みんなの映画部 活動07『ある優しき殺人者の記録』[後編]

みんなの映画部 活動07『ある優しき殺人者の記録』[後編]

みんなの映画部 活動07『ある優しき殺人者の記録』[後編]

Base Ball Bear/チャットモンチー/OKAMOTO’S

Base Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間とひたらすら映画を観るプライベート課外活動“映画部”が月イチ連載に。気心知れた仲間同士でゆる~く、でもミュージシャンならではの独特な視点でガチ感想会を展開。今月は小出部長の得意ジャンルからチョイス。映画部活動史上最大の評価作となりました!

TEXT BY 森 直人(映画評論家/ライター)


活動第7回[後編]
作品:『ある優しき殺人者の記録
部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子(チャットモンチー/くもゆき)、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)

活動第7回[前編]はコチラから

やっぱり現実を超えるのがフィクションのすごさだと思う

レイジ あと俺が感動したのは音楽の使い方の素晴らしさなんですよ。POV手法の映画って、やっぱり良いBGMをつけるのが難しいじゃないですか。

──「ドキュメンタリー風」の作り方だから、下手に外から音楽をくっつけたらリアル感が壊れちゃう。

レイジ そう。でもこの映画はクリスマスソングや下校の時に流れる音楽、画面の中で自然に鳴ってる感じが完璧でしたね。でも起こってること自体はSFばりのフィクションなんだけど。

福岡 主人公の殺人者を演じたあの韓国人の役者さん(ヨン・ジェウク)が出てるのって(白石作品で)初めて?

小出 初めて。

福岡 すごいマッチしてたね。

ノザキ ヒロインの女の子は『息もできない』のキム・コッピです。

レイジ 韓国を舞台にしていることも、日本人からすると隣の国だからリアルな感じはあるんだけど、言葉も文字も違うからどっか非現実的で。その質感や世界観って、リアルと映画っぽさの狭間の景色なんでしょうね。

小出 だからPOVみたいな映画の撮り方になると、ノンフィクションっぽさをどこまでキープするかがひとつの課題になると思うんだけど、この映画はそれを早々に投げ捨てている感があるよね。だって(主人公の殺人者が)「ここに日本人カップルがやって来る」って“予言”して、“たまたま”、“ブッ飛んだヤンキー日本人カップル”が来るんだよ?(笑)

福岡 確かに(笑)。「それ来るの?」みたいな。

小出 キャラクターが飛び過ぎ(笑)。

福岡 でも私、ほとんど情報入れないで観たから、最初どういう立場で観たらいいかわかなかった。ドキュメントなんだろうけど、すごいストーリー性があるし、ちゃんと映画っぽいから、「どういう目線で観たらいいんだろう?」と思いながら……。でも、もう途中からそんなこと忘れてた。

小出 あー、なるほどね。

福岡 もうひたすら「すごいー!」って。それで最後で「ああ、これは映画だった」って(笑)。

小出 反応としてはすごく正しいと思う。やっぱり重要なのはリアルより、リアリティっていうかさ。映画の中で世界が圧倒的に成立しちゃってたら、もうあとは別にどうでもいいというか。やっぱり現実を超えるのがフィクションのすごさだと思うから。そういう意味でこの映画の、現実っぽい入り方や見せ方からの跳躍する瞬間はめっちゃめちゃかっこいい。

レイジ 俺、超越しちゃうと泣いちゃうんですよ。『ロボット』っていうインド映画でも、ロボットが電車の中で戦ってるシーンでめちゃくちゃ泣いちゃって(笑)。

モノ作ってる人間としても、勇気もらうよね。「私は音楽がんばろう」って思いました

──今回は今までの映画部でいちばん盛り上がってますね。

福岡 頭良いなって思った、監督の人。気持ちの良い「ドヤ感」に満ちあふれてるっていうか。

小出 白石監督は策士だし、もう全部意識的に計算して作ってるんだと思う。こんなに複雑な構成を成立させるにはかなり考えないと無理だよ。ほとんど密室でのお芝居だから、リハーサルもしっかりやってるんだろうし。

福岡 モノ作ってる人間としても、勇気もらうよね。「私は音楽がんばろう」って思いました(笑)。

──おおっ、いい話だ!

レイジ 「こんなアルバム作りてー!」って本当思いましたもん、終わった瞬間。映画部史上最高に観てほしい、今んところ。

福岡 こんな映画観たことなかった。

小出 「『ルパン三世』の映画とかしか観に行かないっす」みたいな人にも、こういう得体の知れない、説明出来ない感動に出会って「なんじゃこりゃ!」って思ってもらいたいなあ。

C-20140920-MK-02232今月も特別参加のノザキくん。Tシャツについてメンバー全員からいじられました。

C-20140920-MK-02233みんなで映画館に来るとこんな楽しい集合写真も!(写真と本編は関係ありません)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人