“Are you all bloodsuckers?”から始まる、VAMPSのアルバム・タイトル曲!

“Are you all bloodsuckers?”から始まる、VAMPSのアルバム・タイトル曲!

VAMPS

Part.05「DAMNED」「BLOODSUCKERS」「INSIDE MYSELF」

VAMPS、ニュー・アルバム『BLOODSUCKERS』特集も今回でラスト。第5回はアルバムの終盤を担う「DAMNED」「BLOODSUCKERS」「INSIDE MYSELF」についてをHYDEとK.A.Zが解説! 11月からスタートする全国ツアーがより待ち遠しくなります!!

INTERVIEW & TEXT BY 本間夕子
PHOTOGRAPHY BY 田中和子(CAPS)


ファンのみんながライブでモッシュしている光景をイメージして作った

──「DAMNED」の歌詞ってちょっと「VAMPIRE’S LOVE」に連動するところがありませんか。

HYDE そうかな? 僕は何も意識してなかったけど。

──「VAMPIRE’S LOVE」のミュージック・ビデオにも影響されているのかもしれないですけど、そこに登場するヴァンパイアはもしかしてこんなふうにしてヴァンパイアになってしまったのかも、なんて深読みもできるなって。

HYDE 言われると、たしかにそういうふうにも取れるかもね。僕は別にストーリーを繋げようとか全然意識してなかったけど。

──もっと言うと「GHOST」「VAMPIRE’S LOVE」「DAMNED」の流れで三部作としても受け取れそうな

HYDE ははははは、面白い。だとすると「DAMNED」は“エピソード1”みたいな感じかな(笑)。

──K.A.Zさんはいかがでした? HYDEさんから上がってきた「DAMNED」を聴いて。

K.A.Z 曲調は違うけどHYDEソロの頃の「JESUS CHRIST」とか、あのへんを思い出させる匂いがあるなって。宗教的なニュアンスっていうのかな、「JESUS」より世界観はもっとディープかもしれない。ちょっと狂気も入った厳粛さがあって、めちゃくちゃカッコいい曲。

C-141023-FY-2210

──そして「BLOODSUCKERS」です。

HYDE これね、設定から作ったんですよ。ライブでこういうMCをして、そこからこの曲に持っていきたいなって(笑)。だから“Are you all bloodsuckers?(お前ら全員吸血鬼だろうな、の意)”って歌詞から始まるんです。だったら曲のタイトルは「BLOODSUCKERS」だろうっていう。そう浮かんだ時点でアルバムのタイトルもこれかなってなんとなく思っていましたね。

──まさにライブを彷彿させますね。

HYDE みんながライブでモッシュしている光景をイメージして作ったのでファンも喜んでくれるんじゃないかな。

──アルバムのオープニングでもカッコいい気がします。

HYDE それはK.A.Zくんも言ってたな。ただ、僕としてはちょっと間口が狭くなるかなと思ったので今回はこの流れになりました。

──K.A.Zさんは「BLOODSUCKERS」のどこがオープニングにいいなと?

K.A.Z どアタマのイントロにすごくスタート感があったから。単体としても存在感があって、でも、この曲の次にどんな曲がきても案外、繋げられそうだし。だから1曲目っていうポジションもアリかなっていう。でも、こうやって後半にくることでもう一度、ガツンと盛り上がれる感じもいいよね。

C-141023-FY-2211

こういうシリアスなエンディングもいいでしょ?

──ラストは「INSIDE MYSELF」ですが。壮大かつエモーショナルなこの曲でアルバムが締めくくられるのも新鮮でした。

HYDE こういうシリアスなエンディングもいいでしょ?

──作るときは何をイメージしながら?

HYDE 幻想的なAメロと広がりのあるサビっていうのは、例えばリンキン・パークとか、ハードでオルタナティヴなロックの分野ではある意味、やりつくされた手法なんですけど、それを自分なりに解釈してやってみた感じ。ああいった世界観を自分なりに表現してみたらこうなったというか。

──生のストリングスも効いてます。

HYDE 最初、ストリングスは打ち込みで入れてたんですけど、制作の後半になって、やっぱり生にしたほうがグッと来るかなと思って。生にして正解でした。

──「INSIDE MYSELF」がラストというのは、K.A.Zさんは想像されてました?

K.A.Z いや、これも意外だなと思ったな。ライブをイメージしていたから勢い系で終わるのかなって。でも物語の最終章として考えたら、すごくしっくりきますね。ただ、能天気に終わるわけじゃないっていう。明るくもなく、暗すぎもせず、壮大さもあってすごくいいラストだなと。

リリース情報

2014.10.29 ON SALE
ALBUM『BLOODSUCKERS』
Dellcious Deli Records 

J-141022-FY-2108

【写真:初回限定盤A CD+Blu-ray】¥4,500+税
【初回限定盤B CD+GOODS】¥10,000+税
【通常盤CD】¥3,000+税

詳細はこちら


ライブ情報

“VAMPS LIVE 2014-2015”
詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人