あの女性アーティストにグッと近付くヘア・スタイル【四角顔編】

PHOTO:© paylessimages – Fotolia.com

自分の顔型に合わせたヘア・スタイルをミュージック・ビデオを観て参考にする!

季節の変わり目とあって、服装はもちろん髪型も夏から秋の装いにチェンジしようと考えている人も多いはず。そんな時、障壁となるのが、顔の大きさや輪郭といった悩みではないだろうか。

今回は、四角型の顔の人を焦点にあてて紹介していきたい。美容師の山中道子さんには、まずヘアチェンジする上で、気を付けたい点についてこうアドバイスをいただいた

「四角型の人のヘア・スタイルの基本は、前髪と両サイドを隠すことで面長にするというのがポイント。ただし前髪だけを落とすぎると、顔の広がりが強調されてしまうので注意ですね」(山中さん)

続いて、四角型の顔の人が参考になるアーティストを伺い、それぞれを解説していただいた。

◎前田敦子

「前髪とサイドの境目に角を作ることで、顔を小さくみせることができると同時に、引き込まれるような大人の女性の演出し、魔性の女を作れます。このボブは、AKB48時代には、境目は丸みをおびていましたので、卒業してソロでやっていく決意の表れかもしれませんね。四角型の人には自分に気合を入れたい時、もしくはちょっと太って顔が幅広になってしまったという人にもおすすめです!」

◎栗山千明

「両サイドを隠すことで、面長にしていますね。あくまで似合えばですが、ぱっつんにすれば、顔が抜群に小さくなるので、その点でこのロングボブは際立っています。そして、同じぱっつんでも、前髪とサイドとの境目にカーブではなく角を作ることで個性的かつトレンドの服装も似合うようにしているのが最大のポイントですね」

◎きゃりーぱみゅぱみゅ

「前髪を後ろのつむじから前髪にしているのが特徴的ですね。本来サイドにくるべき髪を前髪にし、ぱっつん箇所を増量。また、このカットは一見バランスが悪いように見えますが、むさくるしくなりがちなサイドを減らしたことで絶妙なバランスが成立しているんです。少し現実離れしていて、まるでアニメの世界に出てくるような髪型とも言えますし、マネすればみんなアニメの登場人物になれる感じですかね(笑)。非常にきゃりーさんらしいです。もちろん顔が小さくみえるので、かわいさを強調するなら、絶対におすすめ!」


その他にもフェイスライン部分の髪には、ゆるくウェーブをかけるのも有効な手段だという山中さん。以上を参考にこの秋、思い切ってヘアチェンジしてみてはいかがだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人