映画ドラえもん主題歌における「武田鉄矢期」と「J-POP期」の違い

©2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会
TEXT BY 大山くまお

藤子・F・不二雄からの信頼も厚かった武田鉄矢曲

映画『STAND BY ME ドラえもん』が大ヒットを記録中だ。『ドラえもん』の劇場長編映画は、1980年公開の第1作『のび太の恐竜』以来、実に34年間休まずに続いている。映画といえば主題歌がつきものだが、『ドラえもん』34作の主題歌を改めて振り返ると、大きくふたつの時期に分けることができる。それが「武田鉄矢期」と「J-POP期」だ。

武田鉄矢期は『のび太の恐竜』から第17作『のび太と銀河超特急』(1996年)まで。第5作『のび太の魔界大冒険』の主題歌「風のマジカル」以外の16作すべての主題歌に武田鉄矢が何らかの形で関わっている。武田本人が歌唱していない曲も、詞はすべて武田によるものだ。
劇場版『ドラえもん』ファンにとって武田鉄矢期の主題歌の評価はとても高い。世の中がいくら武田のことを「暑苦しい」「説教くさい」と敬遠しても、ここだけは別世界のようだ。原作者、藤子・F・不二雄からの信頼も厚く、武田降板の話が出たときは温厚なF先生が烈火のごとく怒って降板を食い止めたというエピソードもある。

武田による歌詞の特徴は、3つある。

①大人の目線から見た『ドラえもん』と少年の世界

F先生もいちばんのお気に入りだったという第6作『のび太の宇宙小戦争』主題歌「少年期」をはじめとして、第2作『のび太の宇宙開拓史』主題歌「心ゆらして」など、大人になった自分がのびのびと遊んだ子供の頃を温かな視線で振り返るものが多く、『ドラえもん』を愛し続ける元・子供たちの涙腺を直撃した。第15作『のび太と夢幻三剣士』主題歌「世界はグー・チョキ・パー」は、大人たちのはめる枠なんて関係ない、子供はもっとのびのびしていいと語りかける名曲だ。

②ストーリーや登場人物に寄り添った歌詞

第4作『のび太の海底鬼岩城』主題歌「海はぼくらと」は作品のモチーフである「海」の面白さや怖さを描いたもの。第7作『のび太と鉄人兵団』主題歌「わたしが不思議」はゲストキャラの少女リルルの心情を歌い上げたものだ。“君がおとなになるまでは あそびつづけよう ボクと一緒に”と歌う第1作『のび太の恐竜』主題歌「ポケットの中に」は、『ドラえもん』の物語の核をいきなりわし掴みにしている。武田の場合、ほとんどの曲が「詞先」(曲より先に詞を書く)で、まず絵コンテを深く読み解き、そこから詞を作り上げていったのだという。

③物語世界に関連した雄大なスケールの歌詞

劇場版『ドラえもん』は宇宙や数万年前の過去が舞台になるスケールの大きな話が多く、歌詞もそれとリンクしたスケールの大きなものが多い。第10作『のび太の日本誕生』主題歌「時の旅人」では1億年前の青空に思いを馳せている。第17作『のび太と銀河超特急』主題歌「私の中の銀河」は貝殻の渦巻きと銀河の渦巻きを重ね合わせた武田宇宙論だ。いずれも劇場にやってきた子どもたちの想像力を刺激する歌詞だといえるだろう。

J-POPへ突入。BUMP OF CHICKEN、Perfumeら、ビッグアーティストが登場

F先生の死をもって武田は『ドラえもん』から「勇退」し、主題歌はJ-POP期に移行。矢沢永吉、SPEED、ゆず、スキマスイッチ、柴咲コウ、BUMP OF CHICKEN、PerfumeらJ-POPのビッグアーティストが登場することになった。

アーティスト同様、詞の世界も多種多様になり、ひと言で特徴を言い表すことは難しい。一時期はストーリーとほとんど関連のないラブソングも複数登場したが、Perfumeによる第33作『のび太のひみつ道具博物館』主題歌「未来のミュージアム」のように作品世界に寄り添った曲も登場している。

J-POP期の歌詞の最大の特徴は、「君」あるいは「あなた」と「僕」というふたりの関係性に歌詞が集約されているところだ。ドラえもんとのび太というより、曲を聴いたより多くの人たちに感情移入してもらうための手法だろう。これは『ドラえもん』の主題歌というより、J-POPの歌詞全体の特徴と言うことができるかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人