大人こそフェスを楽しむ!“Starfes’14”プロデューサーによるフェスの楽しみ方

2014.09.19

夏休みは終わった! ここからは大人のためフェスの時期

フジロックもサマソニもロックインジャパンも終わってしまって、「ということはそろそろ夏も終わりだな……」なんて思っている人がいたならもったいない! 実は大型3大フェスが終わってからは、ちょっと大人な楽しみ方ができるフェスが増えてくるのだ。特に9月に入ってからはひとクセもふたクセもあるフェスが多い。まだまだフェスシーズンは終わらない!

しかしながら、せっかくフェスに行くなら“ワンランク上の楽しみ方”というやつが知りたい。9月は夏休みが終わって10代は学校にまた舞い戻る時期であるからして、ここからは大人の季節なわけだ。ということで今回は、9月20日に幕張海浜公園で開催されるフェス“Starfes’14”のプロデューサー・谷崎豊樹さんにフェスの楽しみ方を伺った!

●フェスに携帯充電器を持っていけ!

「フェスを楽しむなら、やっぱり身軽のほうがいいので荷物はあまり持たないほうがいいですね。でも、携帯の充電器は必須かなと。一緒に来た人とはぐれてしまったときや、待ち合わせには電話が必要になってきます。そのとき電池がないのでは連絡が取れないし、そんなことがあったらフェスを楽しめなくなってしまいますから。意外と持っていない方が多いんですよ」

●フェスで出会った人と仲良くなるチャンスはある?

「同じステージの演奏を観ていた人とは、自然と感想などを言い合ったりして仲良くなるケースはありますよね。話が合えばそのままお酒を飲むことは珍しいことじゃないですし。あとはやっぱり喫煙所で、“火を貸してください”“誰を観に来たんですか?”といった内容から話が広がっていくのではないかと。コミュニケーションの場はいたるところにあります。でも演奏を観入っている人に話かけるのは迷惑になることがあるので、注意が必要です」

●そこでしか味わえない演奏を観逃すな!

「好きなアーティストが影響を受けたアーティストを辿っていくと、様々な音楽に出会うことができます。20日に行なわれる“Starfes’14”で言えば、NASがデビュー作の『illmatic』で構成された20周年スペシャルセットで演奏したりするんですが、その日その場にいないと観られないステージはオススメですよ。その後、音楽史のなかで重要な日になるかもしれないですし、そこに立ち会えるというのはすごく貴重だと思います」

たくさんのアーティストが集い、次々と演奏を繰り広げるのを楽しめるのがフェスの醍醐味。そんなフェスをもっと楽しむべく、上記3点を押さえて臨んでみては?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人