ポップで爽やか!夏を彩る、DIVのニュー・シングル

2014.08.30

ポップで爽やか!夏を彩る、DIVのニュー・シングル

DIV

結成3周年目に突入し、勢いを加速させるDIVから届けられたニュー・シングル「Point of view」。爽快なメロディにCHISAの感性が投影された歌詞が織りなす、夏ソングを紹介!

INTERVIEW & TEXT BY 山本弘子


曲自体にパワーがある

──新曲「Point of view」は“DIV 2nd Anniversary LIVE”で初披露された曲ですね。

CHISA 将吾と共作した曲なんですけど、僕のなかでは作る段階から“夏”を意識していて、暑い季節が始まって楽しい時間が過ぎて、アウトロでは陽が落ちて終わっていくような構成にしたいと思ってました。イントロのギター・リフは将吾が考えて。

将吾 DIVを始めていちばん最初に作ったデモとCHISAの曲を合体させて出来た曲なんですけど、俺の原曲よりテンポが速くなったので、あとからギター・リフを考えました。

CHISA メロディはポップで口ずさみやすいのがいいなって。コーラスもライブで盛り上がりそうなものを考えたんですけど、リリース前にライブで何回も演奏するのはDIVにとって珍しいことなんです。初めて聴く曲なのに、こんなに一体感が出るなんて、やっぱり曲自体にパワーがあるんだなと。

ちょび DIV特有の聴きやすさがある曲。ベースはいつもとチューニングを変えて、低音を押し出せるフレーズを考えたり。

satoshi 僕も初めて聴いたときから間違いなくシングルになる楽曲だなと思いましたね。ドラムはモダンであるっていう、自分らしさをテーマに叩いています。

R-140731-YS11

今をいいと思えるかどうか

──歌詞には、見る角度で世界は変わってくるんだっていうメッセージが込められているように感じました。

CHISA まさにそうですね。最初のサビで“君は不機嫌かもしれないけど、それを見ている僕は愛おしいと思っているんだよ”っていう意味のことを歌っています。あとは、サクセス・ストーリーを描いてもいろんな人との出会いや経験を重ねることで(以前に描いていたストーリーとは)変わっていくことも多いじゃないですか。でも、ここで大事なのは“今をいいと思えるかどうか”なんじゃないかなって。そういう前向きな気持ちになってもらえるようなメッセージにしました。曲調は底抜けに明るいんだけど、歌詞ではジーンとなれる部分を入れたいなって。

satoshi ずっと側で見ているせいか、この曲はすべてがCHISAくんらしいと思える歌詞ですね。“覚悟決めて捨てることが整理整頓の鉄則”とか。

R-140731-YS12

こういうハードな曲もDIVは得意

──「Point of view」が照りつける太陽を感じさせるキラキラとした楽曲に対して、2曲目「DEATH GAME」は光が射さない地下室のイメージがあったんだけど。

CHISA これは僕の原曲から作った曲なんですけど、デジタルとバンド・サウンドの融合をテーマに掲げてきたDIVのいちばん新しい部分ですね。ドラムンベースとかダブ・ステップを取り入れて、Aメロではレゲエっぽくしたり、冒険しました。こういうハードな曲もDIVは得意なので。

──激しい曲調なのにCHISAくんがデス・ボイスで歌っていないのも意外でした。

CHISA そうですね。今回は歌のエッジさでハードな雰囲気を出したくて、それも挑戦です。

将吾 俺の得意分野ですね。激しい曲調だけど、こういうサビの展開はなかったんじゃないかな?

ちょび すべてが最高で好みな曲ですね。今回のシングルも個人的に全曲、大好きなんです。

satoshi ドラムは海外で流行っているフレーズをいくつか取り入れているので、ドラムに注目しながら聴いてみても面白いと思いますね。

R-140731-YS14

実はCHISAくんの持ち味

──今の社会を背景に“生まれながらに懺悔しているようだ”と言い放っているのも印象的でした。

CHISA 僕も含め、“ゆとり世代”と呼ばれてる人たちって、生まれながらに懺悔してるみたいだなって思ったんです。“名前のない僕ら”っていうのは、“今の若者”でひと括りにされて、何か起きると社会から糾弾されたりするっていう。だけど、大人がやってることも制裁を模した自己弁護で……自分が気になることを歌って、誰かの救いになったり、何かを考えるきっかけになったらいいなと思いますね。

satoshi こういう社会風刺みたいな歌詞も、実はCHISAくんの持ち味ですね。

──そして、通常盤の3曲目に収録されている「線路」。青春を彷彿させる、ビートが引っぱっていくナンバーですが。

ちょび 原曲はCHISAと将吾で今までのDIVになかった曲調ですね。ストレートな曲なので、言いたいことが言えなくて、モジモジしている人たちに“もっとはっきり言ってもいいんじゃないの?”と提示する歌詞を書いてみました。敷かれたレールに乗っかっていく人生は楽しくないと思ったので、「線路」っていうタイトルにしたんです。

R-140731-YS13

いつも通り全力でやるだけ

──さて。9月7日から初の全国ワンマン・ツアー“CHANGE MY POV”が始まりますね。

CHISA DIVを結成して、2周年を迎えたあとにやっと実現するワンマン・ツアーなので、単純に楽しみですね。会場は自分たちが立ってみたかったライブハウス……ロックの聖地というか、先輩たちの登竜門的だった場所でやれるのがうれしいし、もう1度、自分たちの視点を変えたいという意味でタイトルも考えました。

ちょび ワンマンなので、各地でボリュームたっぷりのライブが観せられると思います。ぎゅうぎゅうになって、いっぱい汗を流して楽しんでほしいですね。

将吾 俺はいつも通り全力でやるだけです。

satoshi このツアーで培ったものをツアー・ファイナル(@2014.11.03 東京・AiiA Theater Tokyo)で披露したいですね。

【コメント動画】DIVにとってのサクセス・ストーリーとは?

リリース情報

2014.08.27 ON SALE
SINGLE「Point of view」
Danger Crue Records

J-140731-YS11

[初回生産限定盤/CD+DVD]¥1,500+税
[通常盤/CD]¥1,200+税

詳細はこちら

ライブ情報

1st oneman TOUR CHANGE MY POV
詳細はこちら

オフィシャルサイト
スペシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人