快進撃を続ける、ゲスの極み乙女。の“魅力がすごい”アルバム完成!

快進撃を続ける、ゲスの極み乙女。の“魅力がすごい”アルバム完成!

ゲスの極み乙女。

1stシングル「猟奇的なキスを私にして/アソビ」がオリコン・チャートのトップ10にランクインし、メジャー・デビューからわずか半年で、J-POPシーンの最前線に浮上した“ゲスの極み乙女。”。「歌詞は暗いんだけど、実はすごく前向きな作品」だと語る、初のフル・アルバム『魅力がすごいよ』について、全曲の作詞作曲を手掛ける川谷絵音(vo、g)に話を聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 金子厚武


全部そのゾーンに集約させたくなった


──『魅力がすごいよ』って、すごいタイトルですよね(笑)。

川谷絵音 最初は『魅力がすごいよ(笑)』っていうタイトルだったんですよ。「猟奇的なキスを私にして」からの流れで、よりポップなものにしたいとは思ってたんですけど、歌詞の内容は“(笑)”に則したものというか、これまでの流れを踏まえた皮肉っぽいものにして、第1章を完結させるっていうイメージだったんです。でも、そういう歌詞ってバンド名に引っ張られて出てきたもので、そもそも自分がやりたいことではなかったんですよね。なので、今回は何も考えずに好きなものを作ろうと思ったんです。

──結果的には、これまで以上にポップな作品になっていると思います。

川谷 今回、僕のポップ・スイッチみたいなのが入ったんです。“ここはこういうメロディじゃないとダメ”っていう、ストライク・ゾーンみたいなのが元々あって、最初の頃はそこから外れたものも入れようと思っていたんですけど、今回は全部そのゾーンに集約させたくなったんです。夏に向けてシングルを作っていたときは、“フェスで盛り上がる曲を作ろう”とか一瞬思ったこともあったんですけど、それは違うなあと思って。今後はホールとかでもやれるようなバンドになりたいです。これまでの作品からは想像できないかもしれませんが、今回の作品を聴いてもらえれば、イメージが湧くと思います。

逆に面白いかなって


──一方で、歌詞の内容はやや内省的なものになりましたね。

川谷 結構ひとりで作業をすることが多くて、鬱っぽかった時期もあったので(笑)、それが反映されてるとは思います。ただ、歌詞が暗くなったのは、別に後ろ向きだったわけじゃなくて、このバンドが自分を出したいと思えるバンドになったっていうことなんです。これまではindigo la End(川谷が所属するもうひとつのバンド)で自分を出していて、ゲスの極み乙女。でも自分を出してるつもりではあったんですけど、バンド名に引っ張られて皮肉っぽい歌詞を書いてたのが、「だけど僕は」(シングル「猟奇的なキスを私にして/アソビ」収録曲)を作ってからは、このバンドでもちゃんと自分を出したいと思ったんです。なので、このアルバムは暗いんだけど、実はすごく前向きなアルバムなんです。

──1曲目の「ラスカ」からして“今日もまた 嫌なことばっかり”って歌ってますけど、決して後ろ向きではないと。

川谷 これはアルバムでいちばん最後に作った曲で、最初はアルバムのなかで大事な曲になるとは思ってなかったんですけど、その部分の歌詞が最初からあって、レコーディングのつらかったときの心境とぴったりだったから、これはちゃんと形にしたいと思うようになって。ラップの部分が最初から高い音で始まるのも自分としては新鮮だったし、1曲目が暗いっていうのも逆に面白いかなって。

実はこういうのも好き


──「デジタルモグラ」に関しては、ちょっと皮肉っぽい部分も残っていますよね。

川谷 ネットをモグラに例えた歌詞で、まず「デジタルモグラ」っていうタイトルをつけました。あとで知ったんですけど、緊急地震速報のキャラクターとして、ホントに“デジタルもぐら”っていうのがいるそうです。結果論ですが、ダブル・ミーニングになりましたね。アレンジ的にはコード・ワークにかなり凝っていて、そこに当てるメロディもひと筋縄ではいかないものになっています。切迫感のあるイントロからは想像できない、サビの解放感がものすごく気持ちいい曲です。

──ストリングスが印象的なバラード「bye-bye 999」は特に新鮮でした。

川谷 フル・アルバムだからこういう曲があってもいいんじゃないかと思いつつ、僕も途中まで半信半疑だったし、メンバーも最初は“こんなのやって大丈夫?”って感じでした。でも、結果的にはメンバー全員これがいちばん好きな曲になって、エキセントリックなことをやる一方で、実はこういうのも好きっていうのが、この4人でやってる理由でもあるなって思いました。こういう一面ももっと出していきたいですね。

──では、最後に。今後のバンドの展望を教えてください。

川谷 根底の部分は変えずに、やりたいことをやっていこうと思います。メンバー4人ともキャラが濃いから、何をやっても受け入れられる間口の広さが強みだと思うので、あとは本当に、いい音楽を作って、聴いてほしいからやるっていう、ただそれだけでいいのかなって、最近は思っています。


リリース情報

2014.10.29 ON SALE
ALBUM『魅力がすごいよ』
unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN

J-141023-YS1

[完全生産限定ゲスなトート盤/CD+トートバッグ]¥3,500+税
[初回限定魅力的なプライス盤/CD]¥2,130+税
[通常盤/CD]¥2,800+税

詳細はこちら


ライブ情報

ゲスの極み乙女。全国ワンマンツアー“ゲスな魅力?”
詳細はこちら

オフィシャルサイト
 スペシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人