音楽ブロガーがあの番組をウォッチ!月刊 レジーのMステ定点観測 〜10月放送分〜【前編】

音楽ブロガーがあの番組をウォッチ!月刊 レジーのMステ定点観測 〜第6回 10月放送分〜【前編】

M-20141106-MK-1848

レジー(音楽ブロガー)

その月に放送された『ミュージックステーション』をネタにしてJ-POPの最近の出来事についてお届けする当連載も今回で6回目。10月は通常の1時間フォーマットでの放送が3回ありました(17日、24日、31日)。今月も前後編に分けてお送りします。それでは早速行きましょう。

モーニング娘。’14、NMB48、乃木坂46:グループ・アイドル悲喜こもごも

僕は通勤の際に渋谷で乗り換えるのでよく渋谷TSUTAYAに立ち寄るのですが、最近その度に目にしていたのがモーニング娘。’14の屋外広告です。今のメンバーたちがクールに決める写真に「全盛期は、一度だけとは限らない。」というコピーが重ねられたボードと、現リーダーでもある道重さゆみの写真に「超えていけ。過去も、私も。」というコピーが添えられた垂れ幕状のもの。共にビジュアルも言葉も最高にかっこよくていつも惚れ惚れしていたのですが、これらは彼女たちの最新シングル、そして道重さゆみ在籍時のラスト・シングルでもある「TIKI BUN/シャバダバ ドゥ〜/見返り美人」の広告です。24日のMステに出演した彼女たちは、2010年代における代表曲である「One・Two・Three(updated)」とラスト・シングル収録の「TIKI BUN」をメドレーで披露。代名詞となったフォーメーションダンスもさることながら、曲と曲の間でファンの歓声を浴びている時に道重さんが見せた「どう、私かわいいでしょ?」って感じのドヤ顔が最高に素晴らしかったです。リーダー業おつかれさまでした。

リーダーの卒業で新体制への移行を図るモー娘。に対して、若いメンバーにフォーカスを当てることで新陳代謝を促進しようとしているのが最近の48グループ。31日に出演して新曲「らしくない」を披露したNMB48ですが、この曲のセンターを務めたのは共に17歳の白間美瑠と矢倉楓子。フレッシュな布陣でのステージでしたが、なぜかカメラにアップで抜かれるのは山本彩や渡辺美優紀といった従来の人気メンバーばかりでした。NMBの中では美瑠ちゃん結構好きなので残念。ちなみにこの曲のシングルに収録されている「休戦協定」という曲がモータウン風味の楽しげな仕上がりになっているのでおすすめです。

偉大なリーダーの卒業や新世代の抜擢などポジティブな話題を提供してくれたふたつのグループとは対照的に、メンバーのスキャンダルの渦中にMステ出演がバッティングしてしまったのが17日に登場した乃木坂46。最初に全員の姿が映った際に思わず松村沙友理を探してしまいましたが、ずいぶんと神妙な顔をしていて見ているこっちまでしんどくなりました。披露された新曲「何度目の青空か?」は、彼女たちの代表曲「君の名は希望」にも通ずる清潔感あふれる1曲。今回のセンター、生田絵梨花のピアノ演奏から始まる編曲も素敵でした。

電気グルーヴ、サカナクション:「テクノ」を巡る世代間リレー

24日に出演した電気グルーヴ。Mステへの出演はなんと17年振りとのこと。前回出たのは1997年、当時お茶の間にまで浸透するヒットとなっていた「Shangri-La」を披露した時ですね(家で見ていた記憶があります)。この日はピエール瀧がトークパートでV6の岡田准一と共にNHK大河ドラマの裏話を披露し、そのあとに結成25周年ミニアルバム『25』に収録されている新曲「Baby’s on Fire」をパフォーマンス。クールな打ち込みに乗って悪ふざけする大人ふたりが面白かったです。

「テクノ」という音楽ジャンルは電気グルーヴの活動があったからこそ一般的に認知されたという部分が大きいかと思いますが、テクノを取り込みつつも自分たち独自の表現のあり方を日々模索しているのが31日に出演したサカナクション。様々なダンス・ミュージックの要素をロックと融合させることで新しい音楽の楽しみ方を提示してくれるのが彼らの魅力ですが、今回演奏された「さよならはエモーション」は現代ジャズのエッセンスが取り入れられている意欲的な1曲。サビでガツンと盛り上がるサカナクションらしいダイナミックな展開の曲にもかかわらずオーディエンスには体育座りをさせる(立って踊ってはいけない)という不思議な演出でしたが、「単に騒げればOK!」という世界とは違うフェーズに進もうとしているのかなと思いました。

前編はここまで。後編では10月に数多く出演したジャニーズの方々についても触れたいと思っています。それでは11月7日(金)の配信をお待ちください!

【10月17日放送分 出演アーティスト】
乃木坂46「何度目の青空か?」
西野カナ「好き」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」
秦 基博「ひまわりの約束」
ナオト・インティライミ「LIFE」
関ジャニ∞「言ったじゃないか」
SEKAI NO OWARI「Dragon Night」

【10月24日放送分 出演アーティスト】
May J.「本当の恋」
モーニング娘。’14「One・Two・Three(updated)」「TIKI BUN」
V6「Sky’s The Limit」
電気グルーヴ「Baby’s on Fire」
椎名林檎「ありきたりな女」
VAMPS「VAMPIRE’S LOVE」
嵐「Zero-G」

【10月31日放送分 出演アーティスト】
ジャニーズWEST「夢を抱きしめて」「ジパング・おおきに大作戦」
NMB48「らしくない」
キング・クリームソーダ「初恋峠でゲラゲラポー」
Dream5「ようかい体操第一」
ポルノグラフィティ「ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜」
剛力彩芽「くやしいけど大事な人」
サカナクション「さよならはエモーション」
グループ魂「君にジュースを買ってあげる♡better」

<<第5回後編 第6回前編 第6回後編>>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人