ワイルドでノリが良くて、かつセクシーと三拍子揃ったVAMPSの新録曲!

ワイルドでノリが良くて、かつセクシーと三拍子揃ったVAMPSの新録曲!

VAMPS

Part.03「REINCARNATION」「ZERO」「LIPS」

VAMPSのニュー・アルバム『BLOODSUCKERS』特集、第3回からは今作に収められた新録曲にスポットを当ててお届けします! まずは「REINCARNATION」「ZERO」「LIPS」の3曲について。これまでのVAMPSとはひと味もふた味も違った魅力をHYDE、K.A.Zに聞いてきました!

INTERVIEW & TEXT BY 本間夕子
PHOTOGRAPHY BY 田中和子(CAPS)


「ZERO」はどんな人でも笑顔でノレると思うんですよ

──ここからはシングル曲以外の新録曲について伺います。まずは1曲目「REINCARNATION」。これまでのアルバムとはかなり印象の違うオープニングですが。

HYDE もともとK.A.Zくんがいくつか作っていた曲の中にインストがあって。いい感じだなと思っていたんですよ。1曲目にするかはわからないけど、とりあえずどこかで使おうと思って。「ZERO」との絡みがよかったので「ZERO」が2曲目にくるなら、ここだなっていうのが最終的な決め手でしたね。

──K.A.Zさんは何をイメージしながら「REINCARNATION」を作られたんでしょう。

K.A.Z もともとインストにしようと考えて作り始めた曲なんですよ。例えば次の曲がバラードでもダンスでも、どんな曲がきても入っていきやすいような。これが入ることでちょっと景色も変わる気がするし。でもHYDEから“こんな感じの曲順はどうかな”って叩き台をもらったとき、これが1曲目だったのはちょっとびっくりしましたね。もっと攻撃的な曲で始まるのかな思っていたので。でも、これはこれで案外ハマってますよね。ファンの人が持っているVAMPSの印象とはだいぶ違うかもしれないけど。

C-141023-FY-2200

──「ZERO」もまたこれまでのVAMPSにはなかったタイプの曲で。

HYDE この曲こそオープニングっていう感じ。ようこそ、みたいな。今までのVAMPSとも違うし、アルバムの流れの中でもちょっと特殊な位置にあるというか……あえて言うなら序章みたいなイメージ。でも、だからこそ他の曲との温度差が生まれないように、アレンジや歌詞ではちょっとVAMPS寄りにして。そうすることによってアルバム全体の統一感を出したつもりです。

──K.A.Zさんが打ち出してきたこの朗々とした昂揚感が素晴らしいなと。

K.A.Z ありがとうございます。「REINCARNATION」の何かが始まる予感から、一気にフェードインして世界観が溢れ出す、みたいなね。これはたぶん、どんな人でも笑顔でノレると思うんですよ。覚えやすくてノリやすいっていうところを意識して作った曲なので。あと、ありがちな曲の構成を崩したいなとは思っていましたね。例えば1個のコードでどこまで曲の表情を変えられるか、景色を変えられるか。1ヵ所のループなんだけど、それがすごく心地よく感じられて、どの部分もサビに思えるような。

C-141023-FY-2204

必要なのはセクシーさだと気づいて“よしこれだ!”って作り始めた

──逆に「LIPS」は“これぞVAMPS”な1曲になりましたね。かなり最後の最後にできた曲だそうですが。

HYDE はい。「ZERO」のあとはやっぱりグイッとVAMPSの世界に持っていかないとポップな印象だけで終わってしまうじゃないですか。なので、ここはもっともVAMPSらしいワイルドでノリが良くて、かつセクシーな曲でいくしかないだろうと。ただ、この三拍子が揃うまでにはかなり試行錯誤しましたね。最終的に必要なのはセクシーさだと気づいて“よしこれだ!”って作り始めたんです。

──やっぱりセクシーさはVAMPSに欠かせない?

HYDE そうですね。どうしても忘れがちですけど。やっぱり根が真面目なので(笑)、ついつい真面目に作ってしまうんですけど、違うだろ? と。SEX BLOOD ROCK N’ROLLだろ? って初心に返る感じで。

──歌詞には言葉遊び的な面白さもありますね。“グーグーグー”とか“シッシッシ”とかカタカナが英詞に混ざっているのも記号的で面白いなって。

HYDE そうですよね、僕、ふだんはあんまりカタカナ使わないですし。このアルバム、海外向けのインターナショナル盤としても出すんですけど、そのときは全曲英語詞になるんですよ。でも、これは唯一、このままでいきたいなと思っているんです。“グーグーグー”はお腹が空いている音で、“シッシッシッ”はあっちへいけって追い払う言葉なんですけど、これって外国人は“Good Good Good”や“Shit Shit Shit”にも聴こえるっていう。外国人にとっての空耳も狙って遊んでみました。

──K.A.Zさんの、この曲の印象は?

K.A.Z VAMPSのロック感がものすごく出てる曲ですよね。ここでまたガラッと景色が変わるし、この曲自体のハードさがより一層伝わる曲順でもあって。ライブでみんなが暴れている光景がすごく浮かびます。

リリース情報

2014.10.29 ON SALE
ALBUM『BLOODSUCKERS』
Dellcious Deli Records 

J-141022-FY-2108

【写真:初回限定盤A CD+Blu-ray】¥4,500+税
【初回限定盤B CD+GOODS】¥10,000+税
【通常盤CD】¥3,000+税

詳細はこちら


ライブ情報

“VAMPS LIVE 2014-2015”
詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人