みんなの映画部 活動06『るろうに剣心 京都大火編』[後編]

みんなの映画部 活動06『るろうに剣心 京都大火編』[後編]

みんなの映画部 活動06『るろうに剣心 京都大火編』[後編]

Base Ball Bear/チャットモンチー

Base Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間とひたらすら映画を観るプライベート課外活動“映画部”が月イチ連載に。気心知れた仲間同士でゆる~く、でもミュージシャンならではの独特な視点でガチ感想会を展開。今月はデートに最適な作品をチョイスしてみたようです……。

TEXT BY 森 直人(映画評論家・ライター)


活動第6回[後編]
作品:『るろうに剣心 京都大火編
部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子(チャットモンチー/くもゆき)


活動第6回[前編]はコチラ
から

あんなに美しいのに、めっちゃ速く走れるんだもん。僕らの神木きゅん(笑)

──イケメン祭り的なキャスティングながら、これだけ高度な人力アクションをガチでやってるのは画期的と言えるかも。

小出 本当そうですよね。(瀬田宗次郎役の)神木隆之介くんなんかあんなに美しいのに、めっちゃ速く走れるんだもん。僕らの神木きゅん(笑)。

福岡 神木きゅんね(笑)。うん、もう最高!

小出 あんなにアクションできるんですね、映画部の神木きゅんが(笑)。

福岡 あはは。『桐島、部活やめるってよ』目線で言うとね。でもいちばんかっこよかったのは(斉藤一役の)江口洋介さんだけど。

小出 あっ、そっちなんだ? 確かにめっちゃかっこいいけどね。ただ、前作の最後の最後に「牙突」って技を出すところは予想外にダサくてズッコケたけど(笑)。あとミュージシャンの出演が目立ったね。宮沢和史さんとか。

福岡 中村達也さんが出てきた時はアガったよね。センスのいいキャスティングやなーって。違和感も全然ないし。やっぱり作りが丁寧なんだと思う。

──ナメちゃいけない日本映画ですね。

小出 僕、前作の時まさにナメてたんですよ(笑)。「いやいやいや、『るろうに剣心』の実写化って『ガッチャマン』とかの二の舞じゃないんですか!?」とかハードル下げまくって観たら、「すっげぇちゃんとしてる!」ってびっくりして。今回も「えっ、続編!? また大風呂敷広げたんじゃないですか?」って思ってたけど、超しっかりしてる。

福岡 ある意味、ジャッキー・チェンの映画っぽいなとか思った。

小出 ああ、確かに近いかも。それに、あれだけ顔のいい役者さんたちがハードなアクションをこなすのもすごいけど、この映画って主役級の人たちだけじゃなくて、女の子も子供もおじいちゃんもアクションする。すげえ、みんなアクションするじゃん! ってとこにもめっちゃシビレましたね。

えーっとね、実は前後編だって知らなかった(笑)

──結構絶賛になってますが、不満点とかありますか?

小出 まあ、アラ探しをするならいろいろ見つかるでしょうけどね(笑)。個人的には薫(武井咲)が剣心を京都まで追っかけていって、今さら「殺しちゃダメ!」みたいなことを言ってるのがウザかった。

福岡 あはは。

小出 状況があれだけ切羽詰ってるんだから「もういいだろ!」みたいな(笑)。前作をしっかり覚えてる人なら「不殺(ころさず)」っていうのが剣心と薫を繋いでる約束のひとつだからって納得するかもしれないけど、今回その辺のフリが大して効いてないから普通に邪魔臭く感じるっていう。あと、全体のスケール感が出るように工夫されているんだけど、肝心の京都大火の部分のスケールが妙に小さくて。燃えてる風ではあるんだけど、ごく一部のエリアしか映ってない感じがしちゃった。

福岡 それは確かに感じたかも。

小出 タイトルで謳ってるわりには、京都大火感はあんまりなかったよね。でも、下手にCGで街を燃やされちゃうよりは全然いいんだけどね。あっこは何か不満点はあった?

福岡 えーっとね、実は前後編だって知らなかった(笑)。

小出 それ、前情報を入れてない自分が悪いんじゃん!(笑)

福岡 でもコレを観たら、絶対後編も観なきゃ! って思うよね。

小出 うん、続きがめっちゃ気になる。だからすっごい優秀なデート・ムービーですよ。相手と次の約束が簡単にできる!

──ただ問題は、連れの女子が映画の中の男たちにポ~ッとなっちゃうこと。

小出 かっこいい男がいっぱい出てくるけど、あれは映画だから。現実は俺で勘弁して!みたいな(笑)。

C-20140821-MK-1917劇場にあった出演者サイン入りポスターの前で記念撮影。デートで観に行く人たちもぜひ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人