ミリヤ、仲宗根、そしてリスナーと紡ぐ“ラブソング”

ミリヤ、仲宗根、そしてリスナーと紡ぐ“ラブソング”

加藤ミリヤ

加藤ミリヤが以前よりその音楽性に惹かれていたという、仲宗根 泉(HY)とタッグを組んで完成させたニュー・シングル。お互いの個性を高め合いながら、珠玉のラブソングを歌う。

INTERVIEW & TEXT BY 森 朋之


R-140822-YS01
広島の夜ですね(笑)

──シングル「YOU…feat. 仲宗根泉(HY)」を発表しますが、おふたりの交流が始まったきっかけは?

仲宗根泉 初めてちゃんと話したのは、去年の「めざまし LIVE ISLAND TOUR 2013 supported by コカ・コーラ」の広島公演ですね。元々、ミリヤの曲が好きだったし、お話したいなと思って、ご飯に誘って。

加藤ミリヤ 広島の夜ですね(笑)。

仲宗根 私がミリヤの曲を好きになったきっかけは、「ディア ロンリーガール」だったんですよ。女の子の名前をたくさん入れるのもすごいなって思ったし、自分にはない歌詞のセンスを持ってるんだなって。メロディもすごくキャッチーだし。

加藤 私も以前からお会いしたいなと思ってました。(清水)翔太のツアーのファイナルで泉ねえ(仲宗根泉)が出たことがあったんですけど、そのときはあんまり話さなかったんですよ。翔太のライブだし、私が「めっちゃ好きです!」みたいなことを言う機会ではないなと思って。だから、広島のときは絶対「飲みに行きませんか?」って誘おうと決めてたんです。

恋愛の深い話をすることもないんですよね

──ミリヤさんらしい配慮ですね。広島ではどんな話をしてたんですか?

加藤 私はすごく細かく覚えてますよ。まず、私が好きなHYさんの曲のことを聞いたんですよ。「NAO」や「Song for…」がどんなふうに生まれたのか、HYさんのファンだったら「これが聞けたら死んでもいい!」っていう話を教えてくれて。泉ねえが心をオープンにしてくれたのもうれしかったですね。「ミリヤの恋愛のことも聞かせて」って言われたり……興奮しました(笑)。

仲宗根 そうね(笑)。そのときに初めて深く話したんですけど、昔から知ってるような感じがしたんですよね。友達同士が久々に広島で再会して、「じゃあ、飲みに行こうか」みたいな。私も「ミリヤの歌詞は実体験なの?」ということとかいろいろ聞いて、そこから自然と恋愛の話になって。うち(HY)は私以外メンバー全員、男じゃないですか。だから、恋愛の深い話をすることもないんですよね。

なんの接点もない人とは成立しないと思う

──そのときのディープな恋愛トークが、今回のコラボレーションに繋がったのですか?

加藤 私から「ぜひ、一緒にやらせてほしい」とオファーしたんです。広島の夜がなかったら、頼んでなかったでしょうね。コラボレーションって大変なことだし、なんの接点もない人とは成立しないと思うんですよ。

仲宗根 最初は「なんで私と?」って感じもあったんですけどね(笑)。他のアーティストの方とイチから曲を作るのは、自分にとっても初めてだったんですよ。翔太と一緒にやらせてもらったときは、HYの「366日」という曲をカバーして、私はピアノとコーラスでの参加だったので。でも、楽しみのほうが大きかったんですよね、結局。ミリヤはすごい才能を持ったアーティストだと思うし、声をかけてもらったこと自体、すごくうれしかったので。

──曲の内容については?

加藤 「泉ねえと私が一緒にやるんだったら、恋愛の曲しかないでしょ」っていうのは最初からあったんですよね。あと、TOKYO FMの「SCHOOL OF LOCK!」とのコラボレーションも決まっていたから、10代のリスナーからのメッセージを読ませてもらって、心に響いたものを歌詞にうまく取り込んでいって。

仲宗根 詩人かよ! って思うような素晴らしいことを書いてくれた人もいたし、ふたりで「こんな時期、あったねー」ってキュンキュンしてました(笑)。年齢を重ねると、学生の頃みたいな初々しい歌詞ってなかなか書けなくなるんですよ。今回はリスナーの方からすごくヒントをもらったし、全然悩まなかったですね。楽しいっていうイメージしかないんです、本当に。

加藤 うん、うん。

仲宗根 あとね、私、褒められて伸びるタイプなんですよ(笑)。制作のときからミリヤが「泉ねえ、このフレーズいいよ!」ってうまく褒めてくれたから、めっちゃ気持ちよくやれました。

加藤 (笑)。


私は食べるのが好きだし、

すぐにリラックスできましたね(笑)

──レコーディングの雰囲気はどんな感じでした?

仲宗根 ミリヤが手作りの料理を差し入れてくれたんですけど、それがめっちゃおいしくて。このままレストランに出せるって思うくらいで、私は食べるのが好きだし、すぐにリラックスできましたね(笑)。

加藤 泉ねえは本当に気さくだし、私も全面的に信頼してましたからね。とにかく大好きな歌声でデモを作ってるから、すごく幸せな気持ちだったんです。自分とは違う魅力を持っていて、「こんなふうに歌えたら、どんな気持ちなんだろう?」みたいなことも考えて……そんな気持ちにさせられることなんて、なかなかないですからね。あと、レコーディングの歌録りもめちゃくちゃ速かったんですよ。

仲宗根 何も考えてないだけかも(笑)。今回のコラボレーションは自分自身にとってもいろいろな発見に繋がったんですよ。こういう表現もできるんだ! という可能性も見つかったし、お互いにとっていい経験になったと思いますね。

リリース情報

2014.09.03 ON SALE
SINGLE「YOU…feat. 仲宗根泉(HY)」
MASTERSIX FOUNDATION/Sony Music Records

J-140822-YS01

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,556+税
[通常盤/CD]¥1,204+税

詳細はこちら

ライブ情報

詳細はこちら

加藤ミリヤ オフィシャルサイト
HY オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人