アーティストがお手本!メイクテクを盗めば恋も仕事もうまくいく【困り眉編】

PHOTO:© 夢見る詩人 – Fotolia.com

プロに聞いた! あのアーティストのミュージック・ビデオを参考にしてメイクテクを学ぶ

メイクにおいて、顔の印象を変える目や唇といった主要パーツ。その中でも特に重要とされるのは眉毛だ。トレンドに合った濃さや形状に変えるだけで、一気に旬な印象を持った顔に変身できる。

とはいえ、メイクにおいていちばん難しいのが眉というのもまた事実。どういったことに気を付けなければならないのだろうか? 今回は旬の「困り眉」について、長年メイクを担当してきた美容師の山中道子さんに聞いてみた。

「その名の通り、困っているような印象を与えることで、男性が守りたくなるような女性を演出できる眉です。最近アイドルがよく実践しているので、真似してみてはかがでしょう。意中の男性をトリコにできるかもしれませんよ」。

そんな「困り眉」メイクの参考になるアーティストを、山中さんに選出・解説していただいた。

◎島崎遥香(AKB48)

「はかなげな女性の雰囲気がよく出ていて、男性が守りたくなるような印象を与えています。彼女のメイクは顔全体から見たときに両眉が“ハ”の字になるのが基本。眉の中央から眉尻にラインを書いて眉尻を下げるのがポイントです。その際には自分の眉毛よりも少し上からスタートさせ、眉の落差を意識してみましょう」

◎大島優子

「眉と目の感覚が眉全体を通して一緒なのが最大の特徴です。真似する時はその点に気を付けてメイクしてみましょう。おっとりとした癒し系女性を印象付けることができ、男性ウケはかなり良いと思いますので、真似してみてくださいね」

◎のっち(Perfume)

「困り眉の変形型でしょう。高さの頂点が眉頭ではなく、眉の中央に置いています。これによって極端に悲しげにならないで、かわいい癒し系を演出することができます。はかなさよりも、かわいさを出したいときはこれがいいですね」
できれば眉角から眉尻にかけて毛を剃ってしまったほうが、余計な影ができずにきれい仕上がるという困り眉。ただし、夕方以降には落ちてしまって“マロ眉”にならためにも、水や汗に強いアイブロウを着けて対策を忘れずに!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人