心を奪われる“禁断の恋”を歌った三代目JSBの秋シングル!

心を奪われる“禁断の恋”を歌った三代目JSBの秋シングル!

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

Part.01「C.O.S.M.O.S.」①

驚異的な再生回数を更新し続けている三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの秋シングル「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」。それだけに彼らへのそして、この楽曲への期待がどれほどに高いかがわかる。そんな7人と曲について詳細に掘り下げる!

PHOTOGRAPHY BY田中和子(CAPS) INTERVIEW & TEXT BY松浦靖恵 HAIR & MAKE BY千絵 STYLING BY葛西“JUMBO”克哉


“踊れるバラード”は、三代目 J Soul Brothersの真骨頂だと思っている

──「S.A.K.U.R.A.」「R.Y.U.S.E.I.」に続く、春夏秋冬シリーズ第三弾シングル「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの王道を見事に受け継いでいるバラードですね。

登坂広臣 三代目 J Soul Brothersは、これまでR&B、ミドル・テンポ曲、EDM、バラードなど、いろんなタイプの楽曲を表現してきたし、いろんな曲を表現できるのが三代目の“らしさ”、“自分たちの武器”だと思っていて。熱狂できる攻めたサウンドで盛り上がれる前作「R.Y.U.S.E.I.」も三代目らしい曲でしたけど、「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」の歌の世界観やパフォーマンスも、僕らの“らしさ”を最大限に魅せることができたバラードだと思います。

今市隆二 「花火」や「冬物語」のような“踊れるバラード”は、三代目 J Soul Brothersの真骨頂だと思っているので、「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」は僕ら7人の魅力を十分に楽しんでもらえると思います。

山下健二郎 初めて聴いた瞬間に、男らしさと色気を持ったダンスがマッチする曲だと思ったし、パフォーマーが踊っている姿をすぐにイメージできたので、これからも大切に温めていくべき曲になるんだろうなと思いました。

NAOTO 僕らのデビュー曲「Best Friend’s Girl」は、秋にリリースしたミディアム・バラードでしたし、その翌年の秋にリリースした「リフレイン」もミディアム・バラードだったせいか、「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」は新曲なのに、どこか懐かしい感じがしました。これぞ三代目の王道スタイルというか。僕の中では初心に立ち返れた新曲でしたね。

──王道や真骨頂であるがゆえに、新しい曲では成長している自分たちの姿を見せなければいけないという思いがあったのでは?

登坂 踊れるバラードを三代目らしい曲だと認めてくださっている方たちがいてくれるからこそ、それまでの三代目らしさに甘えることなく、更にその上を行く歌とパフォーマンス、自分たちが成長している姿を見せなければいけないと思っていたので、気合いが入りました。

今市 2014年は春夏秋冬をテーマにした、4つの季節に似合う楽曲をシングルで連続リリースするので、それぞれの楽曲で自分たちの旬を見せることができる。ソロ活動や単独ツアーを経て、個々の力がより増してパワーアップした7人が揃った時の姿、進化した“三代目感”を感じてもらいたいと思っていました。

登坂 今年は“EXILE TRIBE PREFECT YEAR”という大きなテーマを掲げた中で、1年を通したすべてのビジョンが見えているし、そのテーマを軸にした楽曲やパフォーマンスを一つひとつ作っていくのは初めての試みなので、とてもやりがいがあります。

NAOTO 2014年が始まってから現在に至るまで、三代目 J Soul brothersは、自分たちが想像していた以上に、本当に理想的な形になっていて。単独ツアーをやったことで、自分たちにとってライブはいちばんの強みであるということ、そして、ファンの皆さんにいちばん喜んでもらえる場所なんだということを、それぞれのメンバーが再確認できている。そんなライブで成長した7人の姿を見せることができた「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」は三代目への期待が膨らむ曲だと思います。

三代目 J Soul Brothersは最高のグループだな、僕は三代目が大好きだと思いました


──たとえば、「バイキング」で司会(フジテレビ系11:55〜火曜日を隔週で担当)をしているNAOTOさんや映画『ホットロード』に出演している登坂さんを見て三代目に興味を持った方が、初めて手にする三代目のシングルが「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」かもしれません。

登坂 どの部分を切り抜かれても、僕らが皆さんに届けるものはすべて三代目だと思ってます。それができるのが三代目だと思っているので、どんなきっかけから入ってこられても、初めて聴く曲がどの曲でも、これが三代目 J Soul Brothersです! と、自信を持って言えますね。

岩田剛典 これまでも僕らはひとつの場所に留まらずに、いろんな三代目を見せてきたけれど、これからも皆さんを驚かせたいし、七変化する三代目をもっと好きになってもらえたらうれしいです。

NAOTO 司会は初めての経験だったので、最初はずいぶん緊張していたんですけど、回を重ねるうちにハートが強くなってきたような気がします。僕に限らず、ソロ活動をすることで、三代目J Soul Brothersや自分を少し離れた場所から客観的に見ることができたり、三代目としての役割りをしっかりと果たそうという思いがより強くなる。

小林直己 ソロ活動後にグループに戻ってきた時、ひと皮向けた成長した姿を見るのが楽しみですし、その姿を見ると刺激を受けますね。さっき撮影をしている時、臣が「みんな、落ち着きましたよね」なんて言っていて(笑)。でも、それは落ち着いたんじゃなくて、デビューした頃は空回りしてしまうくらいの気合いを入れて頑張らないと見せられなかった部分が、今はいい意味で肩の力を抜いて見せられるようになったってことなのかもしれないですね。デビューからの月日の中で様々な経験を重ねてきた僕らが、今ここにいるんだなと、改めて思いました。

今市 それぞれの個性がより強くなってきたし、その個性のバランスが、今、とてもいい状態なんです。やっぱり、三代目 J Soul Brothersは最高のグループだな、僕は三代目が大好きだと思いました。

リリース情報

2014.10.15 ON SALE
SINGLE「C.O.S.M.O.S.〜秋桜〜」
rhythm zone
[CD+DVD]¥1,800+税 [CD]¥1,200+税

 詳細はこちら 


LIVE情報

EXILE TRIBE PERFECT YEAR LIVE TOUR TOWER OF WISH 2014 〜THE REVOLUTION〜

2014.10.24 (金) 京セラドーム大阪
2014.10.25 (土) 京セラドーム大阪
2014.10.26 (日) 京セラドーム大阪
2014.11.14 (金) 西武ドーム
2014.11.15 (土) 西武ドーム
2014.11.16 (日) 西武ドーム
2014.11.29(土)東京ドーム
2014.11.30(日)東京ドーム
2014.12.13 (土) 福岡 ヤフオク!ドーム
2014.12.14 (日) 福岡 ヤフオク!ドーム
2014.12.20 (土) ナゴヤドーム
2014.12.21 (日) ナゴヤドーム
2014.12.28 (日) 札幌ドーム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人