体育会系営業マンに聞いてみた!部署内カラオケで定番の曲

PHOTO:© alphabetMN – Fotolia.com

体育会系部署なら知っておきたい、上司受け&盛り上がり度抜群のカラオケソング


ノルマ達成のために朝から晩まで働く体育会系営業マン。そんな彼らにとって部署内カラオケは必須行事だ。売り上げ目標達成に向け結束を高める(という名目で暴力的な強制参加に耐える)ために、歌わなければならんのだ!

そんなときの定番曲は存在するのか。携帯電話の代理販売を行う某大手企業に勤める青柳さん(30代男性)に話を聞いてみた。

「決起会と名を打って部署内カラオケは毎月行われ、そこで結束を高めるために歌う曲があります」と青柳さんは話す。同氏が選ぶ「体育会系営業マンの部署内カラオケの定番曲」は次の通り。

◎スピッツ「空も飛べるはず」

「歌詞とかあんまり関係なく、おじさん世代の上司ならだいたい知ってるので選曲します。比較的皆で歌えるし、穏やかな曲なのでカラオケの序盤におすすめです。まずはこの曲で場を温めましょう」

◎長渕剛「とんぼ」

「この曲はおじさん世代の上司がいたら必須です。体育会系の営業マンは皆で肩組んで歌いたいんです。この曲を知らない人はぜひ覚えてください。選曲した時点で上司からの印象はかなり上がりますよ」

◎AKB48「ヘビーローテーション」

「体育会系営業マンのおじさん上司は、結構若い女の子のアイドルが好きなんです。その中でも、皆で歌って結束を高める曲といえばこの曲です」

ほかにも、岩崎良美「タッチ」や影山ヒロノブ「CHA-LA・HEAD-CHA-LA」などのアニメ曲や、ZARD「負けないで」やゆず「栄光の架橋」などの応援ソングも定番曲として存在するそう。

青柳氏によると、体育会系の営業マンの部署内カラオケでの選曲基準は「優先順位の1位は、上司が知ってる曲。次は皆で歌える曲。その次はとにかく皆で叫べる曲。体育会系なので。あとは、応援ソングを選ぶと結束力は高まります」とのこと。

体育会系営業マンは縦社会。部署内カラオケでは、まずは上司の知っている曲を入れて気持ち良く歌うことが重要だ。そして、定番曲を率先して選曲することで、部署の結束を高めると同時に自分の良い印象を与え、昇進のチャンスもゲットしてしまおう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人