アーティストがお手本!メイクテクを盗めば恋も仕事もうまくいく【猫目編】

PHOTO:© tomocam – Fotolia.com

プロに聞いた! アナタの目に合わせたアイ・メイク術

「流し目を使う」という言葉があるように、異性の気を引くような“目力”は、古来より多くの男性を魅了し続けてきた。それだけにアイ・メイクをしっかりと使いこなし、魅惑の目力を手に入れた女性こそ、年内に恋愛を成就できると言っても過言ではない。

「目は顔のパーツの中でも最も重要と言っていいでしょう。アイ・メイクをさぼるような女性は、自らモテるチャンスを放棄しているも同然!」と教えてくれたのは長年メイクを担当してきた美容師の山中道子さん。

「今年の秋冬メイクは、主役が口もとから目もとに移り変わっているという理由からも、ぜひアイ・メイクに重点を置くべきです。もし、参考にするなら流行に敏感なアーティストのアイ・メイクをしてみてはどうでしょう」(山中さん)

今回は、男性をドキッとさせるアイ・メイクの代表格「猫目」に焦点をあて、お手本になるアーティストを選出、指導していただいた。

◎山本彩(NMB48/AKB48)

「目じりからのラインを落とさず、持っているラインをそのまま生かしながら強調させた猫目です。大きく丸い縦幅の大きい目に、しっかりとしたアイ・ラインが引かれ、少しつり上がった目がセクシーさを際立っていますね。目の縦の幅がない人が真似する場合、目のアイ・ラインをいつもより太くひいて、幅広いアーモンド形をめざしましょう。かわいくて魔性な女を印象付けられます」

◎西内まりや

「獲物を逃さない“獣”のような勢いが出ていますね。仕事や恋でここいちばんの時に最適な自分への“応援メイク”にとてもいいですね。上のラインを太めに、目じりはさらに太めに上げてみましょう。また下のラインは、くっきりとアーモンド形を意識して、上のラインと結びます。ポイントは、太いラインで通常のメイクよりも目じりを上げること。ぜひ、合コンや意中の彼とのデートに試してみてください」

◎横山由依(AKB48)

「このタイプの猫目は、猫目でも印象はきつくなく、かわいらしくしていますね。そんなやわらかい猫目を作るには、上のまぶたのラインは幅を広げながら上に向かい半円に、下のまぶたは書かないでシャドウでぼかすといいですね。もちろん、ぼかし方もアーモンド形を意識しましょう。それぞれ末尾を結べば完成です。この猫目はグッとひきつける目力と、癒し効果も兼ね備えているので、非常におすすめですよ!」

目の幅が広く、黒目がくっきりとビー玉のように立体的に光り、吸い込まれるような感覚に陥る猫目。男性を惹きつけるには最適といえるようだ。猫目を作る基本は、「とにかく目の縦の幅を大きくして、アーモンド形に目じりをあげること」と山中さん。実践してみてほしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人