落合モトキ – Part.01 映画「日々ロック」の新庄とは?

落合モトキ - Part.01 映画「日々ロック」の新庄とは?

R-141101-YS0007

落合モトキ

“音楽”という切り口で、ミュージシャン以外の著名人にインタビューを実施し、ふとした素の表情を届ける「meetMUSIC」。今回はロック・バンドを題材にした原作漫画を実写化した映画「日々ロック」に出演する、俳優・落合モトキが登場。

INTERVIEW & TEXT BY 荒金良介
PHOTOGRAPHY BY 山内洋枝(PROGRESS-M)
HAIR & MAKE UP BY 永瀬多壱(VANITES)
STYLING BY 田中 愛
©2014「日々ロック」製作委員会 ©榎屋克優/集英社


M-141031-YS01

結構好き勝手にやらせてもらいました

──11月22日に公開される映画「日々ロック」。落合さんは主人公の日々沼拓郎(演:野村周平)率いるザ・ロックンロールブラザーズと対立関係にある、人気ビジュアル系バンド“ザ・ランゴリアーズ”のイケメン・ボーカル、新庄という役柄ですが、最初にこの話をもらったときはどう思いました?

落合モトキ 普段、ロック・バンドのライブは観に行くんですけど、ザ・ランゴリアーズに該当するバンドは観たことがなかったので、(知識がなくて)どうしようかなと。ただ、台本をもらったときにMCが丁寧に書いてあったので、そこから自分なりのボーカル像を作って、結構好き勝手にやらせてもらいました。後ろで演奏してくれた、ビジュアル系バンドのミサルカさんのライブも観に行きました。

R-141031-YS01

“すげぇ!”ってずっと関心しちゃって

──初めて観る、ビジュアル系のライブはいかがでしたか?

落合 パフォーマンスもそうなんですけど、お客さんのノリ方とか“すげぇ!”ってずっと関心しちゃって。気になるところが多すぎて、そのときはライブに集中できてなかったかもしれません(笑)。

──では、新庄は落合さんのイメージで生み出したボーカリストなんですね。

落合 コミカルな部分を強く出したほうが映えると思ったので、お笑い芸人さんのコントとかを少し参考にした部分もあります。あと、この現場に行くときは役作りのためにTHE YELLOW MONKEYの「LOVE LOVE SHOW」を聴いてました。

──それはばっちり合いそうですね(笑)。

落合 そうなんですよね。ミュージック・ビデオの雰囲気や吉井和哉さんの衣装、あとバンドの華やかさとか、理想とする新庄像に近かったので。グラム・ロックをいい感じで履き違えたのが新庄です。

R-141031-YS02

「なるほどな」と(笑)

──セリフの言い回しや顔の表情も豊かで。

落合 衣装合わせの段階で、派手なシャツだったり、首に羽が付いてたので、具体的に言葉で言われなくても、それを見たときに「なるほどな」と(笑)。これを求められているなら、それを全力でやらなきゃと気合いを入れました。

──(笑)。新庄は、世間一般が抱くバンドマンの特徴をさらに誇張した姿ですよね。

落合 そうですね。各地で女性が待ってるみたいな(笑)。僕自身がバンドマンじゃないからこそ、自由な発想のまま新庄というバンドマンを演じられたんだと思います。

R-141101-YS0006


◆今週の1曲

テーマ:ザ・ランゴリアーズの新庄として、カバー曲を披露することになったときに歌いたい曲
加山雄三「サライ」

落合 んー……新庄はキャラの強いボーカリストなので、誰か他のアーティストとコラボをしてみたりするとどうなるのかなと。そういう場面も見てみたいし、日本でお馴染みのしっとりとした曲をやってみたいので、「サライ」を選びました。

R-141031-YS03


INFORMATION

2014.11.22 ROAD SHOW
MOVIE「日々ロック」
R-141101-YS01「日々ロック」オフィシャルサイト

落合モトキ 公式プロフィール
落合モトキ オフィシャルブログ


CONTENTS

Part.01 映画「日々ロック」の新庄とは?
Part.02 映画「日々ロック」撮影現場
Part.03 落合モトキの好きな音楽
Part.04 落合モトキがやりたい役

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人