筧美和子とMVで共演、「アルフォート」CMソング、『Let’s 天才てれびくん』エンディング曲と話題曲を収録した、住岡梨奈の新作!

筧美和子とMVで共演、「アルフォート」CMソング、『Let’s 天才てれびくん』エンディング曲と話題曲を収録した、住岡梨奈の新作!

住岡梨奈

住岡梨奈が、筧美和子とMVで共演して話題の「マイフレンド」、ブルボン「アルフォート」のCMソングとしてオンエア中の「ぼくらの歩む道」を収録したニュー・シングルをリリース! 青春真っ直中の女子に向けたメッセージや家族愛がテーマだったりと、幅広い世代に聴いてもらえる1枚に仕上がりました!

INTERVIEW & TEXT BY 恒川めぐみ


先々のことなんて誰にもわからないんだから“今を突っ走れ!”って、背中を押してあげたい

──爽やかで優しいニュー・シングルが完成しましたが、ジャケットに……。

住岡梨奈 はい! みーこ(筧美和子)が登場してくれました。『テラスハウス』で出会って生活を共にした仲間のひとりなので、いつか友達として一緒に仕事をしたいなぁと思っていて。それで今回、ちょうど「マイフレンド」という曲ができたので、一緒にやりませんか? って声をかけたら、「すごいうれしい!」って即答してくれて。撮影のときもふたりでワイワイおしゃべりしながら楽しかったですよ。

──仲の良さが写真の表情からから伝わってきますね。どんなきっかけで「マイフレンド」は生まれたのですか?

住岡 私が担当しているラジオ番組で、よくリスナーの方から悩み相談を受けるんですよ。受験生が多かったり、恋愛に悩んでどうしようもない人とか(笑)、そういう人たち、特に女の子へ何か応援メッセージを贈れないか、というところで「マイフレンド」と題して、上からではなく同じ目線に立って応援してあげたいなと思って。そこで高橋久美子さん(元チャットモンチー)の力をお借りして、リスナーの方たちに寄り添える歌詞になりました。

──その若い世代って、梨奈さんの目にはどんなふうに映っていますか?

住岡 その頃の自分を振り返ってみると、たしかにホレたハレたで、なんか忙しく騒いでいた時期だったなって。中高生のころって、どんなに小さな出来事にもハマりやすくて、しょうもないことで本気で悩むんですよね(笑)。でも、その恋愛や悩みが後々繋がっていくこともある。先々のことなんて誰にもわからないんだから“今を突っ走れ!”って、背中を押してあげたいんです。あぁ、なんか青春ですね(笑)。

──本当に(笑)。歯切れのいい爽やかなアコギのストローク・サウンドも青春感を醸し出していますよね。そんなメッセージを友達目線で伝えたかったと。

住岡 そうですね。広く長い目で未来を見ることも大事ですけど、今、目の前にあることがいちばん大切なんだよ、って。若い女の子へリアルタイムに響く歌になっていたらいいなと思います。

ずっと一緒に過ごしてきたからこそ支え合えて、同じ思い出を共有している

──「ぼくらの歩む道」もメッセージ・ソングですよね。

住岡 「マイフレンド」を聴いてくれた人たちがもう少し年を重ねて、人生、生活というものを大きく捉えられるようになったときに聴いてもらえたら、という1曲です。パートナーができて、毎日を共有するようになったときに“ここにいてよかった”って思えたら幸せだろうなって。真っ直ぐイメージして書けましたね。

──友達、恋愛を超えた家族愛ですね。

住岡 そうです。実は私の両親を想いながら作ったんですけど、娘3人が二十歳を超えて親元を離れたあとに、夫婦ふたりで旅行に行ったりしているのを見て、いいなぁ〜みたいな(笑)。昔はケンカもしていましたけど、なんだかんだ一緒にいたくているんだろうなっていうのが、両親を見ていて伝わるんです。もとは他人なのに、ずっと一緒に過ごしてきたからこそ支え合えて、同じ思い出を共有している。いつか、私もそんな道を進んでいけたらいいなぁと思います。

──ギターやストリングスの弦アレンジが、この曲の感動をグッと引き寄せている気がします。

住岡 私も歌っていて、グッときました(笑)。ストリングスは、以前「一分間だけ」(シングル「flavor」に収録された曲で、映画『一分間だけ』主題歌)という曲をアレンジしてくださった吉田トオルさんによるものなんですが、音の厚みがすごいですよね。歌心をブワーッと膨らませてくれるようで。ステキな曲になりました。

──音といえば、3曲目「にっぽん・なんばあず」で、なんとテクノに挑戦しているという(笑)。

住岡 挑戦でしたね。私は歌っているだけで(笑)、電気グルーヴの石野卓球さんが作詞・作曲をしてくれた曲なんですけど、初めて聴いたときは“え。歌詞、これですか?”って思ったくらいユニークでびっくりしました。テクノ・サウンドも、言葉の遊び方も文句なしにカッコいいですし、やっぱり卓球さんにしか作れない世界観なんだなぁと。誰が聴いても強烈に印象を残す、不思議な曲ですよね。私は、子供たちが聴いて大声でずさんでくれるのを想像して“よし、歌った!”って満足しました(笑)。

──NHK『Let’s 天才てれびくん』のエンディング・テーマなので、当然のことながらキャッチーでインパクト大。

住岡 そう。“ポー!”で終わる歌なんて聴いたことないですから(笑)。自分には絶対に作れないテイストですけど、これを歌っているのも住岡梨奈です、っていう意外性に驚いてもらえたらうれしいです。

──ハートフルな「マイフレンド」「ぼくらの歩む道」を聴いたあとにこの曲、という流れがとても面白いですね!

住岡 そう思います(笑)。今回は、女子高生から子供まで、いろいろな世代に楽しんでもらえるシングルになりました。若者に寄り添って、大人に近づいたと思えば、最後には童心に戻る、という(笑)。

リリース情報

2014.09.17 ON SALE
SINGLE「マイフレンド/ぼくらの歩む道」
キューンミュージック 

J-140909-FY-1716

【写真:初回生産限定盤CD+DVD】¥1,574+税
【通常盤CD】¥1,204+税

詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人