和田アキ子も公認!強烈なインパクトを放つ、D-LITE(from BIGBANG)流の“演歌”!?

和田アキ子も公認!強烈なインパクトを放つ、D-LITE(from BIGBANG)流の“演歌”!?

D-LITE(from BIGBANG)

Part.01 『でぃらいと』

歌を愛する気持ちが、誰にも負けないというほどに溢れ出しているD-LITE。そしてそこに“ジャンル”という壁もない。そんな彼が今回、年末の宴会シーズンを前に、忘年会などで盛り上がりそうな楽曲ばかりを集めたミニ・アルバムをリリースする! めいっぱい楽しいんでいるD-LITEを見るだけでも、心躍るはずだ。

PHOTOGRAPHY BY 加藤千絵(CAPS) INTERVIEW & TEXT BY森 朋之


レコーディングしてるときもガマンできなくて、何回か笑ってしまいました(笑)

──宴会企画ミニ・アルバム『でぃらいと』、めちゃくちゃ楽しませもらってます!

D−LITE ありがとうございます。良かったです(笑)。

──まずはこのアルバムのコンセプトについて教えてもらえますか?

D−LITE 今年のツアー(“D−LITE DLive 2014 in Japan 〜D’slove〜”)のときに「ナルバキスン (Look at me, Gwisun)」と和田アキ子さんの「古い日記」を歌いましたけど、すごく反応が良かったんですよね。それを受けて「年末の忘年会の時期に向けて、コンセプト・アルバムを作りませんか」というアイデアをもらって、僕も“あ、すごくいいな”と思って。

──なるほど。アルバムのジャケット写真もすごいですね(笑)。

D−LITE そうですよね(笑)。2008年に韓国で「ナルバキスン」をリリースしたんですけど、そのときの写真とほぼ同じなんですよ。“それを今のD-LITEが表現したら、どうなるだろう?”っていう。差があるのか、ないのか……。

──D−LITEさんはどう感じてますか?

D−LITE 着てる服のブランドは変わりました(笑)。顔はあんまり変わってないと思いますけど、雰囲気はちょっと違うかもしれないですね。今は若さがない(笑)。

──大人っぽくなった、ということですよね。

D−LITE ありがとうございます。いい表現ですね(笑)。

──(笑)。「ナルバキスン」の曲調は、韓国の伝統的なスタイルなんですよね?

D−LITE 「トロット」というジャンルですね。僕の両親はトロットが大好きなので、小さい頃から毎日聴いてたんですよ。親戚が集まるときは、トロットの曲を歌ったり、踊ったりもしてたし。そうすると、お金を稼げるんです(笑)。

──お小遣いがもらえた、と(笑)。やっぱり、子供のときから歌の素質があったんですね。

D−LITE というより、ノリが良かったんです。歌うのもすごく楽しかったし。このアルバムは本当にお母さんのおかげですね。「ナルバキスン」も良い曲だし、とても気に入ってます。作曲してくれたのはG−DRAGONさんですけど、みんなで冗談を言い合いながら作ってたんですよね。「トロットもいいね」「D−LITEに似合うよね」って話しているうちに、いつの間にか出来てたんです。

──ヒャダインさんが書いた日本語詞も楽しいですよね〜。

D−LITE めちゃくちゃ面白いですね! レコーディングしてるときもガマンできなくて、何回か笑ってしまいました(笑)。全部面白いんですけど、特にラップの部分は最高ですね〜。初めて聞いた日本語もいっぱいあったんですよ。“おつむ”とか“鼓動”とか。

リリース情報

2014.10.29 ON SALE
宴会企画 MINI ALBUM『でぃらいと』
えんか!!えいべっくす Produced by YGEX
DL_CD_DVD_main

[CD+DVD+GOODS/初回生産・数量限定:SPECIAL BOX仕様:D君パジャマ & 豪華ブックレット付き]¥9,180 [CD+DVD]¥3,024 

詳細はこちら


2014.10.22 ON SAL
LIVE DVD & Blu-ray『D-LITE DLive 2014 in Japan ~D’slove~』
YGEX
DLive2014DVD_jkt

[2Blu-ray+2CD]¥10,800 [3DVD+2CD]¥9,720

詳細はこちら


BIGBANG ベスト・アルバムをリリース!

2014.11.26 ON SALE
BEST ALBUM『THE BEST OF BIGBANG 2006-2014』
YGEX

詳細はこちら


LIVE情報

“BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015”

11月15日から、海外アーティスト史上初の2年連続日本5大ドームツアーを開催!

詳細はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人