ぽっちゃりさんの時代キターーー!!ぽっちゃり応援歌が全米で大ヒット

TEXT BY 齋藤奈緒子

デビュー・シングルが全米第2位に急上昇のワケ

 何はなくともこのミュージック・ビデオを見ていただきたい。肥満体型なのにキレッキレのダンサー、そしてキュートなキャンディカラーの映像のかわいさ! これは、9月13日付けの全米ビルボード・チャートでNo.2まで急上昇している、20歳のシンガーソングライター、メーガン・トレイナーのデビュー・シングル「オール・アバウト・ザット・ベース」。この曲は、“ぽっちゃりなあなたはそのままで魅力的よっ!”と歌う、いわば「ぽっちゃりさんへの応援歌」だ。

ぽっちゃり雑誌、ぽっちゃりブランドも大ヒット

 日本でも、ぽっちゃり女芸人・渡辺直美が表紙モデルを務める、ぽっちゃりさん専門ファッション誌『ラ・ファーファ』(ぶんか社)が2013年3月に創刊され、3ヵ月で9万部の大ヒット。「マシュマロ女子」なるフレーズを打ち出し、太っていることをハッピーで前向きに捉えているのが特徴で、今年夏には、3人合わせて総体重200kg超の読モユニット“La BIG3”の歌手デビューまで決定(「オール・アバウト・ザット・ベース」のカバーやってくれないかなー!)。ビッグサイズを展開するアパレルやキュートなブラジャーも売れ行き好調だという。

自分を否定しないで! が本当のテーマ!?

 「オール・アバウト・ザット・ベース」は、音の「ベース(低音)」をぽっちゃりに、「トレブル(高音)」をヤセに例えている。低音のベースの気持ち良さ=自分の魅力というわけだ。“あたしはサイズ2(=Mサイズ)じゃないけど、こんなに踊れるよ”“雑誌の写真はみんなPhotoshopで加工済み、ウソだってみんな知ってるでしょ”など、現実を無視したヤセ史上主義を皮肉りつつ、“あなたは上から下までそのままで完璧よ!”と呼びかける。メーガン自身も、肥満ではないがちょいぽちゃ。でもこのミュージック・ビデオを見たら「やせないでっ!」と思いませんか? この曲や、ぽっちゃり関連商品のヒットの理由は、太っていようがやせていようが、「自分を否定する必要なんかないよ!」というメッセージにこそあるのかも。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人