高尾山で50人に聞いた!登山&ハイキングでの“自分応援テーマ曲”

TEXT BY 石上直美(verb)

アニメ・ソングで元気復活!? 登山&ハイキングで疲れた自分を励ましてくれる曲ってなに?

 “山ガール”も定着し、登山はブームを通り越してレジャーの定番になりつつある今日この頃。休日の高尾山には、おしゃれな登山スタイルの女子&男子が多数訪れている。ふと「登山ラブの人たちは山を登る時、歌うのか?」という疑問がわいたので、高尾山のビア・ガーデン『高尾山ビアマウント』に集う、20〜40代のライトなハイカー50人へアンケートを実施。「実際には歌わない」が「頭の中で自分を励ます曲が流れている」という回答を受けて、「登山&ハイキングの“自分応援テーマ曲”」ベスト5を発表する。

第1位
「さんぽ」(映画『となりのトトロ』挿入歌)9票

 第2位 
「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」(映画『アナと雪の女王』主題歌)5票

【第3位】
「ハイ・ホー」(映画『白雪姫』挿入歌)3票
「おしえて」(アニメ『アルプスの少女ハイジ』オープニング曲)3票

【第5位】
「カントリーロード(映画『耳をすませば』主題歌)」2票
「となりのトトロ(映画『となりのトトロ』テーマ曲)」2票
「森のくまさん(童謡)」2票
「晴れたらいいね(ドリームズ・カム・トゥルー)」2票


 アニソン、強し! 「印象的なサビが繰り返す曲は、山を登る時のリズムが良くなる気がします(30代・女子)」との意見も。以下は、少数意見。とにかくテンションを上げたい人は「ガッツだぜ!!」(ウルフルズ)、「ウルトラ・ソウル」(B’z)、「アンビシャス ジャパン」(TOKIO)など。また、「ピクニック」(イギリス民謡)、「鳩」(童謡)、「もみじ」(唱歌)などの童謡系も人気。しっとりした「サマーヌード」(クラムボン)、「天城越え」(石川さゆり)、という選曲もあり、バラエティ豊富な結果となった。

 NHKの『ためしてガッテン』では、歌いながら登るのが“疲れない山の歩き方”と検証。歌うことで有酸素運動が自然にできるので、特にペース配分に不慣れな初心者にお薦めなのだとか。好きな曲を口ずさむのは、登山をより楽しくする方法。これからは“自分応援テーマ曲”を携えて、仲間との登山を楽しもう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人