これまでのシドの楽曲にはなかった!曲の展開が予想できない新曲「影絵」!!

これまでのシドの楽曲にはなかった!曲の展開が予想できない新曲「影絵」!!

シド

Part.02「影絵」

ニュー・シングル「ENAMEL」のカップリング曲「影絵」。タイトルの雰囲気から感じる独特な空気感どおり、シドの楽曲の中でも異彩を放つ形に仕上がりに驚くリスナーも多いはず。マオと明希がきっかけで生まれたこの曲を4人に紐解いてもらいました! 今回のスペシャル・ムービーは、ドラムのゆうやが登場です!

INTERVIEW & TEXT BY 向出早那
PHOTOGRAPHY BY 今元秀明
HAIR & MAKE BY 坂野井秀明(Alpha Knot)/田中大亮(JETSPEEDeR)
STYLING BY 奥村 渉
【衣装協力】GlaabenD 03-5771-1350/SHIFFON 03-6666-4321 /NO ID 03-3353-1110/Roen Showroom 03-6412-7025/VENOM 03-5728-4765


コーラスをちょっと聖歌隊にしてみるのも曲に合っていていいかな

──2曲目が「影絵」。とても面白い作りの曲ですよね。

明希 元々のきっかけはマオくんとしゃべっていて、アンニュイというか、けだるい曲を作ってみたいねって話になったんですよ。けだるくてずっとテンション低いまま終わっていくような曲を。で、最後に予想できない展開にしたいなってずっと考えて。タイム的にもコンパクトにまとめたかったんで、サビも1回しか出てこない、って形にしよう、みたいなところから作っていって。コーラスをちょっと聖歌隊にしてみるのも曲に合っていていいかなとか、いろいろと膨らませていきました。

──ああいうコーラス、珍しいですよね。

明希 そうなんですよね。でもうまくハマったなーって。

マオ 何かうちってメロのハッキリしている曲が大半を占めていて、たまにこういうの歌ってみたいなって発想から始まったんです。詞は……最近何か、良からぬ依存みたいなニュースに触れる機会が多くなっている気がして……そういうものを題材にして、怖さとかが伝わればなっていうのがテーマになっていますね。

C-140821-FY-1619

自分の中でどんどん密室を作っていくというか、そういうイメージでした

──文字数も少ないぶん、入れ込むのは難しかったのかなと思ったんですが。

マオ 極端に長いか、極端に短いほうがわりと書きやすいんですよ。中くらいが1番だからこれも、詰め込み切れないとかそんなことはなかったですね。

──タイトルを「影絵」としたのは?

マオ どこか冷たくて、色がない世界というか……。

──密室感、みたいなものも感じますよね。

マオ そうですね、まぁ部屋の中の密室というよりは、自分の中でどんどん密室を作っていくというか、そういうイメージでしたけど。

Shinji 明希の思惑どおりというかね、こんなふうになるんだ! ってギター弾いていても楽しかったです。最後のサビのオブリ・ギターみたいなのは自分で結構考えましたけど、デモが構築されていたんで、わりとそのイメージで弾きました。Aメロはひたすら同じことを繰り返していたり…あ、でもパッと聴いた感じ難しいコードをずっと押さえているようなイメージがあると思うんですが、わりとそうでもなく、開放弦を駆使して弾けたりするし、演奏していて楽しいです。

ゆうや 独特な空気感だなっていうのは思いました。何となく夢の中のような……そんな感覚がありますよね。で、生ドラムが入っちゃうと何かリアルすぎちゃうっていうか、人っぽくなっちゃうなと思っていて。この雰囲気を崩さないようなドラムを入れたいなと。結果的にドラムをふたつ入れているんですけど、ライブでどうやったらいいかなっていうのはこれから考えます(笑)。

5日間毎日更新! 爆笑必至(!?)のシドスペシャル・ムービーはこちら!!

リリース情報

2014.08.27 ON SALE
SINGLE「ENAMEL」
キューンミュージック

J-140820-FY-0356

【写真:初回限定盤A CD+DVD】¥1,620+税
【初回限定盤B CD+DVD】¥1,590+税
【通常盤CD】¥1,190+税
【期間生産限定盤CD】¥1,400+税

 詳細はこちら 

ライブ情報

“男限定LIVE2014 男魂-otodama-”
詳細はこちら

オフィシャルサイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人