歌唱力の高さを痛感する、May J.渾身のシングル&アルバム!

歌唱力の高さを痛感する、May J.渾身のシングル&アルバム!

May J.

豪華タイアップ・シングルとして注目を集める、ニュー・シングル「本当の恋」。そして、間髪入れずにアルバム『Imperfection』を発表する、May J.。着実に表現者として、ステップアップする彼女の音楽に対する真摯な思いを聞いた。

INTERVIEW & TEXT BY もりひでゆき


大きなチャンスと受け取ったので

──非常にバラエティに富んだ、May J.さんの幅広い魅力を感じられるアルバムになりましたね。

May J. 今回はJ-POPというカテゴリーのなかで、幅広い年代の方々に安心して聴いてもらえる作品を作りたいと思ったんです。なので、トラックはほとんど生音で作っていますし、歌詞もどんな世代にも当てはまる大きな愛を描いたものが多くなりました。いつも心がけていることですが、音楽を通して元気に、前向きな気持ちになってもらえたらいなという想いをさらに突き詰めて作った感じですね。

──これまではルーツであるR&Bを軸とする音楽性を見せてきた部分もあったと思うのですが、今回はあえてそこから離れてみたということですか?

May J. はい。今は歌詞を重視したJ-POPというフィールドで、いかに歌の表現力で人の心を掴めるか? という挑戦をもっとしていきたいので、今はオリジナルで(R&Bを盛り込んだ楽曲を)作る気持ちはなくて……封印しました(笑)。

──そういった気持ちの変化は、テレビ番組への出演や映画「アナと雪の女王」との出会いが影響しているのでしょうか?

May J. まさにそうですね。テレビ番組出演で持ち歌以外のJ-POPや歌謡曲を歌う機会が増え、今まで見えていなかった自分の表現の幅を改めて知ることができました。しかも、「アナと雪の女王」の日本語版主題歌を歌わせていただいたことが追い風になって、子供からお年寄りまで幅広い方々に私の存在を知ってもらうこともできたので、だったら皆さんがMay J.に求めてくださっているものをオリジナル楽曲でも表現していくべきだなと思ったんですよね。自分としてはこれが大きなチャンスと受け取ったので。

自分が信じる本当の恋を大切にしてほしい

──先行シングル「本当の恋」は、May J.さんの歌唱力の高さを痛感したバラードで。TBS系木曜ドラマ劇場「同窓生~人は、三度、恋をする」の挿入歌として大きな話題を呼んでいますね。

May J. すべての世代の方々に、“自分が信じる本当の恋を大切にしてほしい”という気持ちを込めて歌いました。ピアノ1本という、ごまかしのきかないトラックで、どれだけ歌詞を伝えられるかということを強く意識しましたね。アルバム『Imperfection』には、オーケストラ・バージョンも収録しているんですよ。歌も録り直しているんですけど、オケの壮大さに負けないように、必然的に表現が変わりましたね。そちらもシングルと聴き比べてほしいです。

──歌の力を実感させるという意味では、「Lovin’ you」という曲も感動的でした。これもサビではグッと音数が少なくなりますよね。

May J. そうですね。ホイットニー・ヒューストンがシンプルなトラックで歌い上げているイメージで歌いました。ラブ・バラードとしてすごくドラマチックな仕上がりになりましたね。

希望を持ってもらえるような

──かと思えば、「Sunshine Baby!」「Clap!」といったライブ映えするナンバーも。May J.さんといえば、バラードのイメージが強いとは思うのですが、こういったアップ・ナンバーで見せる魅力もしっかり届くといいなと。

May J. この2曲はまさにライブを意識して作ったんですよ。「Sunshine Baby!」は、お客さんと一緒に声を出したり、手を動かしたり、みんなでひとつになれるところを想像しながら歌いました。実際すでにライブではやっているんですけど、皆さんすごく盛り上がってくださいますね。「Clap!」はちょっとモータウンっぽい雰囲気のある曲で。自分としてはあらたな挑戦をした曲でもありました。高めのキーでずっと歌っているので大変ではあるんですけど、とにかく楽しいので、皆さんぜひクラップして一緒に盛り上がってください!

──強いメッセージを秘めた曲たちも多いですよね。「光のありか」や「未来へ」など。

May J. 「光のありか」は、私の曲をよく聴いてくださっているというサッカー日本代表の内田篤人選手からお話をいただいたことで生まれた曲なんです。内田選手と、その仲間の方々が書いてくださった熱い思いを交えながら歌詞を作っていきました。「未来へ」は元々、気仙沼の復興のために書き下ろした曲で、みんなに希望を持ってもらえるような歌詞を私が書いています。ゆったりとした曲調で、ちょっとメランコリックな雰囲気が気に入ってますね。

私のなかにある弱さと強さが見える

──そして、シングル&アルバムともにラストを飾る「つかのまの虹でも」では、今のMay J.さんの感情をありのままに歌っている気がしました。

May J. はい。自信をなくしてしまうようなことがあっても、そこからまた立ち上がって、目標に向かってまた頑張っていこうという……自分自身にもあてはまるメッセージを込めた曲です。私のなかにある弱さと強さが見える曲だと思います。

──あらたな挑戦を注ぎ込んで紡いだ楽曲の数々。ここから先のMay J.さんの指針になっていきそうですね。

May J. だといいですね。2年前では歌えなかったであろう曲もあるし、新しい自分を発見することがほんとに多かったので。ここからもいろんな挑戦が続くと思うんですけど、これがたくさんの人に届いて、「つかのまの虹でも」という曲のように、一瞬でもいいから虹が見えたらうれしいなって思います。その一瞬の虹のために私は踏ん張り続けることができると思うので。

リリース情報

2014.09.10 ON SALE
SINGLE「本当の恋」
rhythm zone

[CD+DVD]¥2,000+税
[CD]¥1,300+税

詳細はこちら

2014.10.08 ON SALE
ALBUM『Imperfection』
rhythm zone

J-140908-YS01

[CD+DVD+20Pフォトブック]¥4,000+税
[CD+Blu-ray+36Pフォトブック]¥5,500+税
[CD]¥3,000+税

詳細はこちら

ライブ情報

May J. Tour 2014 ~Message for Tomorrow~
詳細はこちら

★2015年1月18日May J.初の日本武道館公演決定!

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人