デビュー10周年にして今が最高のときだと語る、加藤ミリヤ

デビュー10周年にして今が最高のときだと語る、加藤ミリヤ

加藤ミリヤ

Part.5 デビュー10周年での気づき

「10周年は盛大に!」と以前からインタビューで予感させていた通り、コンセプチュアルな企画アルバム『MUSE』が完成。10周年を迎えた、今現在の加藤ミリヤのモードを聞く。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之


いつも以上にファンのみんなが
喜んでくれることをしたい


──「M.U.S.E.」には“人を見返したかっただけ”という歌詞がありますが、“見返してやる”“認めさせてみせる”という気持ちは今もありますか?

加藤ミリヤ うーん、なくはないかな。あまり知らないのに、いろいろ言いたがる人っているじゃないですか。ちゃんと曲を聴いたうえで、何かを言われるのは全然いいんですけど。でも、そういうこともどうでもいいかなって思えるようになってきました。

──そう思えるようになったのは、やはりファンの存在が大きい?

加藤 そうですね。“ミリヤみたいになりたい”っていう人がひとりでもいるだけで、すごく救われる気持ちになります。実際、そういう子がライブに来てくれますからね。同じような髪型にしたり、ファッションをマネしてくれてたり、“どうしてここまで好きでいてくれるんだろう!”って不思議な気持ちになることもありますね。もちろん、曲をしっかり聴いてくれているのもすごくうれしいです。

──この人たちは裏切れない、という気持ちも強くなるのでは?

加藤 うん、本当にそうですね。特にこの1年は、いつも以上にファンのみんなが喜んでくれることをしたいと思っているんです。今回のアルバムもきっと、内容を見るだけで“聴きたい!”って思ってくれるんじゃないかなって。

歌いながら歩きたい!


──葛藤を抱えた時期もあったと思うんですが、10周年を迎えて、すごくいいコンディションになっていますよね。

加藤 “音楽が何よりも大切だ”って気づけたのが大きいかもしれないですね。音楽をやっている瞬間がいちばんうれしいって感じることも増えていますし。あと、自分の音楽性にすごく自信があるんですよ、今。

──そういうふうに思えたのはいつ頃からですか?

加藤 本当にここ最近です。歌うことも、今がいちばん好きなんですよ。このまま歌い続けていけば、まだまだ伸びしろがあると思うので。私、もっとうまくなれると思うんです。もちろん、もっともっと努力を続けないといけないんだけど、自分はまだ成長できるって気づけたのはすごくよかったなって。そう思ってからは、毎日がバラ色というか、歌いながら歩きたい! みたいな感じなので(笑)。

──素晴らしいですね。この後の展開はどうなりそうですか?

加藤 “10周年”をフルに使って、みんなが喜んでくれるようなことを続けたいと思ってます。11年目に向けて、音楽的にやりたいこともたくさんあるので、これからもいい歌を作っていきたいですね。

リリース情報

2014.10.29 ON SALE
ALBUM『MUSE』
MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records

J-141021-YS02

[初回生産限定盤/2CD+DVD]¥4,500+税
[通常盤/2CD]¥3,650+税

詳細はこちら


★デビュー10周年記念アルバム『MUSE』発売特別企画!
加藤ミリヤ スタッフが登場。ミリヤセレクトの音楽を皆さんと共有します♪

10月31日(金)21:00~23:00 スマホ・PCから参加可能。
詳細はこちら

世界で1000万人が利用する音楽聴き放題アプリ“KKBOX”の「Listen with (一緒に聴く)」に加藤ミリヤ スタッフが登場。まずはKKBOXアプリをダウンロードし、時間になったら「一緒に聴く」タブから加藤ミリヤを選択!

「Listen with」参加はこちら

※Listen with……アーティスト自身が選曲する好きな曲・影響を受けた曲を流しながら、ファンとチャットを楽しむことができるKKBOXの独自機能。


ライブ情報

加藤ミリヤ 10th Anniversary “A MUSE” Tour 2015
詳細はこちら

加藤ミリヤ オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人