グッドモーニングアメリカ/當山みれい/カメレオ/ラックライフ

グッドモーニングアメリカ/當山みれい/カメレオ/ラックライフ

ハロウィン目前!今までやったorやられたいたずら

Part.1 いたずら

インタビューを行ったアーティストに、共通テーマで語ってもらう企画。今回は、ハロウィン目前ということで「今までやったorやられたいたずら」特集。こんな一面もあるんだ!! と、あらたな発見があるかも!?

【今後の登場予定アーティスト】Charisma.com/TEMPURA KIDZ/GRANRODEO/KEYTALK/赤い公園/安田レイ/ギルガメッシュ/READ ALOUND/ONE☆DRAFT/大柴広己/Little Gree Monster/LEGO BIG MORL/Hello Sleepwalkers/図鑑/DOG inTheパラレルワールドオーケストラ


グッドモーニングアメリカ

M-141007-FY-2153L→R たなしん(b、cho)、渡邊幸一(g、cho)、金廣真悟(vo、g)、ペギ(ds、cho)

金廣真悟(vo、g)

誕生日にサプライズをするのがメンバー間で流行ったことがあって。コウちゃん(渡邊幸一)の実家にビデオレターを渡しに行ったんですけど、バイトに行っている間に勝手に部屋に入って。部屋のなかでシャボン玉をやったり、隠してあったエロ本をぶち巻いたり、丸めたティッシュを散らかしているのを写真撮って、「ありがとうございました」って帰ったんですけど。こっそり隠れていてリアクションを見たりしないで、驚くけど誰もいないってところまで含めて、サプライズなんです(笑)。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト


當山みれい

M-141001-YS2

いたずら……というよりも、サプライズな出来事ならあります! 7月にやってもらった自分の誕生日。仕事終わりに帰ろうとしたら、いきなりスタッフのふたりに「カラオケに行こう!」って誘われまして。「なんで、このふたりとカラオケ?」って思ったんだけど、部屋のドアを開けたら、大勢のスタッフが「おめでとう〜!」って迎えてくれて、もう絶叫! まんまと騙されたけど、めっちゃうれしかったです。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト


カメレオ

C-141014-BA-2000

HIKARU.(vo)

R-141010-YS15

小学生の頃はよく落とし穴を作ってましたね。穴を掘って、その上に新聞紙敷いて、そのままにして帰っちゃうみたいな。学校で問題になるぐらいハマってました(笑)。カメレオではメンバーと食事してるときにTakashiの携帯に(お寿司の)ガリを盛ったことがあります。

Takeshi(ds)

R-141010-YS12

昔のことで覚えてるのは小学校1年生のとき、RPGにハマってる友達がいて、一緒に遊べなくて面白くないから体を伸ばすふりして、ガンって彼のゲーム本体を蹴ったら、それまでやってたゲームの記録が全部消えたらしくて。めっちゃキレられたことがありましたね。

Kouichi(b)

R-141010-YS14

僕はツアー中、仙台で飲みに行ったとき、酔っ払って楽しくなっちゃって。ホテルの部屋に帰ってもまだ飲み足りなかったんでしょうね。Takashiと一緒の部屋だったんですけど、なぜか手に持っている緑茶ハイを寝ているTakashiにジャバジャバかけちゃったことがありました(笑)。

Takashi(g)

R-141010-YS13

そんな僕はツアー中、メンバーを起こす係をしていたことがあったんですよ。それがモーニング・コールならぬ“モーニング暴力”(笑)。寝ているメンバーのベッドを無理やり倒すんですけど、横じゃなくて縦に倒すんです(笑)。

Daisuke(g)

R-141010-YS11

僕は“モーニング暴力”で、Takashiくんに布団をめくられて、すね毛をライターで燃やされました(笑)。寝てるからボーッとしてるんだけど、なんか足下が熱くて……。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト


ラックライフ

M-141010-YS2-BAL→R たく(b)、PON(vo、g)、LOVE大石(ds)、イコマ(g、cho)

PON(vo、g)

僕ね、小学校の卒業文集のタイトルがなぜか「友達としたいたずら」って書いてて。最後の記念すべきものになんてもん書いてるんやろうって思いましたね(笑)。内容も“夕方5時に学校に侵入して肝試しをする”とか。いくら小学生で下校時間が早いっていっても、夕方5時ってまったく暗くないじゃないですか。大人になって見ると、くだらんなぁって思いますね。

最新インタビューはこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人