恋の悩みを、有名占い師がズバッと解決!勝手にリーディング海外アーティスト編【前半】

恋の悩みを、有名占い師がズバッと解決!勝手にリーディング海外アーティスト編【前半】

マダムミハエルの恋愛部【活動05】

ネームリーディング・アドバイザーのマダム・ミハエル氏を顧問としてお迎えし、“いい女”“いい男”になろう! というスローガンのもと、スタートした「恋愛部」。かっこいい男性アーティストをお招きして、“いい男”とは? を学んだり、恋愛相談から見えてくる“恋の駆け引き”“恋愛の掟”を学んだりしているこの連載。今回は、非常に盛り上がった“勝手にリーディング”の海外アーティスト編を公開!


ジャスティン・ビーバー

軟派そうな甘いマスクの裏には、職人気質の一面が!?

見た感じから受け取れる彼は、かっこよくて“ヤンチャもします!”風で、結構テキトーな感じのする頼りなさげな印象でしょう。それでいて、どこかロンリ―で所在なげな空気が漂い、“さびしがり屋なのかしら……”なんて思わせる視線も否めなく、甘いマスクにそっと手を差し伸べたくなる女子は多数でしょう。
しかし! それはスターに大くありがちな「世をしのぶ仮の姿」ではないかと、リーディングから受ける印象が静かに語りかけてきます。実のところ、彼は職人気質で神経質といいましょうか、結構な頑固者で人から指図されるのはあきらかに嫌いなタイプ。自分の好きなものに対しては勝気で努力家。ひとつのことに集中すると、ほかのことが見えなくなるような不器用な男性に感じます。ですからお利口さんとはあまり思われないのも事実でしょう。
そんな彼に会う女子は? と言えば、ダメダメな彼の行動もすぐになかったことにでき、つねに好きとはっきり言い切る安定感のあるタイプ。噂の彼女もしっかり女房タイプですからなかなか彼とは合いそうです。叱ることもしっかりできる人がお似合いで、その愛のムチに恋心が動くジャスティン君かもしれませんね。


レディー・ガガ

強そうな印象とは裏腹な可憐さと可愛らしさが彼女の本質!?

自分の考えていること(主張)がはっきりとあり、それをわかってほしいという気持ちが強い人です。その情熱は大きく、“決してあきらめたくない”というしぶとさを彼女から感じます。それは見た目にも表れているでしょう。
政治家やバリキャリの女性の主張の仕方とは違い、自分の強みをしっかり生かして歌やファッションを通し、メディアをうまく使っている頭のいい女性。彼女の内面から感じ取れる少女のような可憐さとかわいらしさをプラスして、社会に対する疑問を世の中に投げかけ、それを浸透させていける人。あの奇想天外でパワフルな外見からは結びつかないかもしれませんが、素の彼女は繊細で礼儀を重んじ、優しさや思いやりを自然に表現できる、愛されキャラなのでは。プロデュース力があり、頭の切れる人。
そんな彼女にお勧めなのが、1を言って10をわかるような“秘書タイプ”の男性。そんじょそこらの男じゃものたりないでしょうから、私から彼女へ勝手な提案。なんと、レバノン人はとても気の効く人が多いそう。ホスピタリティの高いレバノンのイケメンに恋の勝利があるかもしれません!


<番外編>

“結婚しちゃったけど。モテモテ男”にアダム・レヴィーン登場!!

アダム・レヴィーン

硬派な外見とは裏腹に、実はあまったれな部分を隠し持つ!?

めちゃくちゃクールでハンサムですが、実は、落ち着きのないあまったれ君なのではないかと感じます。身のこなしも歌もとてもシャープなものが多いのは、これもまたトップスターに多い、外面と内面のギャップをお持ちではないでしょうか。
リーディングから感じ取れるのは、プライベートでは少々決断力に欠けていそうということ。意外にも周囲の人や家族がいいアドバイスをしているかもしれませんね。けじめがつけられず、女性のほうから業を煮やして離れていくのは少なくないかも。ということは、言葉少なめで冷静、くらいついたら離れない女性がお勧め。
結婚相手はおおらかで大騒ぎしない感じの女性なのでいい感じではないかな。お幸せにー。


今回の格言
 

「内面の触れ合いこそ恋!」

人は見た目、いわゆる外面でほぼ9割以上その人を判断しているようですが、内面の触れ合いこそ恋! 見えている部分でドーッと走り出さずに心を通い合わせてこそ、でございます。

<PROFILE>

mihaeruマダム・ミハエル

ネーム・リーディングアドバイザー。独自のネーム・リーディング・スタイルを確立。DM各局のゲスト出演や、女性誌にも頻繁に登場するなど、数々のメディア露出と共に、各界著名人のリーディングも行っている。(音楽雑誌「WHAT’s IN?」にて、毎月、生まれ月ごとの運勢を掲載中!)通常は東京・神宮前にて個人のリーディングを行う。◇ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人