「絶対的な関係」などシングル作やKREVAとのコラボ作も収録した女子必聴の赤い公園、ニュー・アルバム!

「絶対的な関係」などシングル作やKREVAとのコラボ作も収録した女子必聴の赤い公園、ニュー・アルバム!

赤い公園

1stアルバム『公園デビュー』から1年、待望の2ndアルバム『猛烈リトミック』をリリースした赤い公園。ドラマ主題歌となったシングル「絶対的な関係」から、MVが話題になっている「NOW ON AIR」など新曲が盛りだくさんの15曲を収録。 ボーカルの佐藤千明とギターの津野米咲に今作への想いをたっぷりと語ってもらいました!

INTERVIEW & TEXT BY 大前多恵


はたから見たら、KREVAさんと恋バナしているみたいな

──ポップであると同時にすべての曲が振り切ったアルバムになりましたね。タイトルに込めた意味は?

津野米咲 今年出したシングルたちが“行ききった”曲ばかりだったので、その猛烈感をアルバムで増幅しよう、という想いがありました。さらには、亀田誠治さんをはじめとするプロデューサー陣を迎えて、音楽的に本当にいい“教育”を受けたんですね。それをさらに体で感じて、その場で体現したものが音源になっている、という。バンドが受けることのできるリトミック(情操教育)としてはすごく健康的なサイクルじゃないかな? と思っていまして。子どもが初めて楽器を持った時みたいに、「うわ! なんか音鳴ったんだけど、超ウケる~!」みたいな感じでできたかな? と思うんですよね。

──あくまでも純粋に音楽を楽しむ、という?

津野 そうですね。プロフェッショナルに近づこう、という部分と、楽器を持って音楽をみんなでやっている楽しさ、喜びを、“忘れないように”というよりは、リアルタイムで鮮明に感じていました。これまでは、“やらなきゃいけない”“こうしたらこうなってしまうからダメ”という風にして守って来たものもあったんですけど、その鎧がボロボロボロっと剥がれて行く、というか。守りと攻めで行ったら、攻めて行こう、と今回は思えて。制作して行く中で何より楽しかったので、“あ、間違ってないな”と思いました。

──曲ごとの歌声、表情も以前以上に広がりを増し、自由だなと感じました。

佐藤千明 今まで以上に、自分の中で声色や表情をコントロールしやすくなりました。あまり迷わなくなって、“この曲はこの歌い方で大丈夫”というのがバッサリ決まったんです。自分のスタイルが決まった、というのもありますし、新しい歌い方に挑戦したいな、という想いもあったので。もともと自分では、自分の声はポップじゃなくてわりとシュールだな、と思っているんですよね。楽しい歌やキラキラした歌も、自分が歌うとどこか憂いを帯びてしまう、というか。だからこそ、明るい歌とかポップな歌とかを歌うことのほうが自分としては難しかったんです。1stアルバムの『公園デビュー』で、1枚の絵を想像しながら歌うような歌い方は、もちろんまだ詰められてはいないけど、できるようにはなったと思うので、それよりも難しいことを自分は今しようとしているんだな、と思って。そう考えたらすごく楽しいな、と思えたし、そこを詰めて行きたいな、という想いにも繋がりました。

──11曲目の「楽しい」は、まるで笑いが零れてくるような歌声に聞こえたんですよ。

佐藤 あ~、ありがとうございます! やっぱり、曲によって違う声色を見せられたら自分もそれにびっくりするし、そういうのができたらいいな、と思って臨んだので、よかったです。

──8曲目の「TOKYO HARBOR feat.KREVA」は、KREVAさんとのコラボレーションに驚きました。

津野 東京湾のあたりの高速道路を男女がドライブしているという曲で、女性目線の歌詞だったので、KREVAさんには男性目線の歌詞(ラップパート)を書いていただきたくて。「この女の子はこういう時、何考えているのかな?」「じゃあ、この男の子は何考えているのかな?」みたいな話を、打ち合わせ場所に着いた途端に始めたので、はたから見たら恋バナしているみたいな感じになっていました(笑)。ベースの(藤本)ひかりもドラムの(歌川)菜穂も、ちょっとおしゃれして来ていたし(笑)。ラップの方と一緒にやることなんてない、とファンの方々もきっと思っていたと思うんですよ。でも、たとえやっている音楽が違っても、当人たちには、例えばルーツ的なところだったり、何かで繋がっているところがきっとあって。音楽の元はきっと同じなんだな、と信じているので、思い切って今いろんな曲をやることができているのかな? と思います。

「NOW ON AIR」ができたら、もうあとは何やってもいいだろう、という気持ちになった

──赤い公園としての揺るぎない軸ができ、自信も強まってきたから、というのもありますか?

津野 たしかに、どんどんそういうふうに思えてはきていたんですけど、決定打としては1曲目の「NOW ON AIR」が出来たことですね。いちばん最後に書いたんですけども、なぜかそこだけ避けていた、みたいな曲なんですよね。私たちはポップなものが大好きなんだけど、“今の私たちだったらこうだろう”“このほうが今活動している現場において即戦力になるだろう”とか、考えつつやってきていたところもあったので……。だから、ポップなものが(アルバムに)1曲足りないなと思った時に、いざ作ろうとすると、作れない自分がいて。ポップなものって、作るのがやっぱり難しいんですよね。で、そのことがすごく悔しくて……悩んだ末に、“いい曲”にはメロディーと歌詞があったらいいんだ、と思えたんです。パソコンで打ち込みで作ると、自分は簡単だと思ってもドラマーにとっては複雑なパターンだったりするみたいで、よく菜穂に「むずっ!」って言われるので、まずは自分でドラムを叩くことから始めたんですね。家を飛び出してスタジオに行って、もちろん♪ツツタタツツタタぐらいしかできないんですけど(笑)、ドラムを録って、そこにベースもギターも重ねて。最後に、「後で歌詞考えればいいや」と思って歌っていたら、“レディオ”と言う言葉が出てきて。その段階ではガールズポップ・ロックという感じで、それでも自分たちの中で“思い切った”という感じだったんですよ。それが、プロデューサーの蔦谷好位置さんの手に渡ったら……“なんでハード・ロック始まりになってんの!?”みたいな。事件ですよ(笑)。

佐藤 何始まんのかと思った。だってみんな、最初は戸惑ってたもんね。「えっ!?」って。

津野 「これ、赤い公園……だよね!?」って(笑)。私たちはもう、笑っちゃって。笑えるし、とにかくいいし、キラキラしているし、純粋によりいい曲になってる、と思ったんです。いい演奏もいい歌も録れて、「NOW ON AIR」ができたら、もうあとは何やってもいいだろう、という気持ちになりました。

──伸び伸びとあっけらかんと音楽を楽しんだ、ステキなアルバムになりましたね。

津野 そうですね。今まで活動してきた中で、怖気づいたままだった時も正直、あると思うんですよ。でももう、“これが俺やで!”という感じでできていますね。それが音にも表れていると思います。

──今作ではさまざまな声の表現に挑戦した佐藤さんですが、次なる野望は?

佐藤 デスボイスを出してみたいです。ライブのパフォーマンスの幅も広がりそうですよね(笑)。

津野 片手を後ろにやって?(笑)。それ、めっちゃ面白いな。

佐藤 もしかしたら、次のライブでは前列の女の子たちが頭を振っているかもしれません。

津野 マイク逆手で持ってるんでしょ? で、次の声はめっちゃブリブリで? 

佐藤 ナチュラルなアニメ声も出せるようになりたいんですけど、まだまだ。ちょっと鼻につくイラッと感が否めない感じで……。

津野 アニメ声をやってる芸人さん、みたいなね(笑)。楽しみですね。次のアルバムは、1曲を違う歌い方で歌った全15曲。

佐藤 ははは!

リリース情報

2014.09.24 ON SALE
ALBUM『猛烈リトミック』
Virgin Records 

J-140922-FY-1348

【写真:初回生産限定盤CD+DVD】¥3,500+税
【通常盤CD】¥2,800+税

詳細はこちら

ライブ情報

“赤い公園 マンマンツアー 2014 ~お風呂にする?ご飯にする?それとも、リトミックにする?~”

 詳細はこちら 

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人