あの男性アーティストにグッと近付くヘア・スタイル【面長顔編】

PHOTO:© Yeko Photo Studio

美容師に聞いた! 顔型に合わせてあのアーティストのヘア・スタイルを参考にする!!

本格的な秋の行楽シーズンを前に、意中の女性を誘ってデートを計画中という人も少なくないはず。デートにおいて、少しでも印象を良くするために、やるべきことは多々あるが、まずは今のヘア・スタイルを見直してみてもいいかもしれない。

「服装や振る舞いがどんなに良くても、髪型に清潔感がなかったり、顔の形に合った髪型でなかったりすると印象が台なしになってしまいます。トレンドに沿いながら個性的なアーティストの髪型をまねてみるのもひとつの手ですよ」というのは美容師の山中さん。

特に男性の場合、メイクをしない分、顔をより良く見せるためにも、ヘアメイクが重要になってくると山中さんは指摘。そこで、今回は面長の人が参考にしたいアーティストを詳しく解説して頂いた。

◎DAIGO

「目のあたりまで下に髪をたらし、片方は短くしていますね。前髪を思い切って長さと分量を帰ることで、中性的な色気とミュージシャンらしさがよく出ています。髪型が自由な職場や学生にはいいかもしれませんね」

◎亀梨和也
「大人の男らしさが強調されるのが面長の大きな特徴です。彼の場合は反対に、前髪を落とし面長を隠すことでかわいさを演出することで、シャープなあごが強調されて、非常に若々しい印象に仕上がっています。いわゆる“モテ髪”と言っていいと思います。女の子がやってもいいくらい中性さが際立ちますからね(笑)」

◎岡田准一
「面長は男らしさと同時にきつい印象になりがちです。それを懸念してなのか、彼は横分けで適度におでこを隠し、サイドを短く、襟足は長めにしています。そうすると、あごのラインがきれいにみえて、大人の男の色気を匂わせることができるんです。大人の男を演出したい時は、年齢関係なくおすすめできる女性ウケの良い髪型だと思います」

「面長を隠したい人は、前髪でおでこを隠して、えりあしを長くするとバランス良く、中性的な小顔になります。面長を全面的に出して男らしさ魅力を出したい人は、おでこを出して横にボリュームをなくし、もみあげを長くするのがポイントです」と山中さん。自分の最適な見せ方をぜひ見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人