VAMPSが語る新譜ミュージック・ビデオ撮影の思い出BEST3[前編]

HYDEが語る!「GET AWAY」ミュージック・ビデオ制作エピソード

8月20日に1年1ヵ月ぶり、9枚目のシングル「GET AWAY」をリリースしたVAMPS。同月23~24日には、新潟・国営越後丘陵公園野外特設ステージで夏の野外イベント“BEAST PARTY”を成功させ積極的な活動を見せる彼らだが、新譜のミュージック・ビデオ収録もかなりロックな現場だったとか。そんな現場での思い出をHYDEとK.A.Zのふたりが音楽誌『WHAT’s IN?』で語った。前編はHYDEが登場!

■命を張って撮った映像はお蔵入りになった?
「GET AWAY」で摩天楼の上を飛んでるような映像が撮りたいな、上半身だけでもそういうふうにできるんじゃない? って行った場所が30階近いビルの屋上の、さらに給水塔の上みたいなところで柵も何もないんですよ。さすがに危ないんで命綱を付けるんですけど、それがまたそのへんで買ってきた紐みたいなヤツ(笑)。それを付けて、大人4人に僕の足を押さえてもらいながら撮ったんですけど、怖かった~。ホント何も信用できない(笑)。しかも結局、その映像はほとんど使われていないっていうね。

■HYDE、中国の海賊船に乗ってアトラクション気分を堪能
元々「THE JOLLY ROGER」では中国の海賊船に乗りたかったんですよ。みんなが思ってるようないわゆる海賊船ではないけれど、黒くて古くて小ちゃくて、僕の好みだったんですよね。それに乗れたのが楽しかった。ちょっとアトラクション気分(笑)。そもそもロンドンの空港に貼ってあったポスターで見つけたんです。巨大な香港のポスターで、見た瞬間“僕がやりたかったのはこれだ!”って思って。よかったです、香港の海の上で撮影っていうのもなかなかないと思うし。

■撮影で使ったタクシーの屋根がボッコボコに
タクシーの上のK.A.Z君(笑)。これは僕か思いついたんたけど、「GET AWAY」を映像にするなら、それこそ世界観はブレートランナー的なものにしたくて。実際すごいカッコよくて、ヤベー! って。でも撮影後、タクシーの屋根を見たらボッコボコたったんですよね(笑)。あれ、大丈夫だったのかな?

タクシーのその後が気になるところだが、ミュージック・ビデオは相当カッコいい仕上がり。新曲「GET AWAY」は日産自動車のCM曲としても使用され、発売前から話題を呼んだ1曲! 映像と合わせて、彼らのスピリットを感じ取れ!

→後編はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人