GLOBAL+LOCALをテーマに掲げたHYの台湾&沖縄紀行!【後編〜沖縄・うるま市〜】

2014.09.12

TEXT BY大庭利恵 PHOTOGRAPHY BY kic

2月にリリースされたアルバム・タイトル『GLOCAL』はGLOBALとLOCALがくっついた造語。それは、海を越えて大きく羽ばたきたいという気持ちと、もっともっと地元を大切にしたいと常々HYのメンバーが想ってきたことをうまく具現化させた言葉だった。そしてついに、地元でも主催フェス“SKY Fes”開催にちなんで、地元の好きな場所を紹介!

新里英之

_DSC3918

うるま市:小さい頃よく遊んだ“屋慶名港”
沖縄:デートするなら“砂辺”!

仲宗根 泉

_DSC4059

うるま市:失恋した友達をなぐさめた“がじゃらむカフェ”
沖縄:海に行くなら“もとぶの海”

宮里悠平

_DSC3805

うるま市:家族で遊べる“海中道路”
沖縄:自分なりのパワースポット北谷のサンセットビーチ

許田信介

_DSC3966

うるま市:学校帰りに寄り道した西原第一公園
沖縄:デートするなら北谷・アメリカンビレッジ!

名嘉 俊

_DSC3739

うるま市:星が綺麗な伊計島のペンション
沖縄:デートするならヤンバルの奥集落!?

──今回、HYの地元であるうるま市のオススメスポットを紹介してもらったわけですが、撮影してみていかがでしたか?

新里英之 すべての答えが屋慶名港になりそうで困りましたね(笑)。

宮里悠平 あそこはHYとしては欠かせない場所だからね。

名嘉 俊 だって、俺の高校時代は、悠平の家か屋慶名港しか記憶にないからな(笑)。わりとファンの人から、名所とか聞かれることが多いんで、自分なりに答えは持ってたりはするんだけど……。

仲宗根 泉 うるま市限定だったのが難しかったね。沖縄全体だったら、いろいろあるんだけどね。だから、かなりコアですよ、今回は。

許田信介 俺がオススメした西原第一公園は、大きくないけど、すごくいいところです。

仲宗根 まぁ、私が旦那さんと付き合うことになった場所だからね。

名嘉 マジで? どこまでローカルなんだ!(笑)。

──さて、全国22公演、そして台湾をまわった“HY HAI-SAI GLOCAL TOUR 2014”が終わりましたが、いちばん感じたことはどういったものでしたか?

新里 日本も、台湾も同じなんだけど、“自分たちの住む土地のことを改めてしっかり考えてみようと思いました”と言ってくれたみんなの声がうれしかったですね。

──グローバルとローカルを合わせて作った“GLOCAL”という造語。ローカル=自分が生まれ育った場所をちゃんと意識していこうという想いが伝わったということですよね。

新里 そうですね。ローカルという、その地域にしかない特別なものをもっと大事にして、意識していけたら、すごくいいですからね。

名嘉 台湾はライブハウスだったので、曲目などは違ったけど、FACEBOOKの書き込みとかを見ると気持ちはちゃんと伝わってるなと思いました。ただ、まだ(海外を)覗いてきたって感じでしかないよね。

仲宗根 そうだね。ツアーで披露してる“イズのコーナー”(恋愛をテーマにした寸劇ちっくな展開で魅せる人気のコーナー)もなかったですし、まだ一発目だから、自分たちのことを知ってほしい、みんなのことを知りたいという気持ちのほうが強かったしね。

宮里 そう。自分たちらしくやることが、すごく大事なんだなって改めて思った。

名嘉 俺たち、来年結成15周年だけど、結成した当時のことを思い出さなかった? なんでメジャーデビューしないんですか? とか。

仲宗根 なんでHYって名前にしたんですかとかね(笑)。

名嘉 すごく新鮮で、バンドを組んだ当時の気持ちに戻れる部分もありましたね。

──なるほど。来年も来るよと宣言しちゃいましたしね。

新里 「海外ワンマン一発目という意味では、手応えはありましたけど、ソールドアウトではなかったしね。やっぱり、リベンジはしたいですしね」

──いつかは、海外でも“イズのコーナー”をやりたいという野望は?

仲宗根 やっぱり、あのコーナーはホールだからこそ成り立つと思うのと同時に、HYのメンバーのキャラクターがわかってもらってるから楽しいんだと思うんですね。そのためには、どの国の人にも伝わるようなライブができてないとダメだと思うから。それができれば、きっと海外でも、私たちが伝えたいと思ってることが本当にできるようになるんだろうなと思うんですよね。でもさぁ……まず、台湾の人たちには、あの笑いは通じるのかね?

許田 イズのコーナーは、やりとりの面白さだからな。海外だったら、もっとわかりやすいのがいいんだろうな。

仲宗根 “志村、うしろうしろー”みたいなね(笑)。

──そして、さらにローカルな部分として、9月21日にHY主催の夏フェス“SKY Fes”が地元のうるま市で行われますね。

新里 いろんなアーティストがやっているように、自分たちも冠のフェスをやりたいと思ったときに、どういうのがHYらしいだろうって考えたら、やっぱり沖縄の伝統を伝えていきたいと思ったんですよね。僕らが観て聴いて、心が動いて元気になる音楽を未来へと繋げていけたらと思っているので、ぜひたくさんの人たちに足を運んでもらえたらと思ってます。

宮里 主催になって、出る側だけじゃなく、運営としての反省点とかも生まれてますからね(笑)。

名嘉 たしかに(笑)。俺らが、精一杯おもてなししますので、ぜひ遊びに来てください!

台湾編はこちら!

リリース情報

2014.02.26 ON SALE
ALBUM『GLOCAL』
UNIVERSAL J

J-140208-CM-1622

[通常盤/CD]¥2,200+税

【延期のお知らせ】

HY SKY Fes 2014〜僕らはいつも繋がっている〜
2014年9月21日(日)@うるま市与那城多種目球技場野外ステージ
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人