「れじっちゃう!?」Blu-BiLLioN~ライブレポート~

「れじっちゃう!?」Blu-BiLLioN~ライブレポート~

「れじっちゃう!?」Blu-BiLLioN~ライブレポート~

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ/BugLug/Blu-BiLLioN

「れじっちゃう!?」Blu-BiLLioN~ライブレポート~

”Resistar Records(レジスターレコーズ)のことをもっと知っちゃう!?” 今最も勢いのあるヴィジュアル系バンド「DOG inTheパラレルワールドオーケストラ」「BugLug」「Blu-BiLLioN」が所属するResistar Recordsの連載、「れじっちゃう!?」。今回は、9月12日に中野ZERO大ホールで行われたBlu-BiLLioNのライブを、普段のレポートとはひと味違った“れじっちゃう!?仕様”の内容でお届けします!

INTERVIEW & TEXT BY 清水素子
PHOTOGRAPHY BY 中村 卓


去る9月12日、なかのZERO大ホールでワンマン・ライブを行ったBlu-BiLLioN。最新シングル「GARDEN」のインタビューでミケが語った“メンバーもオーディエンスも互いに感動しているシーンしか見えない”という言葉は、果たして現実のものとなったのか!? そんな注目のライブについて、“れじっちゃう!?”では通常のライブ・レポートとは少々違った切り口で紹介。印象深く残った3つのポイントから、Blu-BiLLioNというバンドの魅力を探ります!

 1. 六角形のパフォーマンス

C-140924-BA-1839

Blu-BiLLioN最大の特徴といえば、やはり6人組であること。ステージ上の立ち位置も六角形に取られ、幕開けではmagと宗弥のツイン・ギターが上手/下手に同時に飛び出したり、逆に珀(b)は上手のteru(key)がショルキーで前に出る終盤まで下手後ろの持ち場を離れずキープ。ミケ(vo)&Seika(ds)の縦線を軸に、常に左右のバランスを意識した動きが美しい。逆に楽器隊のみでのセッション・タイムでは、エレクトロかつアグレッシブなプレイで激情ほとばしる五角形も!

 2. ホールならではの演出

C-140924-BA-1940

歌とメロディへの強いこだわりを持つ彼らの音楽は、広いホール空間でこそ本領を発揮するもの。さらにレーザー光線を多用したダイナミックな照明や、リアルタイムの演奏姿を加工した映像で、楽曲が持つ色とりどりな世界観を深めてゆく。中盤の「To Blue」と「WILL」では、なんと壇上に12人編成のストリングス隊も登場。シンフォニックな音色とミケの透き通るハイ・トーン、そして迷わず進むことを表明した歌詞と疾走感溢れるサウンドが見事に調和して、客席を感動の渦へと誘った。

 3. 心揺さぶるメッセージ

C-140924-BA-1841

最も強く心に残ったのが、ファンに対するメッセージ性の高さ。「音楽を聴くのに場所も年齢も関係ない」という言葉からの「境界線」、「みんなは俺の生きてる理由です」と告げて“僕が君の理由になるから”と歌う「reason」など、ミケのMCと楽曲双方からファンへの感謝と愛情が溢れ出す。最後は「願えばきっと叶う。だから、お前らも諦めるなよ!」と力強く宣言。心満たす音楽を紡ぐ彼らの目標は、ファンに自らの道を進む勇気を与えることなのだ。

“心の距離をゼロにする”という願いを籠めて“-ZERO- distance”と名づけられた、この日のライブ。ミドル曲「繋いだ手」での温かな幕開けから、オーディエンスと同じ目線で最後まで寄り添って、ジワリと沁みる幸福感で胸を満たしてくれた。来年1月3日には渋谷公会堂ワンマンも決定。Blu-BiLLioNが広げる幸せの輪のなかに、あなたも加わってみませんか?

次回は、皆様からTwitterで募集したお悩みを解決する新企画がついにスタート! 初回はBlu-BiLLioNが、あんな相談やこんな相談をずばずばと真剣に(!?)答えてくれました。それでは、次回もお楽しみに♪

-続-

次回の更新は10月4日(土)です。お見逃しなく♪

2014. 11.19 ON SALE
SINGLE「Sincerely yours」
Resistar Records

[初回盤A/CD+DVD]¥1,800+税
[初回盤B/CD+DVD]¥1,800+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら

ライブ情報

Blu-BiLLioN ONEMAN TOUR「Sincerely 7 colours」
11月8日(土) 新宿ReNY(ブルビリ.net会員限定)~12月7日(日) 福岡DRUM SON

ツアー・ファイナル
1月3日(土) 渋谷公会堂

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人