ぶっちゃけ、テレビ番組からデビューしたアーティストは売れてるの!?

2014.10.25

TEXT BY 石上直美(verb)

オーディション番組『Xファクター』が輩出したアーティストの“いま”が気になる!

 2004年にイギリスでスタートしたオーディション番組『Xファクター』。イギリスでは、視聴率が60%を超える年もあったほどのモンスター番組です。何万人という応募者の中からガチのオーディションで勝ち上がった優勝者は、超高額の賞金とCDデビューが約束されるというなんとも夢のある内容。アメリカ版が2011年にスタートし、日本では「FOX TV」で放送されていました。さらにポーランド、オーストラリア、ベルギー、コロンビア、チェコ、デンマーク、ギリシャ、アイスランド、イタリア、オランダなど、舞台を世界各地に広げてさらなる才能を発掘しています。日本でも“X FACTOR OKINAWA JAPAN”が開催されて話題になりましたね。
 さて、番組からCDデビューしたアーティストたちは、今、どうしているのだろう? ということで、さっそく調査しました!

●レオナ・ルイス

本国版2006年の優勝者。『Xファクター』史上最も活躍しているアーティスト。デビュー後も映画『アバター』の主題歌「I See You」のボーカルを担当するなど、確実にキャリアを築いています。

●ワン・ダイレクション

本国版2010年、第3位のワン・ダイレクション。この5人組のボーイズ・グループは優勝こそ逃したものの、甘いルックスで瞬く間にスターダムへ。日本の女の子からの人気も高く、公式ストア「1D WORLD JAPAN」が東京と大阪にオープンしています。

●リトル・ミックス

本国版2011年の優勝者、リトル・ミックス。4人組の女性アイドルグループで、「ワン・ダイレクションの妹分」と言われている彼女たち。リリースしたシングルがすべて大ヒットし、動画再生回数も2億回を超えるほどの人気です。全米デビュー・アルバム『DNA』は、アメリカ・ビルボードチャートで初登場第4位を獲得!

苦戦したアメリカ版は放送終了に……

 アメリカ版はというと、カントリー歌手のテイト・スティーブンス、ガールズ・グループのフィフス・ハーモニーらがデビューしていますが、本国版ほどのムーブメントにはなりませんでした。そんなアメリカ版ですが、シーズン3をもって放送終了! アメリカ国内で既に、オーディション番組『アメリカン・アイドル』が支持されていたことが原因かもしれませんね。

 とはいえ、全くの素人がスターになるまでを見守る楽しみは、オーディション番組ならでは。イギリスでは2014年版がスタートしており、YouTubeのオフィシャル・チャンネルから一部を視聴することができます。ジョン・レノンの「イマジン」で喝采を浴びたローラ・ソウンダーズ、ホイットニー・ヒューストンの「One Moment In Time」を見事に歌い上げたアンドレア・フォウスティーニなど、これから世界的なアーティストになるかもしれない自分だけの“推しアーティスト”を見つけてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人