「UNDER ARMOUR」のCM曲も収録した、Hello Sleepwalkersのニュー・アルバム!

「UNDER ARMOUR」のCM曲も収録した、Hello Sleepwalkersのニュー・アルバム!

Hello Sleepwalkers

ニュー・アルバム『Liquid Soul and Solid Blood』をリリースしたHello Sleepwalkers。好きなサウンド、ストーリーを好きなように詰め込み完成した今作と、11月からスタートする自主企画イベント・ツアーについてを、ボーカル&ギターのシュンタロウに語ってもらいました!

INTERVIEW & TEXT BY 大前多恵


“やったことのないことをもっとやろう”と思ってできた1枚

──前作『Masked Monkey Awaking』は、ライブを意識してストレートに作った、と語られていました。今作はどんな想いを持って制作に向かったのですか?

シュンタロウ 今作は本当に、全然ライブのことを考えてなくて(笑)。前作を録り終わった後、「すぐに次を出そう」ということになったので、それ以降に作り上げた曲をそのまま、どんどん入れて行ったんです。もちろん、バンドだからライブはやらないといけないですし、必要なんですけど、それに縛られ過ぎると曲を作っていてつまらなくなってくるんですよね。ひとつの作品として面白いものを自由に作った後で“ライブでどうやるか?”を考えても全然問題ないな、と。逆にそのほうが、ライブでの見せ方の幅も増えるかもしれないし、いい意味で(リスナーを)裏切りたいし。でも、そうやって好き勝手やっていたら、リード曲がないことに気づいて……(笑)。「百鬼夜行」は最後に作った曲です。僕らっぽいというか、バンドっぽい曲もひとつあったほうがいいかな?と。

──「百鬼夜行」の歌詞は、相変わらずユニークな世界観ですよね。これだけいろんなものが目に見える時代において、目に見えないものの存在に迫っていく姿勢が貫かれていて。天狗や河童、ゴーストなどを登場させ、「集え」と呼びかけたのには、どんな想いが託されているんですか?

シュンタロウ やっぱり、僕の性格的に飽きっぽくて、予定調和でやりたくないな、という想いが根本にあるんですね。目に見えないものは、その延長線上にあるというか。僕は“分からないこと”が好きなんです。だから今作は、“やったことのないことをもっとやろう”と思ってできた1枚だし。その想いは、“さあさあ集え”と得体の知れないものたちに呼びかけるところに繋がっている、とは思います。

──予定調和でやりたくない、というのはハッとさせられる言葉ですが……?

シュンタロウ 難しいんですけどね。予定調和で行きたくないとは言えど、バランスは取らないといけないし。ノイズだけの音源だってできると思うんですけど、それだとやっぱり、僕としても聴く気にならないので。だから、バランスは取りながら、ではありますけども。

──なるほど。6曲目の「Ray of Sunlight」が素晴らしくて、日本という枠を飛び出そう! という迫力と、楽曲の持つスケール感に圧倒されたのですが。

シュンタロウ そうですか? 英語だからかな?(笑)CM曲として書き下ろしたので、「全編英語で」というオファーは先方からあったんですけど、その点以外は自由に書いた曲です。最後のほうのガーッとバンドで鳴らしている部分の音は入ってなかったんですけど、曲の展開的にも、対比があったほうが映えると思って、最後に付け加えました。こういう、ずっと曲調がゆったりしていて最後にドン! とくる曲は、たしかに今までなかったかもしれないですね。

抱えている苦しさを溜め込んでギラギラしている感じにしたかった

──2曲目「Worker Ant」はダンサブルで、新しさと懐かしさとが混在していてユニークです。

シュンタロウ これは機材が変わった時に出来た曲ですね。MTR(マルチ・トラック・レコーダー)で前作までは作っていたんですけど、最近パソコンを買ってLogic Pro9というソフトウェアで作るようになったんです。今まで使えなかったデジタルな音、例えばエレキドラムなどがそこに入っているので、“あ、これ面白い”と思いながら、おもちゃで遊ぶみたいな感じで作りました。

──攻撃的な歌詞も気になりますけど、自然に湧いてきたんですか?

シュンタロウ 僕はひねくれているみたいで、みんなでワイワイやって苦しさを紛らわす感じではまったくないんですよね。この曲は、抱えている苦しさを溜め込んでギラギラしている感じにしたかったんです。酔っ払っている時に、街を歩きながら聴きたいですね(笑)。

──「周りは敵だ」というような尖った主人公ですよね?

シュンタロウ 敵だ、というわけじゃないですけど(笑)。この曲は、笑いながら作っていたんですよ。自分としては、かなり好きです。……前のアルバムでバンドっぽい曲をやって、今回はこういういろんな要素が入ったアルバムを出す、というのは、自分たちとしては進んでいるつもりなんですけど、どう捉えられるかは分からないですよね。もう、好きなものを好きなように入れて、音楽的に“これって面白くない?”という提示をするだけだと思うんです。だから、今作で原点に返った感じが強いかな? と思います。

──『Liquid Soul and Solid Blood』というアルバム・タイトルには、どんな想いを?

シュンタロウ 曲が揃ってからいちばん最後に付けたんですけど、今回は独自のストーリーがちゃんとある独立した6曲だったので、それをうまく表せる言葉はないかな? という時に、“Soul”という言葉が出てきて。主人公は人間だけではなく、妖怪もいたり、5曲目の「デジ・ボウイ」の機械みたいなヤツもいたりするけど、Soulという言葉はすごく合うな、と思ったんですよね。

──曲の主人公は全部、シュンタロウさんの分身ですか?

シュンタロウ どの曲にもやっぱり僕の意志は入っていますね。架空の主人公だったとしても、その人を通して何かを言い、提示しているので。分身と呼んでもいいのかな? 仲間、かな? 僕の血は入っていますよね、絶対に。

──どんどん曲を生み出して行くことによって、自分自身のことが分かっていく感覚はあります? 自分のことを知りたいから作っている、とは言えませんか?

シュンタロウ どうなんだろう? それはないような気がします(笑)。楽しいものを突き詰めて行くと、そこに自分の感情なり、メロディーに対する想いみたいなものは入っていて、それに後から気づく、みたいな感じですね。まだまだだなぁ、と思うので、もっと掘り下げたいです。

──11月からは自主企画イベントツアーも始まります。どんな準備をしていますか?

シュンタロウ このアルバムの曲をどうやるか? どう今までと違う見せ方をするのか? と、今考えているところです。「Worker Ant」は(音源通りの再現が)いちばん難しくて、どこをどう弾いて、新しいセクションをどう足すのか? とか、いろいろと試行錯誤しています。2回目の作曲みたいな作業ですね。僕は、いろんな要素が詰まっている音楽のほうが、聴く側としても作る側としても楽しい、と思っていて。だから、そこをもっと突き詰めていきたい。例えば、ハンドマイクで歌う曲がもっと増えたり、パットだとか、何か違う楽器を持つことになったりするのかもしれないですけど、“そういう曲もあっていい”と思っていて。その足掛かりになる、自分も好きな1枚を作ることができたので、うれしいですね。

リリース情報

2014.10.22 ON SALE
ALBUM『Liquid Soul and Solid Blood』
A-Sketch 

J-141016-FY-1915

【写真:CD】¥1,700+税

詳細はこちら


ライブ情報

Hello Sleepwalkers presents“走りだす生命体TOURS”
詳細はこちら


オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人