“カフェで会える美人シンガー”がメジャー・デビュー!

話題の「カフェで会えるシンガー」のファンに聞いたその魅力とは?

東京・渋谷のカフェ「factory」で働く傍ら、音楽活動を続けて来たボーカリスト・さいとうまりなさん。8月9日にミニ・アルバム『はじまるふたり』のリリースと同時にユニバーサルミュージックからメジャー・デビューを果たした。

まりなさんは、かねてからネット上で「カフェで会えるシンガー」として話題になっていた存在。「ミスFLASH 2011」を受賞するほどのルックスと都会的でおしゃれなイメージを前面に出したシティ・ポップを特徴とするアーティストだ。これまでカフェで精力的にミニライブを開催し、ファンと近い距離感でその歌声を届けてきた。

8月12日、東京・下北沢の本屋「B&B」でも、“アコースティックライブ&トークin 本屋”と題してライブ・イベントを開催。カバー曲3曲と新曲「ねむれないよるに」の計4曲を披露し、彼女の素顔が垣間見えたトークも会場を賑わせた。そんな彼女の魅力について、この日集まったカフェで誰よりも近い位置からまりなさんを見守ってきたファンに聞いた。

どうせアイドルだろうと思って、半信半疑でミニライブに参加したら……

「ミスFLASH 時代からのファン。歌手になると知ってびっくりしたけど、竹内まりやみたいなシンガーソングライターを目指していると聞いて安心しました。かわいさはもちろん今は歌声も好きです」(30代男性)

「どうせアイドルだろうと思って、半信半疑でカフェのミニライブに参加したら、その歌声と努力を惜しまない姿勢に良い意味で裏切られましたね。ライブでは緊張している表情を見せたり、気さくに会話をしてくれたりと親近感を覚えました」(40代男性)

「あのMay J.でも武道館までに6年かかりました。それをさいとうまりなは3年で成し遂げるといっているから、本当に今後が気になる存在です」(30代男性)

彼女の魅力は丹精な顔立ちだけでなく、そのひたむきに努力する姿勢や気取らない性格が醸し出す独特なもののようだ。

トークでも、まりなさんが目標とする「3年後の武道館でのライブ」について、MCから「武道館ライブを実現してもここに帰ってきてね?」と問われると、笑顔で「絶対に帰ってきます!(笑)」と早くも凱旋ライブを宣言。今後もますます彼女の活動に目が離せなくなりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人