グッドモーニングアメリカのメンバーがあんなことをされる衝撃的な展開のMV「in トーキョーシティ」は必見!

グッドモーニングアメリカのメンバーがあんなことをされる衝撃的な展開のMV「in トーキョーシティ」は必見!

グッドモーニングアメリカ

アニメ『ドラゴンボール改』エンディング・テーマとなったシングル「拝啓、ツラツストラ」も収録した、ニュー・アルバム『in トーキョーシティ』をリリースしたグッドモーニングアメリカ。日常の身近に起こった出来事をテーマに作られた今作についてボーカル&ギターの金廣真悟がたっぷりと語ってくれた。

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン


新しい挑戦もあったんですけど、それも背伸びしない範囲で収まれた

──ニュー・アルバム『inトーキョーシティ』は前作よりひと回り大きくなった、現在のグッドモーニングアメリカの等身大が見える作品になりました。

金廣真悟 ありがとうございます。僕も結果、そうなったなと思っていて。サウンド的にはシンセを増やしたり、生のバイオリンを入れたりと新しい挑戦もあったんですけど、それも背伸びしない範囲で収まれたというか。半歩前、一歩前に進めることができたと思っていて。

──前作と比べてバンド・サウンドもたくましさを増して、より強固になった印象でした。

金廣 各パートにも挑戦は毎回入れていて、レコーディングでも歌も演奏面も上手になった部分を感じるし、ライブを積み重ねてきてあうんの呼吸でできる部分もあるし。自分たちでも強固になった部分は感じますね。よく、レコーディングで苦労した話を聞きたがる人もいるんですが。僕たち、そういう部分の苦労は全然ないんです(笑)。

──でも今回、スケジュール的には、かなりギリギリまで制作していたみたいですね。

金廣 ただ、それもあってか、自分でもアルバムを聴くと歌詞がスッと入ってくるんです。身近なテーマをピックアップして、思っていることをそのまま歌っていたりするので、現在の気持ちに限りなく近いからだと思うんですが。

──前作よりパーソナルなことを歌っていますが、俺はそこに迷いが見えるのもすごく良いなと思って。「STAY WITH ME」のような今のままでいいと歌う曲と、「コールアップ」のような過去を懐かしむ曲、「ワンダーフルワールド」のような熱く燃えたぎる曲が交錯しているのがリアルだし、すごく人間らしいなって。

金廣 あ~、おっしゃるとおりだと思うし、その視点はすごく面白いですね! その矛盾がリアルだし、身近に感じる部分だと思うし。歌詞の書き方は変わらないんですけど、(寺岡)呼人さんと一緒にやるようになって、テーマや言葉のピックアップの仕方とかが、前より少し上手になってきて、歌詞を書くのも面白くなってきて。小さいテーマから書き始めて、細かいディティールも気になっていくうちに、どんどん足し算されていく感じがすごく僕に合っていて、書いていて面白いんです。

──呼人さんプロデュースの「夕暮れ」も「スクランブル交差点」も、曲を聴きながら景色や心象風景がハッキリ浮かびました。

金廣 「スクランブル交差点」は渋谷の交差点をイメージしたんですけど、題材としてはグドモ以前からあった曲で。サビ頭のメロディと“スクランブル交差点”って言葉もあったんですけど、“呼人さんと一緒にやりたい”と思って、今回ちゃんと形にした感じで。

──交差点を行き交う人々を見ながら自問自答して、“当たり前のように生きて 生きていくだけさ”と背中押すこの曲は、今だから説得力を持って歌えたかも知れないですね。

金廣 確かに。歌も上達していると思うし、今だから歌えるし、表現できた曲だと思います。

どれも身近なことを歌った“東京で起きたこと”を歌った曲ばかりだな

──ラストを飾るこの曲は、1曲目「inトーキョーシティ」から始まる物語を、希望をもって締めくくる意味合いもありますよね?

金廣 「inトーキョーシティ」は好きに歌っていて、よくこの曲をリード曲にしてくれたなと思うんですが(笑)。実はこの曲いちばん最後に歌詞を書いた曲で。最初、適当な歌詞を乗せて歌っていた時に“トーキョーシティ”とか、“加害者”、“部外者”って言葉が出てきて。“彼女はいつも被害者で 彼氏はいつも加害者で 見ている僕は傍観者”みたいな、もっと恋愛寄りの歌詞だったんですが。それだと歌いたいことと違うなと思って、方向性を変えていって。これがアルバムの表題曲になるなと思ったので、題名もすごく悩みました。

──作りながら、手応えを感じていたと。

金廣 今回、意味ありげなタイトルですけど、実はノーコンセプトで作っていて。『inトーキョーシティ』のタイトルが浮かんだ時、“あ、どれも身近なことを歌った、東京で起きたことを歌った曲ばかりだな“と思って、全部が繋がった気がしたんです。それは僕にとっての東京であって、聴く人によっては大阪でも名古屋でも良いんですけど、僕は“東京”って言葉でバシッとハマった感じがして。反対もされたけど、そこはワガママを通して(笑)。

──東京に多くの人の日常があって、気持ちが交錯していて。それを表現した「スクランブル交差点」でアルバムを締めるというのは、偶然にしてはできすぎなくらい美しいです。

金廣 そうですね。コンセプトも作らずに短期間で作り上げたら、一本筋の通ったコンセプト・アルバムのような作品になったのが面白いと思ったし、良かったなと思いました。

──ツアーで地方に行くことも多いと思うけど、この広い日本という視点で見た時、金廣くんにとって“東京”とはどんな街ですか?

金廣 答えとして合っているか分からないですけど、最近は東京がいちばん落ち着くんですよね。ま、沖縄も落ち着きますけど(笑)。東京に戻って来ると、「あ~、帰ってきた」ってホッとするんです。地方に行くことが多いからかも知れないですけど、東京インターを越えた瞬間に安心できる街になっちゃいましたね。

──この作品が象徴するように、金廣くんのリアルがある街が東京だと。

金廣 そうですね。この街で思ったことや感じたことが、現在の僕のリアルですね。

リリース情報

2014.10.22 ON SALE
ALBUM『in トーキョーシティ』
日本コロムビア 

J-141007-FY-2154

【写真:初回限定盤CD+DVD】¥3,048+税
【通常盤CD】¥2,667+税

詳細はこちら


ライブ情報

“inトーキョーシティツアー 2014-2015”

詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人