音楽ブロガーがあの番組をウォッチ!月刊 レジーのMステ定点観測 〜10月放送分〜【後編】

音楽ブロガーがあの番組をウォッチ!月刊 レジーのMステ定点観測 〜第6回 10月放送分〜【後編】

M-20141106-MK-1848


 [前編]はコチラから 

レジー(音楽ブロガー)

その月に放送された「ミュージックステーション」をネタにしてJ-POPの最近の出来事についてお届けする当連載。前編に引き続き、10月の3回分(17日、24日、31日)についてお話していきたいと思います。

西野カナ、ナオト・インティライミ:「代名詞」の次の展開は……

西野カナとナオト・インティライミ。共に昨今のJ-POPシーンを代表するふたりのシンガーは、それぞれ「恋愛の神様」「いろいろあるけど日々を前向きに生きる」という強固なパブリック・イメージを持っています。それゆえ揶揄の対象にもなったりしますが、多くの人の支持を得るには「○○といえば××」というシンプルな連想は絶対に必要。ファンが自分に求めることを愚直に追求してきたからこそ、現在の地位を確立できたわけです。そんな観点から見ると、17日に同時出演した西野カナが歌った「好き」、ナオトが歌った「LIFE」はそれぞれの表現領域の“超ど真ん中”を投げ込んできた曲と言えるのかなと。どちらもタイトルを見たときには「引退するのか……?」と思いました。いちばんそぎ落としたメッセージを発した後にふたりがどんな方向に進むのかとても興味深いです。

椎名林檎、VAMPS:90年代サバイブ組の今

24日に出演した椎名林檎とVAMPS。椎名林檎は11月4日リリースの最新アルバム『日出処』の中から「ありきたりな女」を披露。白を基調にしたシンプルな衣装で「あなたとわたし」について歌い上げる迫力はすさまじく、まさに画面の前で釘付けになってしまいました。鍵盤のコード弾きが印象的なこの曲ですが、バックでピアノを演奏していたのはPE’Zのメンバーでありかつては東京事変にも所属していたヒイズミマサユ機。先日彼がリーダーを務めるジャズトリオのライブを観てきましたがほんとに最高でした。天才は共鳴し合うんだなあというのをMステのステージを通して再確認。椎名林檎に続けて登場したVAMPSが披露したのは新曲の「VAMPIRE’S LOVE」。ピアノ、ストリングス、ギターの音が折り重なる壮大なトラックに負けないHYDEのハイトーンボイスは相変わらずのインパクトでした。

椎名林檎は1998年のデビュー以来ソロやバンドなど形を変えながらも今までコンスタントに活動を続けており、HYDEも90年代半ばのL’Arc-en-Cielのブレイクを経て現在ではラルクやVAMPSで海外でも支持を獲得するようになっています。このあたりの人たちは自分の学生時代のいろいろな思い出に密接に関わっている音楽を作っている人たちなので、どうしてもひいき目で見てしまいますね。パフォーマンスの前のトークでは「椎名林檎がプライベートでニューヨークに遊びに行き、現地で小沢健二と交流した」なんていう90年代に思春期を送った音楽ファンなら興奮せずにはいられないエピソードが語られていました。

今月のジャニーズ

今月のMステにも複数のジャニーズ・グループが出演して番組に花を添えていました。ここではダイジェスト的に振り返りたいと思います。
17日に出演した関ジャニ∞は自主レーベルからの初シングルである「言ったじゃないか」を披露。上半身裸になって楽器を持っているのに演奏しない(=当て振りであることがばれてしまう)身もふたもないパフォーマンスでしたが、相変わらずこの人たちの歌はいいですね。宮藤官九郎作詞に峯田和伸(銀杏BOYZ)作曲という特定界隈の人たちにはたまらない組み合わせで作られたこの曲、ぶっきらぼうなバンドサウンドと男の悲哀を描いた歌詞が渋谷すばるのボーカルと特にマッチしています。

24日にはV6と嵐が同時に出演。V6が歌ったのはこの日のシングル・チャートで1位となっていた「Sky’s The Limit」。EDMテイストの爽快なサウンドは、ユーロビートでデビューした彼らからすればある意味原点回帰とも言えるのかも。一方嵐が披露した「Zero-G」は最新アルバム『THE DIGITALIAN』の収録曲。大野智が振り付けを手掛けたダンスとシンクロする映像演出がかっこよかったです。こちらもEDMの意匠をふんだんに取り入れた1曲で、世界的なムーブメントがいよいよ日本にもやってきたのかなという感じがしますね。

31日に出演したジャニーズWESTが歌ったのは「夢を抱きしめて」と「ジパング・おおきに大作戦」のメドレー。V6や嵐が音楽シーンの最新トレンドを取り入れ、関ジャニ∞が人気クリエイター制作の楽曲に取り組む中、彼らの曲は「昔懐かしの歌謡曲」という趣。今回出演したジャニーズの人たちの中でいちばん若いグループが「古き良きジャニーズの歌」を歌っているのが面白いですね。こうやって伝統が受け継がれていくのかなとか、彼らもそのうちハイカラな曲をもらえるのかなとか、いろいろと考えてしまいました。

次回のMステは11月21日と少し先になります。もうすぐ年末恒例のスーパーライブの出演者も発表になるはずなので楽しみですね。それでは来月もよろしくお願いします!

【10月17日放送分 出演アーティスト】
乃木坂46「何度目の青空か?」
西野カナ「好き」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」
秦 基博「ひまわりの約束」
ナオト・インティライミ「LIFE」
関ジャニ∞「言ったじゃないか」
SEKAI NO OWARI「Dragon Night」

【10月24日放送分 出演アーティスト】
May J.「本当の恋」
モーニング娘。’14「One・Two・Three(updated)」「TIKI BUN」
V6「Sky’s The Limit」
電気グルーヴ「Baby’s on Fire」
椎名林檎「ありきたりな女」
VAMPS「VAMPIRE’S LOVE」
嵐「Zero-G」

【10月31日放送分 出演アーティスト】
ジャニーズWEST「夢を抱きしめて」「ジパング・おおきに大作戦」
NMB48「らしくない」
キング・クリームソーダ「初恋峠でゲラゲラポー」
Dream5「ようかい体操第一」
ポルノグラフィティ「ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜」
剛力彩芽「くやしいけど大事な人」
サカナクション「さよならはエモーション」
グループ魂「君にジュースを買ってあげる♡better」

<<第6回前編 第6回後編 第7回>>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人