【後編】バレンタインに男4人でスタジオにこもって制作した、KANA-BOONの新曲とは!?

【後編】バレンタインに男4人でスタジオにこもって制作した、KANA-BOONの新曲とは!?

KANA-BOON

KANA-BOONのニュー・シングル「生きてゆく」特集の後編は、カップリングの「日は落ち、また繰り返す」「ロックンロールスター」に迫ります!「生きてゆく」同様、ストレートなポジティブではなく、ネガティブを乗り越えた上で前へ向いて行く、彼ららしいメッセージに力づけられる2曲です!

INTERVIEW & TEXT BY 本間夕子


自分の選んだ道やからこそ何があっても絶対に離さへんっていう気持ちもすごく強くある

──カップリングの2曲はそれぞれにアグレッシブで。まずは「日は落ち、また繰り返す」からお話を伺いたいのですが。

谷口 鮪 これは出来たのが3〜4年前なんですよ。飯田がKANA-BOONに入ってすぐの頃にできたんですけど、ライブで2〜3回やっただけでお蔵入りしていて。昔はよくあったんですよね、曲を作ってもその次に出来た曲がいいと自然と僕らの中から消えていく曲っていうのが。この曲のときも、たしかすぐあとに「ないものねだり」とかができたんですよ。

──これも今になって再浮上した曲。

谷口 はい。カップリングで悩んでいたときに、たまたま昔の音源データを見つけて、聴いてみたらめちゃくちゃカッコよかったんです。今の僕らじゃやらへんアレンジだったり。そういう面白い要素がたくさんあったので、これを今の技術でやったらいい感じになるんじゃないかなって。過去の曲であれば自由に遊べるし、そんなに重くのしかかってくる課題もないし。ただ、当時は歌詞がなかったんですよ。なのにタイトルだけはなぜかしっかり付けてたっていう変な曲で。

──ちなみに今の自分たちだったら絶対やらない構成っていうのは?

古賀隼斗 間奏がめっちゃくちゃ長いんです。しかも同じフレーズがずっとループしていますけど、今の僕だったら絶対もっと変化させるはずなんですよ。でも今回はあえて昔の個性を活かそうと思って、その部分を丸々残したんです。だから逆に新鮮で。

谷口 声も多いところでは8つぐらい重ねてたりしますし、アレンジの面でもかなり遊びました。普段の曲作りはライブを想定しながらが多いので、結構縛られることも多いんですけど、この曲は初めてライブをまったく考えずに作業したんですよ。

小泉貴裕 僕は2コーラス目、Aメロのいきなり変わる展開が好きですね。ああいうリズムを曲に入れるのって自分的にはどうなんだろ? と思っていたんですけど、完成してみたら“すごくいいな、面白い曲やな”って。実は僕、この曲のこと、まったく覚えてなかったんですよ。音源データを聴いても“こんなリズム叩いたかな?”って(笑)。ある意味、新しく曲を作る感覚でした。

飯田祐馬 僕は作ったことは覚えてたけど、自分がどう弾いたかは覚えてなくて。だから他人の曲みたいな感覚……たまに他の人の曲を聴いて“自分やったらベースはこう弾いてみたいな”とか思うことがあるんですけど、それが自分らの曲でできたというか、当時の曲に今の自分のベースを重ねられたのが面白くて。

──タイトルを見て思ったのはKANA-BOONの場合、“日は落ち”て“繰り返す”んですよね、“昇る”のではなく。決して希望的ではないんだなって。

谷口 うん、“落ち”ますね。僕の根本にあるのはポジティブな“明日はきっとくるぜ”ではなく、“明日がまたきてしまう”のほうで。それこそ「生きてゆく」で決意した道に進んだものの、やっぱり楽しいことばっかりではないわけですよ。かといってネガティブなだけではなくて、むしろ自分の選んだ道やからこそ何があっても絶対に離さへんっていう気持ちもすごく強くある。だから“明日に喰らいつけ”って歌詞に書いたんです。このフレーズは自分でもすごく気に入ってますね。

──繰り返すこと自体は希望ですか。それとも……?

谷口 いいことです、すごく。大前提としてはうれしいことで。ただ時々、どっちがどっちか順序がわからなくなることもあるっていう……音楽があるからやっていけるのか、音楽があるからこんなにツラくなったりするのか。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でタイムスリップした主人公マーティがチャック・ベリーの「ジョニー・B.グッド」を弾くシーンがありますけど、どっちが先やろう? みたいな感じ。

──映画ではそれを聴いてチャックがインスピレーションを得る、みたいな設定でしたね。

谷口 でも、繰り返すっていうのはそういうことなのかなって 

──繰り返すツラさより、その繰り返しを失うほうがツラいでしょうし。

谷口 そうですよね。結局、これがないとやっていけないんで。

──音楽を失ってしまったらどうしよう、みたいな気持ちはありますか。

谷口 それはないです。昔は音楽がないと生きていけないって思っていましたけど、今はたぶん音楽がなくなっても生きていくやろうし。僕がなくしたくないのは音楽よりバンドなんですよ。バンドが大事だから続けていきたい。

小泉 僕はそんなこと自体、考えたことがなくて。音楽を始めたときからなぜか、ずっとやっていくんやろなっていう根拠のない自信があるんで、だから繰り返しだろうとなんだろうと頑張るっていうか。

飯田 僕もあんまり考えないけど、でもKANA-BOONは続いてほしい。途中加入だからか、一時期はベースが僕じゃなくてもいいから続いてほしいとまで思っていたんですよ。それだけKANA-BOONっていうバンドに期待をしていて。このバンドで音楽やっているのも楽しいし、メンバーを失いたくないともすごく思いますし。

古賀 僕は音楽を失うの、めっちゃ怖いです。音楽に出会ってからずっと音楽に寄り添って生きてきたし、この仕事が天職やなと思ってるので。

夕方6時から夜12時。いちばんこんなことしてたらあかん時間なのに(笑)

──ホントそう思います。そして3曲目「ロックンロールスター」、こちらはタイトルどおり、思いっ切りロック全開で。

谷口 はい、思いっ切りライブ用です。これは今年のバレンタインに作った曲なんですよ。しかも夕方6時から夜12時。いちばんこんなことしてたらあかん時間なのに(笑)。

飯田 スタジオで男4人、曲作って盛り上がってたな(笑)。

谷口 しかもめっちゃ雪降ってて。 

──2週連続で東京が記録的な大雪に見舞われた日だ(笑)。

飯田 こんな日に俺ら、こんなんしてんねんって(笑)。

古賀 尖ってる部分が出たよな。

谷口 その執念が曲に(笑)。

──もしかして歌詞の“今はAm気分”ってそういうこと?

谷口 きっとそうです(一同爆笑)。でもすごく楽しくて、セッションしながら一瞬でできましたね、これは。

──ノリのいいサウンドにちょっとシニカルな歌詞っていうのも効いてますよね。

谷口 この歌詞は自分の個人的な憧れや、自分自身のこと……もうひとりの自分っていう感覚で書いてますね。ロックンロールスターって自由気ままで、好き放題しても許されて、周りもそれを求めているっていう存在じゃないですか。古賀なんかは唯我独尊主義者なんで何をしても周りは“古賀やから仕方ないか”って思うんですけど(笑)、僕はどうしてもそうはなれなくて。でも憧れはすごくあるんです。だから、せめてステージに立つときぐらいはそういう人になりたい。そういう想いを歌った曲ですね。

──小泉さんはロックンロールスターになりたいですか。

小泉 僕もステージに上がったときだけはなろうかなって思ってます。それ以外は特に何も。

谷口 まぁカーテンもないしな(笑)。

──今回も3曲、個性豊かなシングルになりましたね。

谷口 難しいことは考えず、とにかく聴いてもらえたらうれしいです。特に「生きてゆく」の場合、僕らが上京する直前に作ったっていう曲の背景ももちろん大事ですけど、それを抜きにしても純粋にいい曲やと思うんですよ。聴いてくれた人それぞれにもいろんな背景があるやろうし、夏の終わりやからこそ思い出すこともあるやろうけど、それをひっぱり出して重ねられる曲だと思うので、それぞれの楽しみ方で聴いてほしいですね。

インタビュー前編はこちら!

リリース情報

2014.08.27 ON SALE
SINGLE「生きてゆく」
キューンミュージック 

J-140818-FY-0045

【初回生産限定盤CD+DVD】¥1,500+税
【通常盤CD】¥1,165+税

詳細はこちら

ライブ情報

“KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス”
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人