GRANRODEOが2年ぶり6枚目となるアルバムをリリース!

GRANRODEOが2年ぶり6枚目となるアルバムをリリース!

今回は、GRANRODEOのニュー・アルバム『カルマとラビリンス』をご紹介したい。GRANRODEOは、声優の谷山紀章(KISHOW)とギタリストの飯塚昌明(e-ZUKA)の2人により2005年に結成された音楽ユニット。前作『CRACK STAR FLASH』から約2年ぶりとなる6thアルバム『カルマとラビリンス』では、TVアニメ『黒子のバスケ』第2期のOPテーマでもある「The Other self」「変幻自在のマジカルスター」やTVアニメ『カーニヴァル』のOPテーマ「偏愛の輪舞曲」といったヒット・シングルを含む全13曲を収録。遊び心に溢れたKISHOWの歌詞と、e-ZUKAによるキャッチーで耳馴染みのいいメロディーは本作でも健在で、ハードなサウンドがありつつもとても聴きやすく、アニソン・ファン以外にも響く楽曲がそろった1枚となっている。

アルバムのOPを飾るのは、Queenの「WE WILL ROCK YOU」を彷彿とさせるようなリズムが印象的な「Blue Pandora Box」。続く「silence」は疾走感たっぷりのギター・リフがかっこいいメタル調のナンバーだが、「Blue Pandora Box」のモチーフになっているフレーズがギター・ソロに入っていて、この2曲がつながった感じにも聴こえてくるのが面白い。

その他にもファンキーな「wonder color」や学生時代の甘酸っぱい思い出が蘇るような歌詞にも注目の「桜色第2ボタン」など、GRANRODEOのあらたな魅力も発見できる本作。シングル「The Other self」のカップリングでは<unfinished>バージョンとして収録されていた「DAWN GATE」も10分近い大作となり<完全版>としてアルバムの最後を締めくくっている。

来年の2月には、さいたまスーパーアリーナ2DAYSを含む全国ツアーの開催も決定。今回のアルバムの初回限定盤には、今年の6月に行われたツアーの「男子限定」「女子限定」ライブからの映像も収録されたDVDが同梱されており、10月には今年のツアーのライブ映像もリリースされるので、アルバムを聴きつつ、ツアーに向けて気持ちを高めて待っていてもらいたい。

TEXT BY 星野康直(リスアニ!)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人