今期のドラマからわかる、大人な恋愛事情とは……!?

社会人一年目の私には刺激が強い……。でも、普段テレビを見ない私もついつい食いついてしまうようなドラマが今期は多かったように思います。そこで今回は終盤に差し掛かった今期のドラマをピック・アップして主題歌とともにおさらいしてみることにしよう!

同窓生~人は、三度、恋をする~

木曜21時から放送し、ついに最終回を迎えた「同窓生~人は、三度、恋をする~」。物語は、25年ぶりの同窓会で再会した健太とあけひ、そして遼介と薫子が、失われた時間を取り戻そうとするかのように急激に惹かれ合うところから始まる。そこから様々な悩みとともに日々を歩んでいく40歳。もう若くはない、だけどまだやり直せるとき。そんなときをひたむきに生きる姿を描いたドラマ。

その主題歌は、
May J.「本当の恋」

“たとえ傷ついてももう二度と 離れたくない 止められない”

結婚していて、子供もいる。しかし、本当に好きな人に巡り合ってしまった……。そんなときに家族を取るか、自分の恋を取るか。止められない気持ちと、ドラマの主人公・あけひの心情そのもののように感じ取れる「本当の恋」。歌詞に思わずぐっときてしまいます。

昼顔~平日午後3時の恋人たち~

木曜10時より放送しており、次回最終回を迎える話題のドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」。このドラマは、夫を会社に送り出した後、家事をキチンとこなし、平日昼間に別の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語“平日昼顔妻”をテーマにしたいわゆる不倫を扱ったドラマ。ある出来事をきっかけに越えてはいけない一線を越えてしまった昼顔妻、そして現代社会が抱える問題に切り込んだ究極のラブストーリー。

その主題歌は、
一青窈「他人の関係 feat. SOIL&”PIMP”SESSIONS」

“逢う時にはいつでも他人の2人”

周りにバレてはいけないという焦燥感、しかし2人で会うとになったら燃え上がるように熱くなってしまう禁断の恋。普段の生活にはない、このドキドキに夢中になってしまう……。”昼顔妻”は恐ろしいものです。

聖女

そして最後に、毎週火曜日10時からNHKで放送中のドラマ「聖女」。17歳の夏、「君が大学に合格して大人になったら、私を恋人にしてね」。家庭教師だった女子大生の緒沢まりあが、高校生の僕に残した最後のメッセージ。そして、彼女は突然、中村晴樹の前から姿を消した。10年後、彼女は連続殺人事件の容疑者、そして晴樹は弁護士として再会を果たす。悪女なのか? それとも、聖女か? せつなくも狂おしいラブストーリー。

その主題歌は、
JUJU「ラストシーン」

”不確かなものばかり かき集め暮らすより 心をふるわせて生きたい”

今年4月より10周年イヤーを迎えたJUJU。待望のシングルが「ラストシーン」は、“結ばれぬ愛の、大人の終わり方”を描いた楽曲に仕上がっている。大人の恋愛の終わり方は、せつなく儚いものだと感じる一曲。

どの主題歌もドラマに沿った内容で、心に突き刺さるようなものばかり。その歌詞から共通して言えることは“好きだけど、好きだけではやっていけない”ということ。大人な恋愛事情が垣間見えた今期のドラマ。他にも話題の作品が多くありましたが、あなたはどのドラマがお好みでしたか? 新しく始まるドラマも見逃せない作品が多そうなので、今から待ちきれない!

リリース情報

2014.9.17 ON SALE
SINGLE「ラストシーン」
Sony Music Associated Records

J-140916-BA-1620

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,852+税
[通常盤/CD]¥1,165+税

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人