BoA LIVE TOUR 2014 〜WHO’S BACK?〜

BoA LIVE TOUR 2014 〜WHO’S BACK?〜

BoA

BoA LIVE TOUR 2014 〜WHO’S BACK?〜

2014年9月7日(日)@NHKホール

約4年半ぶりとなる全国ツアーをスタートさせた、BoA。この長い時間を経て、様々な活動を行ってきた彼女はさらにパワー・アップしてこのステージに帰ってきた! そんなツアーの東京公演の模様をレポート!

TEXT BY 永堀アツオ


「皆さん! お待たせいたしました」

 BoAにとって実に4年半ぶりとなる全国ツアーがNHKホールで幕を開けた。4年半というのは決して短いタームではないが、彼女はその間、まったく日本に来ていなかったわけではない。ミュージカルの要素を加えたスペシャルなクリスマス・ライブは開催していたし、4枚のシングルもリリースしている。ただ、前回のツアー以降、彼女は単身アメリカに渡り、全米デビューを果たし、日本デビュー10周年となる11年5月は、主演映画『Make Your Move』の撮影がカナダであり、韓国でも本格的な女優業にチャレンジしていた。また、11年末からは韓国で放映されていたオーディション番組『K-POP STAR』の審査員として出演するなど、活動のフィールドを広げていたのだ。

C-140912-BA-1149

 客席からあがった「お帰り」という声に対し、「皆さん! お待たせいたしました」と笑顔で返した彼女は、「この4年半、音楽以外の活動もしてまして。女優もやってたんですが(笑)、オーディションの審査員がプロデュースや音楽の勉強になり、BoAというアーティストを客観的に見ることができました。そんな素敵な経験をベースに、これからも音楽を届けていきたいと思います」と挨拶。また、中盤のMCでは「何をすればお客さんがうれしいか。ファンの人の側から考えて、皆さんと楽しめるライブにしたいと思います」とも語っていた。この言葉が、本ツアーの大きなテーマになってると言っていい。彼女ほど卓越した歌とダンスのスキルがあれば、高いステージから言わば一方的に魅せることもできる。だが、今回はあくまでも観客と同じ目線で、一緒に歌い、踊り、騒ぎたいという気持ちが強かったようだ。

C-140912-BA-1145

 彼女のライブを観るようになって10年近くになるが、ここまで観客と距離の近いライブは初めてなのではないかと思う。まず、セットリスト。ツアー中なので詳細は避けるが、本来であれば、9月3日にリリースしたばかりのニューアルバム『WHO’S BACK?』の楽曲を中心にしていいはず。もちろん、アルバム収録曲も入っているが、それにしてもシングル曲が中心で、全体としては、誰もが一度は耳にしたことがあるヒット曲が満載というイメージだった。「VALENTI」「LISTEN TO MY HEART」など、イントロが鳴った瞬間に歓声があがる代表曲を惜しげもなく披露し、BoAと一緒にカラオケ・ボックスに行っているような気分になれるメドレー・コーナーもあった。観客が一緒に歌えるように、スクリーンには当時のMVとカラオケ用の字幕が表示され、客席からは大合唱が巻き起こった。メドレーには、2001年にリリースしたデビュー・シングル「ID;Peace B」などの懐かしいナンバーがピック・アップされており、スクリーンに流された当時14歳のMVを見たBoAが「超懐かしい! 恥ずかしい!!」と照れるシーンもあった。

C-140912-BA-1148

 このMVが、懐かしい曲を歌うにしても、あくまでも現在のBoAとして、パフォーマンスはアップ・デートされてることを教えてくれた。彼女は今回、初めて6人のダンサー全員を女性にした。これまでの彼女のダンス・パフォーマンスは、どちらかというとボーイズ・ライクな激しいフリが多かったが、今回はパーティのはじまりを告げるオープニング・ナンバー「Shout It Out」から身体の使い方が女性らしく、時にはセクシーなダンスも見せた。これからツアーに行くという方は、例えば、MVでは男装のようなスーツ・ルックで踊っている「BUMP BUMP!」と、目の前で繰り広げられる生のダンスの違いに目を凝らして欲しい。同じ振り付けでも、ちょっとした身体の使い方の違いで、こんなにも印象が変わるものかと驚くのではないかと思う。

耳だけでなく、目でも楽しめる

 また、今回のツアーは、耳だけでなく、目でも楽しめる内容になっていた。サーカス・コーナーでは、BoAが本格的なイリュージョンに挑戦。衣装も5種類のショート・パンツに着替え、鏡を使ったパフォーマンスでは、360度すべての姿を見せる演出もあった。また、曲の並びも凝っていて、彼女のエモーショナルな歌声がじっくり味わえるバラード・コーナーやより親密な雰囲気で音楽を届けたアコースティック・コーナーがあり、20代中盤を過ぎた彼女の等身大の今が見えるシーンもあるなど、一瞬たりとも飽きさせない構成になっていた。

C-140912-BA-1150

 アンコールでは今秋リリース予定で、彼女が作詞作曲を手がけたバラード・ナンバー「FLY」が、ツアー・リハのドキュメント映像とともに披露された。デビュー曲から最新曲まで、まるで集大成のような内容で、コアなファンはもちろん、ヒット曲しか知らないという方でも心から一緒に楽しめるライブとなっていた。ツアーはこれから、愛知、大阪、福岡へと続く。まだBoAのライブを一度も観たことがないという方は、この機会にぜひ足を運んでみて欲しい。

リリース情報

NOW ON SALE
ALBUM『WHO’S BACK?』
avex trax

[CD+DVD]¥3,800
[CD]¥3,000

詳細はこちら

ライブ情報

9月14日(日)愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
9月20日(土)大阪・オリックス劇場
9月23日(火)福岡・福岡国際会議場

詳細はこちら
オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人