「昼顔」特集!“昼顔妻”の心の動きを歌詞から読み取る!?

「昼顔」特集!“昼顔妻”の心の動きを歌詞から読み取る!?

マダムミハエルの恋愛部【活動08】

ネームリーディング・アドバイザーのマダム・ミハエル氏を顧問としてお迎えし、“いい女”“いい男”になろう! というスローガンのもと、スタートした「恋愛部」。かっこいい男性アーティストをお招きして、“いい男”とは? を学んだり、恋愛相談から見えてくる“恋の駆け引き”“恋愛の掟”を学んだりしているこの連載。今回は、“「昼顔」特集”。なぜあんなに「昼顔」が人気なのか!? を探ります! 不倫は決して許されるものではないですが、そこにたどり着いてしまう原因はもっと以前にあるのでは!? という“気付き”がテーマの今回です!

「昼顔」。なぜにこのドラマが話題なのか……、その理由をリーディング

ドラマの「昼顔」。毎回いろんな気持ちを重ねて視聴している方がたくさんいらっしゃるでしょう。決して“お手々つないで幸せです♡”とか“アバンチュール的な脳天気ラブストーリー”ではないストーリー展開だけに、心にグサリと響くセリフも多いですよね。

なぜにこのドラマが話題なのか……、その理由をリーディングしましょう!

このドラマの中の婚外恋愛をしてしまう女性二人の共通点は、夫婦関係が空虚なものになってしまっているという点です。心が満たされてはいない状況にあります。妻たちだけがそうではなく夫たちもそうです。妻に対する行動でそれがはっきり分かります。そこで妻たちには恋に落ちるという非日常がやってきて、苦しみながらも気持ちは充実していきます。それは“うれしい・楽しい・胸キュンキュン”だけではなく、もがき苦しみながらも強さや優しさに気付いていくプロセスになっていきます。豊かになっていく大切な気付きが起こるわけです。

そんな切ない気持ちの芽生えから苦悩しながらも、かけがえのない変わらない大切なものに気付いていく過程を素晴らしい歌詞と共に見ていきましょう。

東方神起「I Know」

“どこまでなら君のことを愛していいの?”

この歌詞からは、恋の始まりの好きな気持ちをどうしていいのか分らない動揺と苦しみが感じられますよね。


三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」

この歌詞も、恋する男性のどうしようもなく込み上げてくる相手への想いを切なく表現しています。罪か否かという葛藤に苦しんでいるからこそ、“罪人なんかじゃない”と言うのかもしれない。ただ気持ちに蓋をするのではなく、その苦しみの真っただ中にいながらも想いだけは惑わず受け止めている強さを感じます。始まりよりもより深く自分に向きあうステージに立っているのでしょう。


aiko「愛の病」

“涙と孤独と幸せ運びあたしを大人にさせました”

そうです。ラクちん恋愛街道まっしぐらでは心にひだは生まれず、大人にはなれません。涙と孤独、この経験は大事な人の温もりに気付かせてくれます


back number 「繋いだ手から」

“今頃になって君に言わなきゃいけなかった言葉がやっとみつかったからさ”

相手を失った苦しみから気がついた優しさなのではないでしょうか。泣いたり笑ったりしながら悲しみを乗り越え、出会った意味を自分で掴み、相手を好きになってこその経験と気付きに感謝しているステージです。


かりゆし58「オワリはじまり」

“一生忘れないような出来事に出会えたかい”
“命を燃やしているかい”

胸をえぐられるような恋愛の苦しみは命を燃やすことを経験させてくれるのでしょう。一生忘れられない経験は、置き去りにしそうになった優しさや温もりを気付かせてくれます。本来の素直な自分を取り戻すときこそ至福の瞬間でしょう。新しくスタートを切り、希望を感じているステージです。

まさに「昼顔」にみる学びとは、“生きている!”と感じられる至福の経験の大切さなのではないでしょうか。不倫という形で表現はされていますが、言わんとしていることは、互いが輝く関係をみんな求めてやまないのだと感じました。“自分が求めている人”、それはあなたが“そんな人”になった時に出会うのです。まずは自分の準備から。いい恋に出会う努力、始めましょう!

<PROFILE>

mihaeruマダム・ミハエル

ネーム・リーディングアドバイザー。独自のネーム・リーディング・スタイルを確立。DM各局のゲスト出演や、女性誌にも頻繁に登場するなど、数々のメディア露出と共に、各界著名人のリーディングも行っている。(音楽雑誌「WHAT’s IN?」にて、毎月、生まれ月ごとの運勢を掲載中!)通常は東京・神宮前にて個人のリーディングを行う。◇ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人