ロック界の奇行師・アルカラが生み出した、あらたな“顔”!

ロック界の奇行師・アルカラが生み出した、あらたな“顔”!

アルカラ

火花を散らすスリリングなバンド・アンサンブル、奇想天外かつカオティックな曲展開と世界観──自称“ロック界の奇行師”ことアルカラのニュー・アルバム『CAO』は、バンドの破格のスキルと独創性をいかんなく発揮した痛快作に仕上がっている。そんなツアー中の彼らにメール・インタビューで手応えを聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY 奥村明裕


良い意味でありのままの、アルカラらしい直球

──これまで以上にダイナミズムに満ちたサウンドで、ロック・バンドとしてのカタルシスを存分に味わわせてもらいました。

稲村太佑 そうですね。今回はロックでストレートというのを念頭において制作していったのですが、実際これまでにいろんな側面を見せてきたアルカラだからこそできるストレートと言うか、結成12年、干支でいえば一周してきたからこそできる円熟さもうかがい知れる作品になったんではないでしょうか。

疋田武史 背伸びすることなく、自分自身を表現することができたアルバムになったと思います。良い意味でありのままの、アルカラらしい直球を見せることができたと思います。

下上貴弘 よくやりきれたなぁという感じで。なかなか聴きごたえのある作品になったんじゃないかなと思います。

田原和憲 やってきたことを踏まえたうえで、アルカラでの自分なりのロックが表現できたのではないかと。 こういう感覚は初めてなので、今まで以上に手応えは感じました。

──まだアルカラを体感したことのない読者に、このアルバムと自分たちを売り込むとすれば、なんと伝えましょう?

疋田 アルカラのピュアな部分とひねくれた部分がうまく両面性として表現できたアルバムになったので、今作を聞いて気に入ってくれた方はどんどん過去の作品に遡って聴いていただくと、よりアルカラを理解してもらえると思います。

稲村 アルバムのタイトルが『CAO』やし「買お」です。あ、冗談です(笑)。

──今作のライブ感溢れる熱量やダイナミズムには、昨年のキャリア最大級のツアーの成果がありありと感じられます。やはり手応えはありました?

稲村 そうですね。何度も足を運ぶ土地も初めて行く場所も、各地こんなに届いているんだってビックリしました。神戸で初めてステージに立った日から思うと、ものすごく感慨深いものがあります。アルカラを支え広めようと頑張ってくれるスタッフや、12年変わらずアルカラを支えてきてくれたライブ・ハウスやそこに集まってくれるみなさんのおかげだなと、ひしひしと肌身で感じました。

──前作は「おとぎ話」という明確なテーマがありましたが、今回はどんなテーマやコンセプト設定があったんですか?

稲村 前作との対比というものをすごく意識したところがありますね。前作が「おとぎ話」というテーマから“幼い”とか“ファンシー”な側面も出ていたので、今回は冒頭でもあった通り「ロックでストレート」、さらに「大人っぽい」という漠然としたテーマ性が制作前からありました。ただ「ロック」とか「大人っぽい」って“一体何ぞや?”っててなるじゃないですか(笑)。ただ漠然としてる感じだからこそ、逆にメンバーがそれぞれで解釈してアレンジ面でうまく生かせたのではないかと思います。

「想像」や「妄想」を促すのも音楽の役目のひとつだと思っております!

──リード・トラックの「アブノーマルが足りない」には、今の音楽シーン、ひいては社会全体に対する強烈なアンチテーゼとフラストレーションを感じました。この曲は、どういった経緯で生まれたのでしょう?

稲村 ずっと一緒にツアーなどやってきたELLIOT.C、神戸を一緒に盛り上げてきたHippogriff、先輩でずっと神戸を引っ張ってきたOUTASIGHTなど、僕らの周りには面白くて、アブノーマルでいてかっこいいバンドがたくさんいたんですよ。何かそういう彼らと一緒にやってきた時代は失うものもなかったからか“突き抜けてた”感じがあって、ツアー先のガラガラなライブ・ハウスでも強烈なパフォーマンスをお互い見せ合って切磋琢磨してきたんですね。そうしているうちにどんどん良いバンドたちと出会って、また「負けないぞ」みたいになって。でも、バンドって継続することの難しさってあるじゃないですか? 同年代がたくさん解散していって。解散していった神戸や各地のバンドたちの思いとかも受け継いで、なんか背負った気持ちになった……そういうところが大きいですね。

──「アブノーマルが足りない」という刃は自らにも向けられているように思いました。つまり、何か大きな流れに絡め取られぬよう、自分たち自身をもっと異化していかなくてはという危機感のようなものを感じたりもしたのですが……。

稲村 今はなんでもすぐに情報が共有できる便利な時代になりましたが、そのぶん、“何かに寄っていないと怖い”とか“あいつの考え方はみんなと違ってる”など、群集心理に苛まれる不便な時代でもあるなって思います。そんな時だからこそ「アルカラらしさ」や「自分」というものを堂々と発信していけばいいんじゃないかなって思います。

──この曲のPVも、人間の本性を暴くようなぶっ飛んだ内容ですごく面白かったです。

下上 のどかな幼稚園と田原の髭のギャップが楽しかったです。あと、田原のロンゲがTシャツのチェゲバラの髪の毛のように見えてきて、笑いをこらえるのが大変でした。

疋田 演奏シーンを先にとって、役者さんが演技するシーンは現場で見られなかったので、自分でも完成するまでどんな作品になるのかわからなくてドキドキしました。出来上がりは、想像以上にぶっ飛んでいて面白かったです。

──レコーディング中で、とりわけ印象に残っていることは?

下上 最終日に歌取り2曲、トランペット1曲、ベース3曲を録りきったことです。死にそうでした。

──『CAO』という意味深なタイトルですが、この言葉を冠した意図は?

稲村 アルカラの「顔」になってもらいたいという意味ももちろんありますが、他にも意味はあります。ぜひとも皆さんで想像してみてください。例えば、「C」「A」「O」それぞれに意味があるのではないかとかですかね! 「想像」や「妄想」を促すのも音楽の役目のひとつだと思っております!

──最後に、まもなくスタートする“ガイコツアー2014”への意気込みを教えてください。

田原 ツアー1本1本で少しづつ成長していって、いつかMETALLICAと対バンできるよう頑張りたいと思っております。

稲村 良いライブをして各地の素敵なお酒や名産をありがたく堪能できるように、皆さんと一緒に精一杯楽しめたらと思います!

リリース情報

2014.09.24 ON SALE
ALBUM『CAO』
ビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDS

J-140925-BA-1245

[初回限定盤/CD+DVD]¥3,200+税
[通常盤/CD]¥2,700+税

詳細はこちら

ライブ情報

ア・ル・カ・ラ 7枚目”CAO”発売記念TOUR“ガイコツアー2014”

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人