシングル「Never Ending Story」が完成。別れを前に、今一度大切な仲間との絆を確かめ合う応援歌だ。

INTERVIEW & TEXT BY 大前多恵


最後まで笑顔でいてほしい


──新生CODE-Vの第2弾シングル「Never Ending Story」は、ロック色が強かった前作「Never Say Never」とはまた違う魅力を持つ、軽快なダンス曲となりました。

ソル デモを聴いたとき、今までCODE-Vがやったことがないタイプの曲だし、韓国では聴いたことがないような、J-POP独特の曲じゃないかな? と感じたんですよ。ヒップホップでもロックでもないし、ダンスでもないし、それらを全部混ぜたような面白さがあって、チャレンジしたいなと思いました。

ウシク やりたいアイデアがたくさん沸いてくる曲なんですよね。ステージの上での僕たちの表情の作り方とか、ライブでファンの皆さんと初めてするような面白いパフォーマンスもできるんじゃないかなと、曲を聴きながらイメージを思い描くことができて。

テフン 今回のダンスも本当に激しいんですけど、歌詞やメロディにぴったり合うと思っています。これをうまくやったら皆さんにしっかり僕たちの気持ちが届くんじゃないかと思いますね。

──ソルさんの入隊が決まり、この3人体制での活動は年内で終了。歌詞は、その別れをテーマに描かれていますね。

ソル たしかに別れの歌詞ではあるんですけど、僕は切なく別れたくはなかったんですよ。応援歌になっているので、この曲を聴きながら、ファンの皆さんにも最後まで笑顔でいてほしいんです。2曲目の「また会える」もこの曲とテーマは同じなんですが、アコギを使ったミディアム・ナンバーになっています。力が沸いて来るような明るさを持った曲なんですよね。

テフン 「また会える」は、僕の好きなタイプの曲です。レコーディングでは、韓国にいる昔からの友達を思い出しながら一生懸命歌いました。

ウシク 僕は日本語の勉強のためにドラマやアニメを観ているんですけど、この曲は、ドラマなどのオリジナル・サウンド・トラックに入っている曲のような雰囲気です。メロディがとてもいいなと思っています。

R-141029-YS01

どう表現するのかな? という期待があった


──「Swing! Swing! Swing!」は、これまでのCODE-Vにはないキュートさ、ポップさに驚きました。

ソル 今までにないタイプで、新生CODE-Vだからこそできる曲だと思います。個人的には、高校生のときに戻ったようで面白くて、楽しい気持ちで歌いました。

ウシク 超懐かしいんじゃないですか? ソル先輩が高校生のときって……結構昔ですよね? 記憶あります? 

ソル 昔過ぎてはっきりとは覚えてないんですけど……(笑)。

一同 (笑)。

ウシク 僕としては、「テフンがこのフレーズを歌ったらどうなるのかな?」と気になる曲でした。テフンはCODE-Vで活動するために退学して日本に来たので、学校で経験したこともあれば、まだ知ることのできなかった経験もあるので、それをどう表現するのかな? という期待があったんですね。

テフン こういう経験はないんですけど、高校に通っていたとき、周りの友達を見たら、こういうシチュエーションが結構多かったんですよ。それを思いながら歌ったら、本当に楽しかったんです。

ウシク あと、シャウトは僕のアイデアで、僕が歌っているパートでもあるので、それを探してみる面白さもありますよね(笑)。ぜひチェックしてみてください!

R-141029-YS02

それ、お世辞だよね?(笑)


──「月」はソルさんが作詞作曲を手掛けています。いつもは明るいソルさんが、秘めた内面を歌った曲だと感じました。

ソル ウシクとテフンがまだ日本に来る前に作った曲ですね。お兄さんたち(ルイ、ナロ、サンウ)が(兵役のため)韓国へ帰って僕がひとりになって、すごくつらかったときの感情が詰まっています。この曲は僕のメッセージを伝えることにいちばん集中したので、ギター1本で素直に表現したし、綺麗な声を意識するよりも感情をそのまま出すことを大切に歌いました。

テフン 僕は、ソル先輩のことをそんなに真剣な人じゃないと思っていた時期に、この曲を作曲している姿を見たんですね。

ソル ははは!

テフン ソル先輩は明るくて面白い人だけど、だからこそ、音楽で(普段は見せない)こういう自分のありのままの気持ちを伝えようとしているんじゃないかな?  と思ったんです。

ウシク 最初は先輩たちの間で過去にどんなことがあったのか、僕はまだしっかりとは知りませんでした。皆さんもきっと、この曲を聴けばそういういろいろなことを想像できると思うので、これまでのCODE-Vのストーリーを一緒に感じられたらなと。ソル先輩は作曲の天才だと思っています。

ソル ははは! それ、お世辞だよね?(笑)

──12月2日には東京・ゆうぽうとホールでワンマン・ライブを控えていますが、意気込みを聞かせてください。 

ソル 僕が入隊する前の最後のライブになりますし、この3人の形でのラスト・ワンマン・ライブでもあります。“パワフル”“熱い”というのがこの1年間やってきた新生CODE-Vの姿なので、このライブでも熱い気持ちを全力で伝えたいですね。

テフン 今までソル先輩に教えてもらったことや、僕が成長したことを皆さんに全部見せられるよう、頑張りたいです。また新しい思い出を作って、家に帰った皆さんが「感動したな」「楽しかったな」と思えるように頑張って歌いたいので、ぜひ楽しみにしていてください!

ウシク この3人で経験したことや思い出を曲のフレーズにたくさん込めて歌いたいと思います。別のアーティストでは感じられない、この3人だけの本当の魅力を皆さんに生でお見せしたいので、全力で準備します!

R-141029-YS03

いろんな気持ちを感じられるのが
いちばん幸せな人生


──ソルさんは、1年前には4人体制でのCODE-V最後のワンマン・ライブを経験し、やがてこの3人体制の新リーダーとなり、その形も間もなく完結を迎えるわけで、激動の日々が続いていますよね。今の率直な気持ちを教えていただけますか?

ソル この3年間を振り返ると、死ぬほどつらいときもたくさんあったし、何より幸せなときもあったし、いろんなことがあったんですね。いつの日か「どんな人生だったかな?」と人生を振り返ったとき、つらくても幸せでも、いろんな気持ちを感じられるのがいちばん幸せな人生だと僕は思うんですよ。だからこそ、残りの2ヵ月間も、最後まで、つらいことがあっても笑顔で、幸せな気持ちで皆と過ごしたいですね。

──戻って来られるのをお待ちしていますね。

ソル はい、待っていてください!


リリース情報

2014.11.05 ON SALE
SINGLE「Never Ending Story」
ドリーミュージック・

J-141029-YS01

[初回生産限定盤A/CD+DVD]¥1,574+税
[初回生産限定盤B/CD]¥1,000+税
[通常盤/CD]¥1,000+税

詳細はこちら


ライブ情報

CODE-V「Never Ending Story」
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人